大西泰斗の妻や息子が気になる!家族と父母もリサーチ!

さて秋になると映画を見たくなりますね。

日本映画も確かに名作も多いのですが、SFやアクションは、あの迫力のある映画はやはり本場ハリウッドで見た方が面白いですね。

字幕と吹き替えがありますが、やはりリアルに英語を聞けて映画を見れるようになりたいと思いませんか?

字幕を無しに英語を見れるとちょっと自慢できますし!

また、海外に旅行に行った時に最低限のコミュニケーションを取りたいと思うのではないでしょうか?

そして、いつかはネイティヴのように、英語を自在に使いこなせるようになりたい。

と誰しもが思うでしょう。

しかし、学校を卒業してもう何十年も経つと英語の単語や文法は結構忘れていますし、今更、中学校や高校の教科書を読んで勉強する気にはなりませんよね!

また、社会に出て会社で英語が必要になり、英語を勉強したいと思うけど、英語がなかなか苦手で身に付けたいと思う人も多いのではないでしょうか?

特に会社の昇格・昇進の条件がTOEICの点数によって左右されるのであれば、しっかり英語を勉強しないといけませんね。

しかし、リスニングも要求されるTOEICなどはちょっと自信が無いと思う方も多いのではないでしょうか?

では、リスニングを含めた生きた英語を勉強するにはどんな方法がありますでしょうか?

例えば、NHK Eテレの「しごとの基礎英語」で活躍している大西泰斗(おおにしひろと)先生がいます。

ちなみに「おとなの基礎英語」に出演している松本茂教授の記事はこちら

松本茂の家族が気になる!妻や子供は?英語力と教材も検証!

2017.11.07

いくつかの書物も出版していて、難解な文法学習中心の古い英語学習方法とは違い実践的な勉強方法を紹介していますす。

今回はそんな大西泰斗さんにのプロフィールや家族、そしておすすめの書物についてご紹介したいと思います。

最後までお読み頂ければと思います。

スポンサード リンク

プロフィール

大西泰斗先生のプロフィールを書きたいと思います。

1961年生まれの56歳で、干支は丑(うし)です。

市町村はどこか解りませんが、埼玉県出身です。

趣味や特技は、得に無いそうです。

もしかしたら大西泰斗先生にとっては英語そのものが趣味なのかも知れませんね!

学歴や職歴

1980年東京都私立城北高校を卒業しています。

板橋区にある中高一貫の私立高校です。

偏差値は70だそうです。かなり頭が良い事が解りますね!

俳優のベンガルさんも同じ高校を卒業しています。

学生時代の夢は、高校教員になることだったそうです。

恐らく教員になる事を考えての事でしょうか?

筑波大学第一学群人文学類1980年に入学します。

大学時代はオートバイに熱中していたようです。

日本中ツーリングの旅を楽しんだのでしょうか?

気になる所です!

そして、1984年に同大学を卒業しています。

筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程に1984年に入学し、

同大学院文芸・言語研究科博士課程を1989年に単位取得退学(博士論文を提出する権利を得たまま学籍を抜けること)しています。

1996年にオックスフォード大学に言語研究所の客員研究員として招かれたそうです。

そして、現在は、東京都文京区にある東洋学園大学教授をしています。

現在

現在は、東京都港区在住だそうです。

港区という事は結構、麻布を含めて高級住宅地も多いですし、外国人のかたも沢山住んでいますよね!

大西泰斗先生なら、もし外国人で、道を聞かれても簡単に答えられそうで羨ましいと思いますね!

大西泰斗先生はNHKでの英語の講師の他、「おとなの英語教室」という英語教室を定期的に開いているそうです。

大西泰斗先生にもし身近に教えてもらいたい人はいかがでしょうか?

アメブロを始めSNSでチェックしておきましょう。

スポンサード リンク

妻や息子

大西泰斗先生の息子は2017年に高校を卒業しているので18歳位ではないでしょうか?

そうすると1999年生まれでは無いでしょうか?

大学はロサンゼルスの大学に進むそうです。

高校もアメリカだったようなので息子さんも英語がきっと喋れるんだと思います。

常に息子さんのイベントごとに大西泰斗先生のブログで紹介されます。

息子さんに対する愛情が感じられますね!

息子さんはアメリカでゴルフをやっているようで、度々大会にも出場していますね。

若い頃から海外で頑張っており、大西泰斗先生にとっても自慢の息子ですね!

ツイッターの中では娘さんも出てきましたが、実際には名前や何をやっているか詳細は解りませんでした。

息子がいるようなので妻もいるかと思いますが、こちらも情報は出てきませんでした。

ただフェイスブックの情報では息子さんはお母さん似だそうです。

息子さん対する愛情のようなものも感じますね。

息子さんの将来も楽しみですね!

プロゴルファーをめざすのか、大西泰斗先生のように英語の講師として有名になるのか?

それは自分自身で決める事だと思います。

温かく見守っていきましょう!

家族と父母もリサーチ

大西泰斗先生の父母に関する情報を調べてみました。

フェイスブックの中では、お母様は褒章をもらったとう情報がありました。

お母様もきっと立派な人なのでしょうね。

お父様に関する情報は取得できませんでした。

もしかしたら、大西泰斗先生の両親は、かなり教育熱心だったかもしれませんね。

書物について

大西泰斗先生は、今まで書物を多数執筆しています。

従来の日本教育のような文法や単語の詰め込みではなく、言葉のイメージをつかむように絵で説明されていて、
ネイティブの英語感覚が身につく素晴らしい本を出版されています。

難解な文法を解釈する従来の詰め込み学習よりは実践で使える英語力を身に付けた方が将来的には役に立ちますからね!

「ハートで感じる英文法」(NHK出版)、「総合英語FACTBOOK」(桐原書店)なども名作ですが、「ネィティブスピーカーシリーズ」(研究社)も有名です。

この書物はポール・マクベイさんとともに出版したもので、もしかしたらこのシリーズの一つは手に取ったという人も多いのではないでしょうか?

ポール・マクベイさんとはイギリスの言語学者であり、麗澤大学の教授で、大西泰斗先生と多くの共著を出版しています。

そして、何といっても一押しが「一億人の英文法」(東進ブックス)です。

この書物はかなりの名作ですで、受験生の間では有名かと思います。

受験生の文法書としても有名なんですが、逆に、大人になって読んでも「知ってるつもりが実は知らなかったという体験が楽しめます。

詳しくは下記の記事もどうぞ

一億人の英文法の使い方や勉強法は?アプリや評判もリサーチ!

初版が2011年ですので、既に大学を卒業して何十年以上という人には知らないという人も多いのかもしれません。

この書物の何がすごいというと、例えば前置詞の使い方に迷うような時に読むとそれぞれのイメージが頭に入ってどのように使い分けるか図解などを用いている事が特徴です。

特に先ほど紹介したネイティブスピーカーのポール・マクベイさんが共同著書なだけに、ネイティブが考えている微妙な単語の使い分けも解りやすく解説しています。

だからこそ、社会に出て受験英語ではなく実践で英語を身に付けたい人にこそ実は読んだ方が良い作品になっています。

より使える大人の英語を目指したい!

TOEICでより高いスコアを得たいのであれば、

大西泰斗先生の「しごとの基礎英語」や「一億人の英文法」などを中心に勉強するのも一つの手かもしれませんね!

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサード リンク