ヨドバシカメラの一眼レフ福袋2018の中身は?ネット予約もチェック!

さてそろそろ年末という事もあり忘年会シーズンですね。

お酒の飲み過ぎには注意が必要ですね!

そして、正月明けの楽しみと言ったら駅伝や初詣、そして福袋ではないでしょうか?

福袋と言ったら家電物からアパレル、コスメ、雑貨など色々想像する人も多いはず。

今回は、世の中にたくさん種類のある福袋のなかでも、ヨドバシカメラの一眼レフカメラの福袋について書かせていただきます。

さてメンズ時計の福袋はこちらです。

ヨドバシカメラ福袋2018のメンズ時計の中身のネタバレが気になる!予約方法もチェック!

是非、2018年は良い一眼レフカメラをゲットして好スタートの年にしたいものですね。

スポンサード リンク

 2017年のヨドバシカメラの一眼レフ福袋の中身とは?

今年の福袋を購入した方もたくさんいるかとは思いますがまずは中身を振り返りましょう。

ヨドバシカメラの福袋の種類は豊富ですが、

中でも人気なのが、一眼レフの福袋なんです。

こういう機会でないとなかなかこういった高級品にも手を出せないですからね!

年一回の福袋というビックイベントに希望の一眼レフを手に入れましょう!

そんな2017年の福袋について軽く復習していみましょう。

もしかしたら2017年をヒントに2018年が何が入っているか傾向が分かるかも知れません。

2017年は一眼レフカメラを含め計6種類のカメラが販売されました。

一眼レフカメラ購入希望のかたも、

他のカメラがどのようなものが入っているか確認するとヒントにつながるかも知れませんのでご紹介します。

一眼レフデジカメの夢  販売価格30,000円

2017年の一眼レフは3メーカーです。

最初に紹介するのは、

RicohのペンタックスK-S1 300ダブルズームキット

福袋価格30,000円に対して、K-S1 300ダブルズームキットの市場価格が、40,000円なので1万円ほどお得となります。

他には

Nikon  D5200 市場価格 61,000円

canon EOS Kiss X8i   市場価格 61,000円

と約半額で購入できる計算になりますので、家族での綺麗な写真で思い出を撮影したいというかたは何と言って一眼レフカメラでしょうね。

ビデオカメラの夢 販売価格20,000円

ビデオカメラも根強い人気があります。

中身は、JVCのEverioが入っていました。

福袋価格20,000円に対してこのJVCのEverioの市場価格はおよそ2万円~3万5000円でしたので実質お得ですよね!

Go Proの夢 販売価格20,000円

中身は、GoPro HERO+LCDとなります。

またGoPro HERO+LCDと一緒に、

GoPro HERO+LCDとGoPro 3-wayとGoProステッカーと

SanDisk Uitra PLUS microSDHC UHS-I カード16GBが入っています。

福袋価格20,000円に対して、GoPro HERO+LCDだけで市場価格はおよそ25,000円なのでかなりお得商品かと思います。

インスタントカメラの夢  販売価格7,000円

中身は、チェキPIANO BKLACK instax mini50Sが入っていました。

アマゾンでは、新品だと15,750円で販売されておりますのでおよそ半額で手に入る計算になるのでとてもお得です。

ただインスタントカメラなので、好みも分かれるでしょうね。

コンパクトデジカメの夢 ニコン  販売価格10,000円

中身はと言うとニコンの少し型落ちしたカメラが2個入っていました。

販売価格10,000円であれば金額的にはプラスでもだぶってしまったり各々の好きな色を選べないデメリットも有るかと思います。

コンパクトデジカメの夢 キャノン  販売価格20,000円

中身の内容は、キャノンPowerShot SX710HS 色はブラックとなり、旧型です。

サンディスク 16GB SDカード

レンズクリーナーとボ撮ルンとケースがついてきました。

個人的に、ボ撮ルンを使用したことがないので使うのが楽しみです。

こういった自分ではなかなか日頃選んで買わなそうな物が入っているのも福袋の特権ですよね。

スポンサード リンク

一眼レフ福袋2018の中身は?

それではおまちかねの気になる一眼レフカメラ!

