蟹座の2018年の6月の運勢について!恋愛や結婚運は?相性もチェック!

蟹座生まれの人は、夏至の日から1ヵ月間の夏の始まりの時期に生まれました。

これから暑くなっていくのを感じる季節に生まれた蟹座の人は、

仲間や身内、家族を思う熱い気持ちは12星座でもナンバーワン!

責任感が強く包容力もあるので、まわりの人からの信頼を集めます。

そんな蟹座の2018年6月の運勢がどうなっていくのかをチェックしてみましょう。

スポンサード リンク

6月の運勢について!

6月12日までは、仕事よりも趣味や遊びに気分が向きそうです。

特に一人で楽しめる趣味、芸術的なセンスが必要とされる趣味、SNSやブログなどでの発信に力をいれるとよいでしょう。

大勢でわいわいと過ごすのもよいですが、人からの影響をいつも以上に強く受けやすい時なので、

気持ちが沈んでいる人とずっと一緒にいると、

相手の憂鬱な気分の影響で、自分まで理由もなく落ち込んでしまうこともありそうです。

不機嫌な人と接した場合には、すぐに気分転換して、本来の自分のペースを取り戻すようにしましょう。

もちろん、人からのよい影響も受けやすい時なので、元気いっぱいの人やポジティブ思考の人、

あこがれの人から学べることもたくさんあります。

この人から学びたいとか、会ってパワーをもらいたいと思う人がいるなら、

ぜひ、この時期に会いにいくことをおすすめします。

6月13日から6月20日までは、

仕事でもプライベートでも「自分はどう思うか、どうしたいか」をはっきりさせなくてはいけない状況になるかもしれません。

先延ばしにしていたことに取り組まなければいけないとか、あいまいにしていた自分の気持ちや状況を、

言葉にして説明しなくてはいけないことが起きる可能性もあります。

いずれにしても、この時期は自分の気持ちに正直になることが大切です。

6月21日の夏至の日からは、太陽が蟹座に入り、あなたの歩く道を明るく照らします。

迷いの森をさまよっていた人は、自分の進むべき道や方向性がはっきりしてきそうです。

運勢も右肩上がりの時ですので、何かをスタートさせるのにもよいタイミング。

自分の望む道がわかっている人は、ぜひこの機会にはじめの一歩を踏み出してみましょう。

スポンサード リンク

恋愛や結婚運は?

恋愛運は大きな波にのっていて、かなり良い運気です。

片思いの人で、自分からアプローチをしたいと思っている人は、絶好のチャンスの時。

アプローチ方法で迷っているなら、信頼できる年上の人に相談してみると、よいアドバイスがもらえそうです。

カップルの人は、順調な交際ができる時なので、二人で熱く盛り上がれるようなデートがおすすめです。

もし興味のあるスポーツがあるなら、二人でスポーツ観戦に出かけてみてはいかがでしょうか?

二人で一緒に一人の選手や同じチームを応援することで、一体感が生まれて、距離がグッと縮まりそうです。

ラッキーカラーやアイテムは?

ラッキーカラーは、ロイヤルブルーなどの濃い青色。

ラッキーアイテムは、日記帳やノート。

青いインクのペンで青いノートに日記をかくと、冷静になることができ、もやもやしていた気持ちがすっきりして、

心のデトックスができそうです。

また、6月中にノートに自分のやりたいこと、目標、叶えたい願い事を書いておきましょう。

その目標を達成することで、どういう自分になりたいのか、

そのために今の時点で少しでもできそうなことは何かも一緒に書いておくと、より現実化への道が近くなりそうです。

吉方位もチェック!

6月は東が吉方位です。

東は朝日が昇る方位でもあることから、運気が上昇して、前途が明るく開ける「発展」を意味する方位。

6月は東へ出かけることにより、目標に向かって進んでいく力強さや、

新しい道へのはじめの一歩を踏み出す活力や行動力などのエネルギーを受け取ることができ、心身ともに元気になれそうです。

東にある自然いっぱいの場所で、森林浴や日光浴をするとよいでしょう。

遠くに行けない場合は、家や会社からみて東にある公園でも、効果があります。

相性もチェック

6月に蟹座の人と相性がよいのは、獅子座の人。

落ち込んだ時には、獅子座の人と出かけてみましょう。

獅子座の陽気さや屈託のない明るさにふれることで、あなた自身も元気になれそうです。

獅子座の人とショッピングに行くのもおすすめ。

お互いの都合が合わずに一緒にでかけられない場合は、獅子座の人がおすすめするお店に行ってみましょう。

お気に入りのものが見つかり、あなたにとって居心地のよい場所となるかもしれません。

いかがでしたか?

じめじめとした季節がやってくるので6月前半は、気分が滅入ってしまうこともあるかもしれませんが、

蟹座の運勢は月の後半に行くほど、上昇していきますので、6月の後半を楽しみにしていてくださいね。

スポンサード リンク

関連記事