門倉多仁亜の夫や子供について!家族が気になる!料理教室も調査!

ドイツ料理は、好きですか?

ドイツ料理って何がある?

ソーセージ!と思っている人は、とても多いと思います。

あまり知られていないドイツ料理には、日本人の口に合う美味しい食べ物が沢山あります!

そんなドイツ料理と大きく関係しているのが、ドイツ料理の料理研究家とも言われている門倉多仁亜(かどくら たにあ)さんです。

門倉多仁亜さんが日本とドイツのハーフから始まり、ドイツで暮らしていたなどの関係性もあります。

料理関係だけで無く、NHKのドイツ語を教えるテレビにも出ている門倉多仁亜さんを色々と調べてみました。

女性の料理研究家のまとめ記事がありますので、チェックしてみてくださいね!

【2018年度版】人気女性料理研究家一覧まとめ!

2018.06.17

夫や子供について

旦那さんの実家は、鹿児島県鹿屋市です。

2009年には、旦那さんの実家の地域に家を建てます。

東京都と鹿児島の両方に家があるので、東京をベースに暮らしていますが、

のんびりしたいなーという時には、鹿児島の家に行くのでしょう。

そんな人生、最高ですね!羨ましい!

旦那さんとの出会いは、証券会社に同期で入社した時に出会いました。

一ヶ月した時に、この人と結婚したいな!と思ったんですって!

その間に、門倉多仁亜さんは、2年間ロンドンに転勤し、旦那さんは、退社して香港に住んで、働いていました。

離れて暮らしていて、改めて旦那さんの事が好き・一緒に居たいと思い、荷物をまとめて香港に行って結婚しました!

何てドラマティックなストーリーでしょう!

結婚してからは、旦那さんの留学でロンドンに行き、生活します。

子供の情報が全く無いですね。

もしかしたら、子供は居ないのかもしれないですね。

スポンサード リンク

家族について

幼い頃、ドイツ人の祖父母と暮らした門倉多仁亜さん。

日本人の父とドイツ人の母のもとに生まれたハーフだそうです。

先程記載したように、鹿児島県鹿屋市に実家がある夫と結婚しています。

お子様に関しては情報が解らない為解りませんでした。

スポンサード リンク

料理教室もリサーチ!

グランディプロムを取得した門倉多仁亜さんは、以前から興味のあった料理教室を海外から帰って来てから開く事にします。

門倉多仁亜さんの教室を調べますが、特定の場所でやっていないのでしょうか?

料理教室を色々な場所で開催されていますね。

ベターホームの1日教室には、講師として参加されます。

毎年5月に行われる料理教室で作る料理の内容は、

  • レンズ豆とジャガイモスープ
  • ドイツ風ポテトサラダ
  • ドイツ風ポテトパンケーキ

になります。

会費は、税込み5100円になります。

プロフィールや年齢について

1966年生まれで、兵庫県神戸市出身です。

今年(2018年)で52歳になります。

料理研究家の門倉多仁亜さんは、母親がドイツ人の二世です。

見た感じから、海外の血が入っている顔立ちですよね。

幼少期に、母親の両親と暮らす中で、料理に携わる事が多かった為、料理が好きになるキッカケになりました。

女の子は、小さい時から料理をドンドン手伝わせると、結婚した時に困らないので、やらせた方が良いですよね。

子供の時は、父親の転勤で、日本・ドイツ・アメリカに住んでいました。

という事は、色々な国の言葉を話せるのですかね?

凄い得ですね。

その為、NHKのドイツ語を教えてます。

ドイツの 生活様式全般を紹介する仕事もしています。

国際基督教大学を卒業した後は、ドイツの銀行に勤務し、

香港・ロンドンで、アメリカ系・スイス系の証券会社に勤務します。

旦那さんの留学でロンドンに行き、料理を勉強したい!と思い、コンドルブルーに入ります。

シェフを育てる学校で、フランス料理の基礎から学べます。

初級コースから上級コース全てのコースをプロの先生達に教わりました。

フランス料理の事だけでは無く、お皿の温度や周りの人の状況を見ながら出すタイミングなども計算して用意するなども、学びました。

タイミングと要領が良くないと、厳しい世界だなと改めて痛感したそうです。

厳しい学校生活を終え、グランディプロムを取得しました!

おめでとうございます!

周りの方と違って、証券会社に勤務していた為、料理一本で来ていないです。

料理の世界には、遠回りして来たので、余計にパニックの毎日だったと、コメントしていました。

料理研究家の門倉多仁亜さんは、ドイツの焼き菓子が得意です。

ドイツの焼き菓子本も出版していますよ!

門倉多仁亜さんの事が、結構知れましたね。

旦那さんとの馴れ初めは、素敵でしたね。

門倉多仁亜さんの行動力にもビックリです!

女性らしいのに、男性の様にリードして行くタイプに私は、感じました。

ドイツ料理に興味をもったら、門倉多仁亜さんの料理教室に行ってみましょう!

スポンサード リンク