銀翼のイカロスのモデルとあらすじは?役職や続編もリサーチ!

皆さんは「半沢直樹シリーズ」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?

ドラマ好きな方は「ああ!」とピンと来た方もいらっしゃるかもしれません。

元々は池井戸潤さんの手により執筆されました。

ところで、池井戸潤さんの話だとこちらもおすすめです。

是非お読み頂ければと思います。

空飛ぶタイヤの実話との違いは?映画のキャストや公開日程も紹介!

「半沢直樹シリーズ」と言えば企業をテーマにした組織でのしがらみ、

企業内のどろどろした出来事、

企業内の様々な人間関係の問題や年功序列の圧力等々に鋭く切り込みを入れた小説です。

人気が高く、後に第4作品まで出版されシリーズ化されました。

組織内で様々な問題と闘うサラリーマンからの支持も厚く、とても人気を博したシリーズです。

ドラマとしては、2013年に堺雅人主演で、TBS系「日曜劇場」枠としてドラマ化され、

【やられたらやり返す、倍返しだ!】という名台詞を生み出した事でも知られています。

視聴率も近年まれに見ぬとんでもない数字を叩きだしましたね!

【銀翼のイカロス】は、そんな「半沢直樹シリーズ」の第4作目の作品として出版されました。

この作品では経営不振に陥った航空会社を主軸としたストーリーで、

テンポ良く切れ味よく描いているので思わずストーリーにのめり込んでしまう作品です。

【銀翼のイカロス】はどんな作品なのか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサード リンク

銀翼のイカロスのあらすじ

まず簡単に【銀翼のイカロス】のあらすじをまとめてみたいと思います。

このストーリーの舞台となるのは、今にもつぶれそうな民間の航空会社である「帝国航空」が舞台となっています。

このモデルとなった会社は、のちに説明しますが、帝国を日本と置き換えるとピンとくるでしょう。

この今にも倒産の危機に追い込まれそうなガタガタな「帝国航空」を、

ある時突然、再建させる為の手助けの役割を任命されてしまうのが半沢直樹です。

そこに国土交通大臣である白井亜希子は自ら示した帝国航空再生のタスクフォースを掲げて何とか帝国航空の
立て直しを図ろうとするのです。

このタスクフォースでは、債権の放棄を東京中央銀行等に強要するのですが、半沢直樹は頑なに拒絶します。

それはそうですよね。

真っ当な銀行員なら、債権を手放すのは、銀行にとっても損失になる訳ですし、

利潤を追求している銀行としてそんな巨額の債権を簡単に放棄するのは企業人として有り得ない話ですから。

何とこの時、500億円もの債権の放棄を迫られて、真っ向から対立する事になるのでした。

今回も、半沢直樹に対抗するクセのある悪人たちがわんさか登場します。

そして今回も、半沢直樹は「半沢直樹」そのものでした。

相手がでんなものでも立ち向かっていきます。

国土交通大臣の白井亜希子を筆頭に、金融庁の黒崎、

そして半沢が押し付けられた再建という重苦しい任務を担当した曾根崎、

半沢を目の敵にする悪者が次から次へと登場するたびに、半沢直樹は負けずに対応します。

半沢直樹が現役サラリーマンからこれ程支持をされているのは、

日常生活に割と密着したストーリー展開だからではないでしょうか?

実社会においては、納得しきれない意見がたくさんあるはずです。

嫌な思いもすると思います。

組織の1部になって働いていると、

世の中の不条理な事も見て見ぬふりをしなければならない社会人の辛さやサラリーマンの無念さを、

半沢直樹はストーリーの中で憂さ晴らしをしてくれている様です。

どこまでもまっすぐな男、半沢直樹

普通の会社員ではなかなかこういう人物はいませんが、

一組織に染まらない半沢直樹は、平成のサラリーマンの憧れの存在なのかもしれません。

(通常のサラリーマンは真似は出来ませんが・・・。)

そして半沢直樹自身結局、自分の正義を貫き、

結局、頭取が責任を取り辞任をします。

ドラマの世界だからこそ、なりたつストーリですね。

スポンサード リンク

銀翼のイカロスの役職

「半沢直樹」シリーズでは、その作品で半沢直樹の役職が変化する事もありますが、

どの作品においても、企業内のどうにもならない悪に立ち向かう半沢直樹の姿に現役サラリーマンは勇気を貰っているはずです。

現実的には、日本の組織に所属する以上、なかなかあそこまで悪に立ち向かう事は難しいと思います。

「半沢直樹」が世間一般的に注目されたのは、ドラマ化されてからですが、サラリーマンの気持ちを代弁した内容は、多くのサラリーマンの共感を得ています。

さて、今回の第4作は「銀翼のイカロス」と作品で、今回はとても大規模な企業が相手です。

経営が傾き、どうにもならない状態の帝国航空の面々との戦いは必見です。

半沢直樹自身の役職は今回はどんな役職なのでしょう?

今回、東京中央銀行東京本店営業第二部次長という役柄で登場します。

航空会社の再建という事で実際のモデルとなったのは、実はあのJALだったのです。

今でこそJALは持ち直し、日本でも有数の航空大手に返り咲きましたが、

経営破たんをした後、

JALの社員達は過去の栄光とプライドを捨て、再建をするべく懸命に働いている姿というのをニュース等で目にしました。

この第4作【銀翼のイカロス】は、政治家が相手の戦いです。

相当な相手を前に中間管理職であるいちサラリーマンの半沢直樹は、

どの様にして政治家相手に戦っていくのかが見ものですね。

銀翼のイカロスの続編

これまで「半沢直樹」の作品はこの2014年に刊行された第4作目の「銀翼のイカロス」までが出版されてきました。

第4作にして、実在する企業のリアルな復活劇をモデルとしたストーリー展開でスカッとする感覚は読んでいて、

続編があればいいのにと思いますが、2017年12月現在続編はずっとないままです。

しかし、今後もこのシリーズに関しては、増えていく予定はなさそうな気がします・・。

確かに政府が敵で、これ以上ない相手であり、ここで話は一区切りという事ではないでしょうか?

「半沢直樹」ファンとしては、更なるシリーズ化をしてほしいと思いますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新しい連載が始まるたびにシチュエーションや背景での出来事のエピソードが出てくるのですが、

今は残念ながら、このシリーズの最新作や新しいシリーズはありません。

一時、ドラマの続編も作られるかもと巷で話題でしたが、結局今の所、なしのつぶて状態です。

堺雅人さんがやる気になれば一気に続編はスタートしそうですが!

せめてスピンオフドラマがあればと思います。

恐らく今後、「半沢直樹シリーズ」から新しい形で何かしらはあるかもしれません。

放送枠としては、TBSの夜9時から始まる日曜劇場ですね。

この番組で勇気をもらってから次の日に会社に行く。

という人も多いでしょう!

つい先日、東芝が60年続くこのドラマの時間帯のスポンサーを来年の3月で降りるという報告がありました。

大企業といえども日々成長し改革しなければならない。

大きな組織はなかなかこの変革の舵取りは難しく、カリスマ的な人がいないと抜本的な改革は難しいですよね。

真っ向から大きな壁に立ち向かう半沢直樹はまさにカリスマ的な人物と言って良いでしょう。

こういう人が頭取になったら更に面白いと思います。

是非次なるシリーズ化を期待したいところです。

スポンサード リンク

関連記事