2017年の福袋の中身を考慮しつつ2018年のヨドバシカメラの一眼レフ福袋の中身を予想してみましょう。

まずヨドバシカメラ福袋2018、一眼レフカメラ福袋は主に3種類が販売される情報が入っております。

以下3種類です。

夢のお年玉2018 一眼レフデジカメの夢 販売価格60,000円

こちらの中身はやはり、カメラ本体とレンジのセットで入っているのではないかと予想されます。

この名前での福袋は昨年は販売されていなかったのでより期待に胸が膨らみます。

金額的には、福袋の販売価格が60,000円なので100,000円相当の商品が入っているのではないでしょうか。

またカメラのメーカーは大手企業の商品が入っていることは少ないのでキャノンやニコンが入っていることを期待するのは少し怖いかもしれません。

夢のお年玉2018 一眼レフデジカメの夢 販売価格40,000円

昨年の価格よりも10,000円コストアップしているこの福袋。

なので昨年販売されていた時と比べて中身も比例して豪華になっていると予想します。

ニコンのD5200は既に後継モデルの販売が開始されているため、

入っているとするとD5500となると思います。

D5500のカメラ本体だけでも63,000円くらいの価格のため本体だけでもお得ですよね。

夢のお年玉2018 ミラーレスデジカメの夢 販売価格40,000円

今年もミラーレスデジカメ負けてはいません。

40,000円と高額ですが挑戦してはいかがでしょうか?

今回は昨年より1万円下がるので、恐らく本体とレンズ1本の構成になると予想され、通常販売価格で6~8万円のミラーレスカメラが入ってくる可能性があります。

もちろんミラーレスは一眼レフではありませんが、高画質のカメラを撮りたいならもちろん

ミラーレスもお勧めです。

どうしても一眼レフにこだわりがある人以外ならミラーレスも十分楽しめます。

最近はミラーレスも人気がありますね。

何といっても軽量なところでしょう。

この機会にミラーレスで新しいカメラライフに挑戦して、

将来的には一眼レフに挑戦しても良いでしょうね!

夢は膨らみます!

ネット予約もチェック!

最後にヨドバシカメラの福袋の特典でもネット予約について触れていきましょう。

昔の福袋は実際に店舗に行かないといけないのが多かったですが、

今は便利なネットがあります。

地方に住んでいて近所にヨドバシカメラが無かったり、

正月に海外に旅行に行っていたりなどで、実際に店舗に行かなくても大丈夫です。

もっとも、正月の雰囲気を楽しみたい!福袋の雰囲気を楽しみたい!

というかたは、実店舗での購入をおすすめします。

例年、アクセスが殺到してしまいオーバーヒートしてしまうこともしばしばありますが、

ネット予約はとてもおすすめできます。

なにせ、寒空の下、店頭に並ぶ必要がないのでそれだけでも便利ですよね。

2017年の福福までは、予約した順の早いもの勝ちだったのですが、

2018年からはルールがなんと変更となってしまいました。

早い者勝ちから抽選での販売に変更しております。

そして抽選券を与えられるのは以下の条件を満たしている人のみとなります。

条件その1

2017年1月1日~2017年11月30日に買い物をして人

条件その2

ヨドバシ・ドット・コムで会員ログインをしてお買い物した人

条件その3

ポイント共通化が済んでいて、ヨドバシカメラの店舗にて買い物をした人

条件その4

2017年11月30日(木)までの時点で『GOLD POINT CARD+』の会員の人

となります。

以上を満たしていない場合は抽選に参加することすらできないので注意してくださいね。

また抽選会場では各福袋ごとの抽選倍率も表示されております。

またご予約は下記日程に確定しております。

予約受付日時

2017年12月1日から2017年12月8日までとなっています。

8日間しかない訳ですから速攻で予約が必要ですね!

気づいたら忘れていたという事が無いようにしましょう!

福袋お届け日

2018年1月1日

随時発送※時間指定不可の混載便にてお届けとなります。

もし帰省で正月に家にいない場合は当然、家に戻ってからの楽しみという事になりますね。

まとめ

以上ヨドバシカメラの一眼レフ福袋特集でした。

今年は、抽選ということでかなり手にいれるのが難しそうですよね。

購入できればいずれの福袋もとてもお得なのでぜひ購入検討してみてください。

スポンサード リンク

関連記事