一億人の英文法の使い方や勉強法は?アプリや評判もリサーチ!

「一億人の英文法」という今ベストセラーで話題の英語のテキストについて今回はお話させて頂きます。

この参考書では主に「話すための英文法」がテーマですが、会話だけでなく幅広い英語学習に応用できると思います。

「一億人の英文法」は大西泰斗先生とネイティブスピーカーのポール・マクベイさんによる共同で執筆したものです。

大西泰斗先生に関する記事はこちら

大西泰斗の妻や息子が気になる!家族と父母もリサーチ!

スポンサード リンク

使い方は?

まずはこの参考書の使い方について触れていこうと思います。

使い方は人それぞれあるとは思いますが今回は下記の通りおすすめさせて頂きます。

まずこの参考書は全700ページ近い厚さで購入したのは良いがなかなか最後まで読めない学生もとても多いのが見受けられます。

しかしボリュームに対して文法がイメージで頭の中にインプットできるように参考書内にはたくさんのイラストも記載されております。

また字体も大きいので見た目以上に簡単に読み進められるかと思います。

まずは購入したらまずは頭から最後まで、全体を軽く流し読みしてみよう。

このテキストでは、

骨格→修飾→自由な要素→配置転換→時表現→文の流れという最適な順番で英語の理解により早くつながらるように文章が作られています。

流し読みをする上で重要なのが、決して完璧な理解を要求しないことです。

勉強するうえでの自身のモチベーションをさげることにつがってしまいます。

せっかくの英語を1から覚え勉学に励もうという気持ちが台無しです。

1度読んだだけでは、よほど高い文法知識を持っていない限り、

「一億人の英文法」を初見で覚えることはなかなか難しいと思います。

まずはおよそ全体の3割程度の理解で良いので、英文法の雰囲気をつかむのを目的に読んで頂けると幸いです。

この際に理解できなかったポイントにしるしをつけて後日調べられるようにしておくと次のステップにつなげやすいと思います。

全体にある程度、目を通せたら次は、先ほどしるしをつけておいた箇所の文法項目を調べ理解を深めてみてください。

プラスα深堀りして知りたい項目達を目次から参照して調べるてもより良い学習方法へつながると思います。

英語初心者の方は文型、修飾、時制に関する表現など、英文法の基礎を理解するように心がけると良いでしょう。

そして数日後、ある程度基礎ができてから文法書を読むと、点と点が線につながるような感覚になるはずを味わう事ができるはずです。

これまで別々だと思っていた文法項目に、共通の使い方が確認できることにつながるでしょう。

スポンサード リンク

勉強法は?

つづいては勉強方法に触れていこうと思います。

先ほども使い方を通しておおよその勉強方法に関して少し触れましたがここからは

この参考書ならではの勉強方法がたくさんございますのでぜひ参考にしていただければと思います。

まずこの本を勉強する上で把握しておいてほしいことはTOEICや英検の試験対策の参考書というよりかは、

日常の英会話を上達させるためにおすすめな文法がたくさん記載してあることを知っていただきたい。

とはいうものの試験対策の無駄にはならないのでご安心ください。

また学校や塾で配布される分法書とは異なりこの文章はこれできまりというパターン化はされていないんです。

より日常会話を感じられリアリティーさを重視していると考えられます。

それに伴いネイティブの英語のとらえ方を感情面から理解できることにつながるのです。

従来の参考書とはちがって勉強をすすめていくことによって英会話による新たな気づきに出会えますので楽しんで勉強を進める事ができると思います。

なので1度最初から最後まで読みわからないところを調べきったら再度最初から最後までこの参考書を読むことをおすすめいたします。

3回ほど読み頭の中に叩き込むといいでしょう。

従来の勉強法ですと自分の苦手とする項目を中心に勉強しがちですが、

何度も最初から最後まで読み返すことによって忘れていたことを思い出せたり新たな気づきを得られることが期待できます。

最初は700ページもあるものを3回も4回も読むのはつらいと思うかもしれません。

しかしこちらの参考書は著者があるていどおもしろおかしい内容で文章を書いてくれており通読も従来よりかはつらくないはずです。

スポンサード リンク

アプリについて

続いては「一億人の英文法」のアプリの効果的な使い方についてです。

今や街中では英語学習の神アプリであると称されておりいったんどのようなアプリなのだろうと気になっている方も多いと思います。

アプリのほうが内容的にうすいのでは?

という疑問を抱く方もご安心ください。

このアプリでは書籍「一億人の英文法」に対応しており、Chapter01からChapter18まで一通りの文法事項を網羅しています。

問題集の数はなんと全940問もございます。

そしてすべてに問題に解説がついており、参考書「一億人の英文法」の細かな解説ほどではありませんが、

940問すべての解説を併せるとかなりの情報量になります。

おおまかではありますが実際にアプリをご使用いただく上での使い方を紹介したいと思います。

冒頭でも申したように一億人の英文法の参考書ですとおよそ700ページあるため

持ち運ぶのにはあまり適していないですよね。

しかし勉強方法としては、定期的に繰り返し読み込む型の学習方法なのです。

なのでできれば日頃から持ち歩いて自分のライフスタイルに合わせて勉学に励みたい方がたくさんいらっしゃると思います。

そこで参考書「一億人の英文法」をポケットに入れて持ち歩くことはあまり現実的ではないということでなんと「一億人の英文法」アプリが開発されました。

アプリであれば、スマホを使っていつでもどこでも反復練習が可能です。

これで好きな時に勉強ができ遊び感覚で学べますのでかなりの効果が期待できますよね。

またアプリではゲーム感覚で英作文が練習できるようになりました。

モードは2つあり「確認テスト」と「音声学習」を用いられております。

「確認テスト」モードでは、いわゆる並べ替え問題が特徴で、日本文とバラバラの英単語が与えられ、その英単語を組み合わせて、正しい英文を作るというゲームです。

「音声学習」モードでは、日本文も英文をすべてネイティブの声で読み上げてくれます。

順番も、各英文を順番に読み上げてくれるので、リスニングやシャドーイングの練習に利用に最適だと思います。

「一億人の英文法」 の評判

今回一通りこの「一億人の英文法」についてふれてきましたが全体の評価としてとても高い事が証明できたのではないでしょうか。

勉強とは人それぞれに合った形でおこなうものであり100人中100人から満足して頂ける教材を作ることはとても難しいと思います。

そんな中でもこれだけ大ヒットしてるだけでもすごくはありませんか?

一度騙されたと思ってでも構いませんのでお試しする価値は大いにあると思います。

色々は口コミサイトへ評判を見に行ってもみなさんほぼほぼが総合評価が高く満足してご使用頂けているように思います。

この「一億人の英文法」では参考書だけではなくアプリ開発もしたことによってより多くの人に触れて頂ける期待が増加し評価はうなぎのぼりなのではないかと思います。

「一億人の英文法」の最大のメリットは、英語の感覚、システムを体で理解できるという点にありますからとても理にかなっていると思います。

悪評を流す方も中にはいらっしゃるかもしれませんが個人的な見解としてはとても良い参考書だと評価させていただきます。

スポンサード リンク

関連記事