鈴木亘(経済学者)の妻や家族は?出身高校や大学もチェック!

さて2017年10月22日は選挙でしたね。

台風がまさに迫っていた中でなかなか投票に行くのが大変だった人も多かったのではないでしょうか?

こういう時は期日前投票がおすすめですね!

さて選挙の結果はというと自民党圧勝で、小池さん率いる希望の党は惨敗でしたね。

小池都政にも影響しないか心配ですね。

東京オリンピックや築地問題に待機児童問題・・・

やる事は山積みです!

今回はそんな日銀にも勤め、小池都政の顧問でもあり、あいりん地区などを研究してきた経済学者である鈴木亘(すずき わたる)教授についてリサーチしたいと思います。

スポンサード リンク

鈴木亘の妻や家族は?

妻について

さて、鈴木亘教授は結婚していて妻がいるか調べましたが、詳細は解りませんでした。

これだけ優秀な人ですから結婚していてもおかしくは無いですね!

また、子供がいるかどうかは、解りませんでした。

もし子供がいたら、英才教育をしているかも知れませんね。

家族について

鈴木亘教授の家族について調べてみました。

彼の父親は文学座の舞台監督で、母親は前進座の女優をしていて、そして祖父は劇作家だったようですよ。

鈴木亘教授は演劇の道には進まず、経済の道に進むんですね!

スポンサード リンク

出身高校や大学もチェック!

さて、そんな鈴木亘教授の学歴についてもチェックしてみましたが、かなり輝かしい経歴の持ち主です。

渋谷教育学園幕張高等学校を卒業しています。

この高校は、千葉県屈指のかなり有名な進学校で、偏差値はなんと75です。

千葉県内の高校でも一位だそうです。

この高校を卒業している有名人は、皆藤愛子キャスターや俳優の田中圭さんがいます。

渋谷教育学園幕張高等学校に関する記事はこちら

渋谷教育学園幕張高等学校の偏差値や学費は?卒業生の進学実績も解説!

2018.01.29

そして彼は上智大学経済学部経済学科を入学します。

上智大学を選んだ理由は、高校の段階で経済を勉強したかったそうで、経済学の良い先生はどこにいるか調べたところ、

岩田規久男先生という先生が上智大学にいるという事が解り、岩田規久男先生を目指して上智大学に入学したようです。

大学時代は、1、2年生で専門科目の単位をすべて取り終え、大学院の授業に出たり、シンクタンクでアシスタントを過ごすなど積極的に学生生活を過ごしいたようです。

経済を勉強したいと思い経済学者になって今活躍していて、一貫してブレない鈴木亘教授はすごいと思いました。

進路については、大学院に行く事を岩田規久男先生から勧められたそうですが、大学卒業後は、日銀に入ることに決めたとの事です。

その後4年間日銀を勤めたのち、大阪大学の大学院を入学します。

一旦社会に出たことで実学を学びさらに大学院に入ったことで、その学ぶ姿勢や視点も他の学生とは違ったのでは無いでしょうか?

プロフィール

あなたは経済学と聞いてどう思います?

大学などでちょっと勉強した人も多いかもしれませんが、結構グラフがあったり、計算式があったり、そして色々な経済学者も出てきたりで、苦手意識をもっている人も多いのと思います。

今回はそんな経済学者である鈴木亘教授のプロフィールについて簡単に記載したいと思います。

鈴木亘教授は、1970年9月21日生まれの47歳です。(2017年10月現在)

星座は乙女座で、干支は戌年(いぬ)です。

同じ9月21日に生まれたのは、安倍晋三内閣や女優の二階堂ふみさんです。

鈴木亘教授の身長や体重、血液型等は、不明です。

兵庫県神戸市に生まれます。

神戸と言えば六甲山や神戸ポートタワーが有名ですよね。

鈴木亘教授の母親の実家が宝塚だったので、幼少期は宝塚に住んでいたそうで、読書が好きだったようです。

マンガもほとんど親から買ってもらえず家の本棚には、子供が読むには難しい本ばかりだったようで、そういった環境からも少年時代は文学漬けだったようです。

きっとこの時期から頭も良かったのではないでしょうか?

しかし、幼少期はぜんそくがひどく、1年間の3分の1ぐらい学校を休んでいたらしいです。

そんなつらい過去を持つ少年時代を過ごした鈴木亘教授ですが、

実は逗子や船橋などの、関東地方に住んでいた期間の方が長かったようです。

逗子は神奈川県で、船橋は千葉県なのでかなり広範囲に住んでいたようですね!

大学卒業後は、日銀の京都支店に配属になり、退職後、大阪大学の大学院に行ったりしている為関東と関西を行ったり来たりしていいます。

更に大阪の「ありりん地区」などを研究するなど関西でも活躍していました。

現在は、学習院大学経済学部教授をしている一方で東京都の待機児童問題の解決の為、小池都政の顧問をしたりと大忙しです。

鈴木亘教授は、あいりん地区問題、保育問題など素人目には一見経済とは無関係な問題に対しても、経済学の側面から解決していこうとしています。

もともと学生時代から経済が好きだったようなので、あらゆる社会的問題を経済学から研究し解決していこうとするのが得意なようです。

ですから橋下市長の時代には大阪市特別顧問をされたり、小池知事の顧問をされたりと、色々な方面から頼られるのではないでしょうか?

あいりん地区について

鈴木亘教授は大学院時代にあいりん地区へ通い路上生活者や生活保護受給者の調査をしていたそうです。

あいりん地区は、知る人ぞ知るホームレスが多い地区です。

ドヤ(簡易宿泊所)が立ち並び、物価も異常にやすいようです。

ちなみにこの地区は、宿泊料の安いドヤ(簡易宿泊所)が多い為、海外からのバックパッカーで賑わっているそうですよ。

鈴木亘教授は、このあいりん地区で改革に乗り出します!

ところで、世界中にスラム地域は至る所にあり、その改革でスラムを追い出してしまうというのが「クリアランス」です。

具体的には、放水車でみんなを追い出して、新しい街を作るということが「再生」する事らしいですが、

鈴木亘教授の行っている改革は、ホームレスたちに仕事を創り出す事だそうです。

どんな仕事かというと例えば、不法投棄の処理や分別回収などをし、環境美化の仕事をしてもらうんだそうです。

ホームレスをせずにドヤ(簡易宿泊所)やシェルターに入る事で、ステップアップしていく事。

最終的にはホームレスの自立を目指すことで再生を考えているようです。

小池都政の顧問

鈴木亘教授は現在、東京都の「待機児童の対策」を担当しています。

現在東京都の待機児童は8,586名です。(2017年4月1日年現在)

色々な待機児童の対策を打っていますが、なかなか問題は解決されず根強い問題です。

子供を預けられないと、女性も働きにいけない訳で結局女性の社会進出につながらない訳ですから、なんとかこの問題を解決してほしいですね!

鈴木亘教授の経済学からみた視点でどう改革をしていくのかこちらも気になる所です。

最後に

いかがでしたか?

今回は鈴木亘さんについて記載しました。

難しい経済学をつかって身近な問題にアプローチする鈴木亘教授です。

今後は小池都政で待機児童問題をどう解決していくか注目したいと思います。

スポンサード リンク