夙川アトムの結婚と妻について!現在は?出身高校や大学についても!

バブルの時期を感じさせる様な、肩からカーディガンにサングラス、逆さ言葉の「ザギン」「てっぺん」「ちゃんねー」の業界用語ネタを使って、世の人を笑わせていた、お笑い芸人の印象が強い夙川アトムさんですが、

事務所問題があったりで、業界用語ネタは封印する結果になりました。

 

しかし、今現在は、俳優の仕事もしているんです!

俳優の出演作品を見て驚きますよ!

誰もが知っているドラマにも出演しています。

幅広い分野で活躍する夙川アトム(しゅくがわ あとむ)さんの情報を調べました!

スポンサード リンク

 

プロフィール

芸名の夙川の苗字は、地元である西宮を流れる川の阪急神戸線夙川駅から来ているそうです。

夙川って読みずらいですね~。地元の人なら解るかも知れませんが、

「しゅくがわ」って読むんです。

一つ頭が良くなった気がしますね!

 

夙川 アトムさんの本名は、田中博之さんです。

名前のギャップが凄いですね。

1979年12月22日生まれの38歳です。

まだ若いんですね。

 

過去に居た事務所は、ケーエープロダクション・SMA NEET ProjectからSMA HEET Projectに移籍しました。

一発屋で終わりたくなかった夙川アトムさんは、もの凄く悩んでいました。

このまま芸人でいけるのかな?と不安が強かったと思います。

 

しかし、SMA HEET Projectは、業界ネタだけでイケるから大丈夫だ!

と太鼓判を押すが、夙川アトムさんは、直ぐに飽きられるから、違うネタを考えるかなどの返答をしたのではないでしょうか?

 

結局、事務所との意見も合わずに居心地が悪くなり、事務所を辞める事にしました。

そうしたら、事務所側から、業界ネタは一切封印

2008年の1年間の活動停止を言われたらしいです。

そんな経緯があったんですね。

 

現在の事務所は、ASH &Dコーポレーションです。

2009年には、R1グランプリに決勝進出しますが、惜しくも優勝ならずでした。

 

しかし、決勝進出したからか分かりませんが、多くの仕事依頼が舞い込んで来ます。

単独ライブを開いたり、DVDが発売されたりと、優勝した並みに仕事の幅が広がり、俳優の仕事へも挑戦しています!

 

2010年には、初主演映画「俺の切腹」で俳優デビーしました。

2012年には、「13歳のハローワーク」でテレビドラマに初主演をします。

2016年には、初主演舞台「家が笑ってる」

217年には、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」では、大手デパートの担当者を務めました。

スピンオフスペシャルドラマ「恋する百貨店」では、ドラマ初主演を務めています。

舞台にまで仕事の振り幅が広がる事になりました!

2011年に、お笑い芸人を辞め、2012年からは、俳優一本で行く事にしたみたいですね。

歌も上手く、お笑い芸人の歌上手い王座決定戦では、決勝まで進み、審査員が涙する歌を披露しています。

スポンサード リンク

 

結婚と妻について!

夙川アトムさんは、彼女もいないようです。

結婚もしていないので、妻なんて存在は、いません。

あまり恋をしていないのか、調べても調べても何も出て来ませんでした。

 

現在は?

現在も忙しく俳優の仕事していますよ!

2018年4月から始まった日テレ水曜日の22時から放送されています「正義のセ」では、検察事務官の榎戸修役で出演しています。

毎回居酒屋で、3人で愚痴っているシーンの中に、夙川アトムさんいますね。

 

過去は何していた?

夙川アトムさんは、過去に映写技師として働いていました。

映写技師の仕事内容は、フイルムを映写機にセットし、上映時間に合わせて映像を流します。

フイルムの編集の仕事もあり、上映出来る状態にします。

保守管理として、メンテナンスを行い、必要な物に関しては、調整もしていました。

映画には、絶対に必要な存在ですね。

 

出身高校や大学についても!

私立で男子校の報徳学園高等学校を卒業しています。

森山未來さんも同じ学校の卒業生ですね。

大学には進学しないで、お笑い芸人の道を選んでいたようです。

20歳の時に、昭和サーカスというグループで頑張っていました。

 

まとめ

芸人を辞めて俳優になった夙川アトムさんは、思い切った決断をしましたよね。

でも、何はともあれ結果が出る程の俳優歴に既になっています!2012年から芸人から俳優になった人の出演歴にしては、内容が濃すぎて凄いです!

 

俳優の他にも、審査員も感動して涙する程、歌が上手い夙川アトムさんの今後の仕事に、歌手という職業が追加される日

も近いのではないでしょうか?

楽しみですね。

スポンサード リンク

関連記事