コロンビア代表2018のフォーメーションとランキングは?戦績と戦術も解説!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

さあついに始まりましたワールドカップ!

初戦相手は強豪のコロンビアです。

日本時間の2018年6月19日21:00から始まります。

まずはコロンビア戦でなんとか奇跡の勝利をつかみたいものです。

それにしても前回大会でもコロンビアとワールドカップ予選で戦いましたが、4-1と完敗してしまいました。

今回も苦しい戦いになりそうですが、何とか1点でも取に行って欲しいと思います。

スポンサード リンク

コロンビア代表2018のフォーメーション

ハメス・ロドリゲス選手は、2014年のブラジル大会では負傷でワールドカップには出場できませんでしたが、

今回は復調しているので、

基本はハメス・ロドリゲス選手をトップ下にした

ファルカオ選手を中心に据えて、トップ下のハメス・ロドリゲス選手がゲームを仕切るというまさに合理的なフォーメーションが予想されます。

フォーメーションが4-2-3-1で有る事が予想されます。

これは日本も相当、苦戦を強いられる事でしょう!

スポンサード リンク

ランキングは?

コロンビア代表のFIFAランキングは16位です。

それに対して日本の気になるFIFAランキングは現在61位です。(執筆時)

(ちなみに9位が、日本の最高順位です。)

この数字をみただけでも実力の差が解りますね。

グループHは日本とコロンビア以外にもセネガル、ポーランドがいます。

コロンビアは恐らく1位通過だと思われますが、なんとか日本は2位に食い込んで欲しい所ですね。

コロンビアのワールドカップ出場は過去5回です。

ちなみに日本は、過去6回出場しているので、

こちらに関しては、それほど差が無いですね!

日本の方がワールドカップに出場している経験が多いです。

コロンビアの最高成績はブラジル大会のベスト8です。

勢いにのっているコロンビアですが、

その一方で若手が上手く育っていないくベテラン選手ばかりなので、

全大会ほどの勢いがないと思います。

ちなみに今大会は南米予選を4位でぎりぎり通過しています。

ちなみに今回は日本はアジア予選を1位で通過しています。

そう考えるとまったくコロンビアに勝てない訳では無い!

と少しは前向きな気持ちになれますね!

日本がもしかしたら勝てる隙があるのかも知れませんね!

コロンビアの戦績について

さて今まで日本とコロンビアとの戦績をまとめたいと思います。

今まで日本はコロンビアと3回戦っていますが、一度も勝ったことがありません。

以下の通りとなります。

日本対コロンビア戦で、

日本は

2003年6月22日 FIFAコンフェデレーションズカップ 0対1 で負けています。

2007年6月5日 キリンカップサッカー       0対0で引き分けています。

2014年6月24日 FIFAワールドカップ        1対4で負けています。

今回こそ何とか勝ちたいところですが、

なんとか引き分けでも良いかと思います。

戦術も解説!

前回大会ではアキレス腱といわれたセンターバックですが、

守備もだいぶ改善されています。

ペケルマン監督は、就任してから力を入れているのが、全員が攻撃、全員が守備といったトータルフットボールです。

そして、確実にこのトータルフットボールはコロンビア代表の中で、浸透しているそうです。

以前の攻撃的なサッカーではなく、最近では、しっかりと守ってからカウンターで得点を狙っていく傾向にあります。

日本もボールを奪ったらコロンビアが守備の態勢を整える前に、

速攻で攻撃を仕掛けて、ディフェンスの裏をつく機会を増やせれば、

日本にもチャンスがあるかも知れません!

いかがでしたか?

日本対コロンビア

かなり厳しい戦いにはなりますが、せめて引き分けになればと思うところが本音ではないでしょうか?

スポンサード リンク