三遊亭好楽の息子や娘は?子供が気になる!若い頃と妻もチェック!

三遊亭好楽。

あなたはこの名前を聞いてどういったイメージをするでしょうか。

国民的人気番組「笑点」に長らく出演するレギュラーメンバー。

 

ピンクの着物が眩しいものの、他のメンバーに比べて若干地味な印象かもしれません。

ですが、そもそも何年「笑点」に出演しているのでしょうか。

となると、現在の年齢は?意外と知らない三遊亭好楽に迫ってみましょう。

スポンサード リンク

プロフィール

三遊亭好楽さんの本名についてですが、入家信夫(いりいえのぶお)。

ちなみに入家レオさんとは血縁関係はありません。

1946年8月6日生まれ。

つまり、現在71歳です。(執筆時)

年齢より遥かに若々しいですね。

ちなみに星座は獅子座です。

獅子座の2018年の運勢占い!恋愛運は?結婚とラッキーカラーもチェック!

2017.12.19

東京は東池袋の出身で、本人を含めて8人兄弟と言うのですから現在の感覚からすると驚きですね。

母親がよくラジオで落語を聴いていたらしく、その姿を見て落語に興味を持ったのだとか。

 

高校時代は池袋演芸場に足繁く通ったみたいです。

高校卒業後に8代目林家正蔵に弟子入りしますが、何と3回断られ、4回目でやっと許しを得たという事です。

1979年には「笑点」大喜利メンバーになっていますが、師匠がお亡くなりになった後、1983年に5代目圓楽門下に移籍しています。

その折に好楽という名前を頂いた、という事です。

 

1983年10月から1988年4月までは、古典落語の修行の為に「笑点」から離れていたそうです。

復帰後は現在進行形で出演中です。

なんと30年以上の「笑点」キャリアです。

落語家としての芸歴は50年を越えており、正に大ベテランと呼ぶに相応しいです。

スポンサード リンク

 

息子や娘は?子供が気になる!

娘が2人、息子が1人います。息子が末っ子になります。

長女は三遊亭好楽本人のマネージャーをしています。

次女は雑司が谷でたい焼き屋さん「ひなの郷」を経営しています。

子宝たいやきや、鬼っこたいやき、という一風変わったものが人気だとか。

鬼子母神から徒歩1分で、参拝客にも人気だそうです。長男のブログでは愚姉、最終兵器などと書かれています。

長男は落語家、本名、入家一夫。三遊亭王楽として活動中です。

 

師匠は5代目圓楽

つまり、父親の三遊亭好楽とは兄弟弟子に当たります。

また、5代目圓楽の最後の弟子でもあります。

ちなみに、父親に弟子入りするつもりは無かったらしく、同様に父親も自分に弟子入りさせるつもりは無かったみたいです。

古典落語を主に演じているそうです。

 

また、長女と長男にはそれぞれお子さんがおり、つまり三遊亭好楽には孫が2人いる事になります。

特に長女の息子である遥君は一緒に落語でテレビ出演し、三遊亭好楽、三遊亭王楽と3代で古典落語、親子酒を演じました。

そのルックスも含めてネット上で話題になりました。

 

若い頃と妻もチェック!

ご両親が熊本出身の影響かはたまた血筋か、若い頃からお酒が大好きでした。

真打になるまで飲酒はご法度だったらしく、その度に師匠から破門を言い渡されていたみたいです。

その数なんと23回。

飲み過ぎて寄席を欠席したり、師匠のバッグを忘れたりと中々大きな失敗をしています。

その度に許されているのも驚きですよね。

 

また「笑点」から離れていた時期は仕事もなく、月収も50万あったものが1万まで落ち込んでいたらしいです。

そんな状態を支えたのが奥さん。

元々は一般の方のようですが、仕事もなく引きこもっている夫に散歩を勧めたり、家計が苦しい中で、草野球仲間を連れて来て、精一杯もてなしたり。

また、近所を不機嫌な顔で歩いていると窘めるそうです。

笑福亭鶴瓶、桂歌丸といった方々も奥さんの内助の功を称えています。

 

まとめ

今では日本一幸せな落語家、とまで呼ばれる三遊亭好楽。若い時の失敗、貧乏、様々な苦労を経験して来ています。

それを支え続けてきた奥さん。

今では3人の子供に2人の孫に恵まれ、息子と孫は同じ落語家の道を歩んでいます。

 

彼は本人の能力や努力だけではなく、何より家族に支えられ、家族こそ幸せの象徴とも言える落語家になりました。

日曜日「笑点」を観ると、また違った視点で見る事になりそうですね。

ピンクの着物は幸せの証かもしれません。

スポンサード リンク