天王星人プラス(+)2018年の運勢について!結婚時期は?相性や性格もチェック!

天王星人の人は、とても暖かな印象を持っている人です。

そんな親しみいやすい天王星人さんの2018年の運勢は一体どうなっているのでしょうか?

今年の運勢を見ていきたいと思います。

スポンサード リンク

 

運勢について!

 

元々朗らかで暖かい印象の初対面ならとても受け入れやすいタイプの天王星人さんの2018年はとても幸先が良い明るい1年となりそうです。

去年までは小殺界といって大殺界の次にあまり良くない状況下に置かれていました。

なので昨年は、何かあるとすぐに疲れが溜まってしまったり、いつもなら調子が悪くならない様な状況でも、すぐに体を壊してしまったりと不調続きだったのではないでしょうか?

前に進みたい気持ちがあっても、体調が悪いとその気力もそぎ取られてしまう悪循環で、なかなか先に進めませんでした。

 

2018年はいい年になる?

2018年は、今まで実行に移したくても色々な障害物で動く事が出来なかった人も、今年は運勢も持ち直してきてやりたかった事を実行に移す事が出来るでしょう。

何かやりたい事があってずっと暖めてきた人に取ってはとても良いスタートが切れるでしょう。

今年、天王星人プラスさんにとってもは、色々と動いてもそれが形となって報われる運勢が到来したので、チャレンジできる事は積極的に行った方が良い結果が出るでしょう。

 

結婚時期は?

 

2018年は、運勢自体が良いので何か目標を持ち、その目標に向かって必死に一生懸命に進んでいく姿が望ましく、そういった努力を続けていれば少しづつ芽が出てくる事が可能な運勢傾向にあります。

これは全体の運勢に限った事ではなく恋愛や結婚に対してもそういった喜ばしい傾向にあります。

天王星人プラスさんは、今年、結果だけは追い求めず目標に近づける様な努力を少しづつでも日々コツコツと続けて頂きたいと思います。

そういった日々を過ごしていると、おのずと支えてくれる様な人物が現れやすくなります。

2018年は、結婚運が良いので、出会いについての結婚に繋がる様なご縁に出会いやすいでしょう。

お付き合いを進めてきた方達にとっても結婚に繋がるアクションが起こりやすくなり、結婚を望んでいる方に取ってはとても良い年になりそうです。

もしも結婚をしたいと思えるお相手がいる場合は、お相手の運勢にもよりますが、2018年に結婚をするのはとてもお勧めです。

ここで決断をせず、先送りにすると2019年が運気が下降気味になってしまうのです。

運勢的に良いのは8月(立花)と10月(達成)です。

逆に出来るだけ避けた方が良いのは、3月(陰影)、4月(停止)、5月(減退)の時期です。

 

相性や性格もチェック!

 

性格について

天王星人さんは、割と楽天主義な所があります。

あら筋やマニュアルに沿って物事を進めていく事自体が苦手で、
何かあると最悪な場合以外は、上手に丸く収めてしまうタイプです。

感情や相手の気持ちに沿って考えられる人なので、他人に対しても広く優しい心で接する事が出来る人です。

人当りがよくとっつきやすいので、慕われる事の方が多いでしょう。

対人間であれば、この様な寛容で許容範囲が広いタイプの人は、とても人あたりの良い良好な人間関係が築ける社会性の高い人物となります。

しかし、気を付けなければならないのは、仕事の面においての行動です。

仕事面においては、この様なポリシーのもとに仕事を進めるとルーズな人間と思われてしまう可能性が大です。

メリハリをつけてプライベートと仕事ではきっちりと分別を付けて行動するようにすると良いでしょう。

 

相性について

天王星人プラスさんの立場で相性が良い人は「金星人プラスさん」です。

相性が良く、お互いに良い刺激を受け合う間柄です。

社交性も高いので2人でいると、自然と周りに人が集まりやすいでしょう。

とても良いアイディアを引き出しやすい仲なので、どんな場面でも色々なひらめきがあり何かを決める時には、色々と良い方向に進んでいける相性を持っています。

 

おすすめの相性はずばり火星人プラス

そして「火星人プラスさん」との相性も良いでしょう。

相性はばっちりです。

天王星人プラスさんにとってはとても頼れる存在と感じます。

自分にとってより良い方向に進むためには無くてはならない存在と感じ取れるでしょう。

仕事等でタッグを組めば最高の結果を出せる関係です。

 

まとめ

2018年は全体的にも運勢は抜群に良いので、この年を大切に大事にすべきです。

花を育てるように自分自身にお水をあげて栄養を与えて将来に備えて、成長をしながら過ごしていくと、今後の人生にとってよりよい運勢を手にいれる方向に進んで行く事ができるでしょう。

スポンサード リンク