飯野八幡宮の初詣の混雑状況や所要時間は?駐車場や屋台もチェック

飯野八幡宮の初詣
スポンサーリンク

平安時代中期にあたる康平6年(1063年)、源頼義が奥州討伐の際に京都石清水八幡宮をこの地に勧請し、必勝を祈願したことが始まりだと伝えられています。

毎年9月には、騎士が狩りの装束に身を包み、馬上から的へ矢を放つ流鏑馬が行われます。

今回はそんな飯野八幡宮の初詣の混雑状況や所要時間、駐車場や屋台などの情報をまとめましたので、初詣に行く前の参考にして下さいね。

飯野八幡宮の初詣の場所はどこ?

飯野八幡宮はいわき駅から歩いて20分ほどのところにあります。

坂道が長いので、いわき駅から出ている循環バスを利用することもおすすめです。

坂道を登ると裁判所に突き当たり、右手にある検察庁の角を曲がると、朱の大鳥居が見えてきます。

 

住所:福島県いわき市平字八幡小路84

スポンサーリンク

飯野八幡宮の初詣の混雑状況や所要時間は?

飯野八幡宮の初詣の混雑状況

 

この投稿をInstagramで見る

 

もちもちランドさん(@tetsuya.kawamoto1)がシェアした投稿

 

元日(1月1日)には新年を祝う歳旦祭が行われ、初詣の参拝者は約3万人だといわれています。

元旦祈祷は元日午前0時から行われます。

祈祷済みの御神札は当日受付の上受け取ることができますが、12月31日までに予約・申し込みを済ませておくと、その場でスムーズに受け取ることができます。

また、お宮に上がってご祈祷を受ける年始の昇殿祈祷についても、希望の場合はあらかじめ予約しておくと待ち時間が短くなるのでおすすめです。

毎年大勢の参拝者でにぎわい、本殿へと並ぶ行列は道路に面する大鳥居を過ぎてもなお続く混雑が見られますが、誘導員の方がしっかりと3列に整列・誘導してくれるので、前をゆく進みは思いの外早く感じられるかもしれません。

飯野八幡宮の初詣の所要時間

元日の日の出時間から午前中に混雑のピークを迎え、参拝できるまでの所要時間は1時間ほどが目安です。

その後お昼過ぎ頃から参拝者は徐々に少なくなっていくので、所要時間も短縮されるでしょう。

初詣は元日に済ませたい!

けど、人混みは苦手…というあなたは、夕方頃に行くのがおすすめです。

飯野八幡宮の初詣の駐車場や屋台について

飯野八幡宮の初詣の駐車場

 

この投稿をInstagramで見る

 

irukanojump2さん(@irukanojump2)がシェアした投稿

飯野八幡宮はいわき駅から車で5分ほどの距離にあり、無料の駐車場を完備しています。

年間を通して市民から親しまれている神社ですが、決して広くはなく、駐車台数も限られています。

更に年始は大変混雑してしまうので、徒歩やいわき駅からの循環バス、タクシーなど他の交通機関を利用するのも手かもしれません

循環バスだと、いわき駅前から久保町循環で、八幡小路で降りましょう。

参照URL:新常磐交通公式ホームページより

しかし、バスは本数があまりなく、徒歩でも20分程なので、可能であれば徒歩がおすすめです。

もし、遠方などから車で参拝に行かれる場合は、飯野八幡宮周辺の駐車場を利用したいところですが、周辺には住宅が多く、小・中学校、高校や裁判所、検察庁などがあり、近場で利用できる駐車場はありません。

 

最寄りの駅は徒歩20分ほどのいわき駅ですが、駅周辺には時間貸しの駐車場が数多くあるので、そちらを利用するのがおすすめです。

例えば、比較的台数が多いのが、市営のいわき駅西駐車場です。

駐車料金等をご紹介します。

所在地 いわき市平字田町41の2
駐車可能台数 148台
30分までの料金 無料
30分超え1時間までの料金 200円

※1時間を超える時は、30分までごとに100円加算
入場後24時間までごとに上限1,000円

参考URL:いわき市公式ホームページより

飯野八幡宮の初詣の屋台について

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランタン lanthanumさん(@store.lanthanum)がシェアした投稿

年始に参拝に行くと、境内ではお焚き上げの火がたかれ、屋台が所狭しと立ち並びます。

甘酒で一息つき、小腹を満たす定番のたこ焼きや焼きそばから、クレープやチョコバナナなどの甘味も揃うのが嬉しいところです。

 

飯野八幡宮の初詣のおみくじやお守りについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぴろこさん(@pihiroko57)がシェアした投稿

 

飯野八幡宮は年間を通して祈祷を執り行っています。

安産祈願から命名、お宮参り、七五三、受験、成人式、結婚式、厄払い、交通安全など様々な場面で、いわき市民から親しまれている神社です。

社務所には、家内安全や交通安全、除災招福のお札やお守りが並んでおり、特に年始は参拝後にこちらで足を止める方も少なくありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

眞柄 正洋さん(@machahiro88)がシェアした投稿

また、初詣といえばおみくじを引くというのが良く見る光景ですが、飯野八幡宮には一般的なおみくじとこどもおみくじの二種類があります。

箱に手を入れて取り出す形式のおみくじで、初穂料はどちらも100円、おみくじの入った箱に納めるところがついています。

引いたおみくじは神様から頂いたものなので、持ち帰って保管するか境内の所定の場所へ結びつけましょう。

まとめ

いわき市民に親しまれている飯野八幡宮は、本殿をはじめ国の重要文化財に指定されている歴史ある神社です。

最寄りのいわき駅からは徒歩で20分ほど、循環バスも通るアクセスの良さも魅力的です。

初詣の際には、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク