式町水晶の出身大学と高校は?本名や彼女もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

式町水晶(しきまちみずき)さんをご存知でしょうか?

自身が障害があるにも関わらず積極的に障害と戦いヴァイオリニストとして活動しています。

式町水晶さんのバイオリンの音色は、愛と癒しの音がします。

イジメや様々な苦難を乗り越えて、どんなに回り道をしてでも、自らの進むべき道を探しています。

今は普通に自分の足で歩き、そして走ることも出来るようにもなったそうです。

今回は、そんな式町水晶さんについて出身大学と高校、本名や彼女もリサーチしたいと思います。

スポンサード リンク

出身大学と高校は?

式町水晶さんの学歴について調べてみました。

都立山吹高等学校通信科を卒業しています!

この学校の入学は難しく通信制の中では倍率も高いようです。

大学に進学しているかどうかは、公表していないので分かりませんでした。

今はヴァイオリニストとして活動が忙しいですからそのうちに何かを学びたくなったら大学に行くのかも知れませんね!

もし進むとすれば音楽系の大学でしょうか?

スポンサード リンク

本名

式町水晶さんは芸名でしょうか?それとも本名でしょうか?

気になるところです。

実は芸名かと思ったのですが実は本名だそうです。

父親の名前については、解りませんでしたが、母親の名前は、式町啓子さんらしいです。

母親の苗字が式町さんそして、水晶という名前はお母さんが名づけたそうなので、本名という事になります!

本名は、ずばり式町水晶さんてすね!

実はお母様が式町水晶さんを妊娠していて緊急出産で生まれ危険な状態でした。

赤ちゃんの事を想い、頭に浮かんだ名前が「水晶」だそうです。

どのような事からも身守って欲しいと想いから名付けられたそうです。

母親の水晶という名前に込められた想い。

いつまでも強い心で人生を歩んで欲しいものですね!

彼女もチェック

式町水晶さんは、眼鏡をかけている時とかけていないときでは雰囲気が違いますね。

眼鏡をかけていないときの方が断然男前です。

そんな式町水晶さんに彼女がいるのでしょうか?

調べてみました。

彼女については、解りませんでした。

もし彼女がいれば、心の支えがあればより魅了的な音楽を奏でることが出きるでしょうね!

経歴

式町水晶さんの経歴について調べてみました。

1999年3歳の時に脳性麻痺が見つかります。

2000年4歳の時に式町水晶さんは手足のリハビリに良いと母親の勧めで、ヴァイオリン教室に通いはじめます。

6歳の時に中澤きみ子さんの指導を受けています。

中澤きみ子さんの夫は中澤宗幸さんで、「ヴァイオリンドクター」とも呼ばれ東日本大震災で流された楓と松を用いた一挺のヴァイオリンを製作しています。

式町水晶さんは、10歳からポップスを始めます。

そして、式町さんは11歳の時に幅広いフィールドで活躍しているヴァイオリニストの中西俊博さんの指導を受けています。

中西俊博さんは、東京芸術大学卒業していて、色々な種類の音楽を表現しています。

現在、両師のもとで経験を積みながら、コンサートの活動や楽曲の制作など幅広く取り組んでいるそうです。

障害を理由にいじめられた小学生時代でしたが、「何か秀でたものを身につけたい」という思いから志した演奏家への道ですが、当初は、いじめに勝とうとする一心ではじめ、バイオリンは「闘う道具」になってしまいました。

また、中学3年生まで車椅子生活だったです。

しかし、毎日リハビリを続け式町水晶さん、自ら奇跡を起こし医師も驚く程の成果を上げて歩けるようになったんです。

相当苦労と努力されたのだと思います!

16歳でヴァイオリニストとして活動を開始しますが、そんな過去の事をイメージ出来ないほど、今は積極的にバイオリンを引いて前向きに頑張っています!

今の元気な姿からは想像できませんね!

人間の力は、いかに未知数だと言うことが解りますね!

式町水晶さんは、様々な受賞や実績を残します。

今では震災の復興支援や沢山の場所でコンサートを行っているとのことです。

2013年に、千の音色でつなぐ絆」に参加します。

東日本大震災の被災地を支援するプロジェクトです。

式町水晶さんもまた「TSUNAMI VIOLIN」を手に取り「花は咲く」を演奏しました。

「花は咲く」は、岩井 俊二さんが作詞をして菅野よう子さんが作曲しています。

障害者や健常者の垣根を超えて、地域社会や若者に夢や希望を少しでも送りたいとの思い。

そして、被災地の皆さんへの支援の思いで演奏活動を行っていました。

2016年3月11日「感謝」というファーストアルバムを出しました!

一生懸命に生きる姿に勇気づけられますね!

今後も式町水晶さんの活躍に注目したいと思います。

プロフィール

式町水晶さんは、1996年10月28日生まれ今年(2017年)で21歳です。

干支は子年(ねずみ)で、星座は10月28日蠍座(さそり)座です。

身長や体重、血液型などは非公開です。

読みは、「しきまち みずき」さんとお読みしますが、「すいしょう」と間違って読みそうですね。

実は「みずき」とお読みします。

女性的な名前ですが、男性です。

式町水晶さんは、市町村は不明ですが、北海道生まれです。

式町水晶さんは、町田市で長く暮らしていたのですが、神奈川県の二宮町に家族と引っ越したらしいですよ。

その理由は、静かな土地で曲作りや練習に集中する為だそうです。

二宮町は、大磯町のとなりにある静かな街ですが、湘南のにおいもします。

式町水晶さんは、プロとして頑張って来られたのは、町田での濃い日々があったからだと言っています。

新しく引っ越した二宮町の隣の大磯町には旧吉田茂邸もありますし、芸術的センスを磨くには最高な所でしょう!

町田にいた頃は、体力をつけるため横田ボクシングジムに通っていたそうです。

ボクシングを始めた事で持久力がついたそうです。

確かにボクシングは練習もハードですからね、しかし、志町水晶さんは、ボクシングが楽しい!と話されていました。

ちなみに横田ボクシシンジムは、小田急町田駅から徒歩3分のところにあるそうですよ!

最後に

話し出すと止まらないくらい底抜けに明るい式町水晶さん。

皆を元気にしてくれます。

バイオリンを弾いてる 今の彼からは麻痺との闘いのにおいすら感じられません。

志町水晶さんのヴァイオリンには奇跡の一本松がデザインされていています。

「魂柱」というパーツには、実際に一本松が使われているそうです。

式町水晶さんは、もしかしたら、寝たきりになるかもしれないという医者から言われたものの、病気と向き合って、克服した式町水晶さんからは、計り知れない可能性とエネルギーを感じます。

今後も感動を届けてほしいですね!

ヴァイオリンを演奏するのに体力を使いますものね!

何事も努力家の式町水晶さんから今後も目が離せません。

スポンサード リンク