深町貴子の年齢や結婚が気になる!夫と子供は?プロフィールも紹介!

最近は家庭菜園がブームですね。

自分の庭を土いじりするだけで色々な楽しみも増えますし、発見も多いですし、精神的にも癒されます。

また庭で育ったトマトやイチゴなんかを家で食べる楽しみもあります。

趣味の園芸は昔からある番組ですが、今回は趣味の演芸やさいの時間が2008年開始している番組で、

その中でもこの番組に出演して、他の番組にも出演している深町貴子(ふかまち たかこ)さんをご紹介したいと思います。

最後までごゆっくりお楽しみください!

スポンサード リンク

プロフィール

深町貴子さんは最近は色々なメディアに出ているので案外知っている人も多いかと思います。

顔を見ればなんとなく解る人も多いのではないでしょうか?

以前はTBSの「マツコの知らない世界」という番組にも出ていましたね!

深町貴子さんは現在、趣味の演芸やさいの時間でプランター栽培チームを担当してます。

菜園ビギナーチームなら藤田智さんが担当しています。

藤田智さんの記事はこちら

藤田智の出身大学や経歴は?病気や家族もチェック!

趣味の園芸のメインナビゲーターである三上真史さんの記事はこちら

三上真史(園芸王子)の父や結婚が気になる!中学や高校も調査!

2017年11月現在では、まだ深町貴子さんのwikipediaが出来ていない為、

こちらで深町貴子さんのwiki風プロフィールを記載したいと思います。

出身地は神奈川県川崎市です。血液型はO型です。

彼女は既に結婚していて息子さんが1人いるそうです。

息子さんについてもたびたびブログにも登場しています。

最近は自宅のベランダから育てた野菜を6階から1階まで運ぶのを手伝ってくれたそうですよ。

今までのブログの発言を推測すると、

息子さんは、今は高校生くらいでしょうか?

年齢は16歳位だと思われています。(2017年現在)

深町貴子さんは、園芸講座の企画イラストレーター造園設計の仕事など幅広く活動しています。

更に、深町貴子さんがオーナーをしている「グリーンライフ・タカ」というショップを運営しています。

神奈川県川崎市・小田急線生田駅から歩いて1分のところにありますよ。

小田急線で、向ヶ丘遊園駅まで急行で行って、各駅で1つ目が生田駅です。

各駅停車駅ですが、駅前には店舗がそれなりに充実しています。

明大などが近いので、学生向けの飲食店も多いですね!

生田周辺は自然も多いですし、生田緑地も近いですから、自然の中で癒されながら園芸も楽しめます。

最高のロケーションだと思います。

生田緑地は秋には紅葉もきれいですからおすすめスポットですよ!

さらに深町貴子さんは、東京農業大学短期大学部非常勤講師だそうです。

バイオセラピー論や園芸療法概論などを教えているようです!

幅広く活動をされているのですね!

しかし、これほど活躍されている深町貴子さんですが、実は幼少期は病弱だった様で、ほとんど学校に通えなかった為、

植物から「生きる」意味に気付かされ「園芸で人を幸せにすること」を人生の目標としたそうです。

幼少期に辛いことがあっても逆にそれをばねにして乗り越えれるたくましさは凄いと思います。

もうこの頃からすでに園芸家の道は決められいたのですね!

家庭菜園は、ちょっとしたスキマ時間に出来るのも特徴です。

是非はじめてみてはいかがでしょうか?

学歴や職歴

深町貴子さんの学歴や職歴を調べてみました。

高校は 東京農業大学第一高等学校を卒業しています。

そして、短大は 東京農業大学短期大学部を卒業しています。

農大が経堂や千歳船橋にあるので小田急線で通っていたのではないでしょうか?

もし昔から生田に住んでいたのなら、小田急線一本で行ける可能性もありますね!

通学も楽ですね!

ただ小田急線も以前は複々線化していなかった為、結構激混みの中、通学をしていたかも知れませんね!

職歴についてフェイスブックに記載がありましたのでまとめたいと思います。

日本バイエルアグロケムという会社で、1988年から1992年まで働いてました。

また大光電機という会社では、照明プランナーをしていたそうですよ!

現在は、「グリーンライフ・タカ」というショップ経営をはじめ大学やテレビでの講師や講演活動など多忙な生活を送っています。

年齢について

年齢についてはかなり皆さん興味があるようでネットでも検索されている人が多いようですね!

本人にとっても、女性ですからあまり年齢は公開したくないようですね!

深町貴子さんは、恐らく1968年生まれ49歳位だと思われます。

日本バイエルアグロケムの入社が短大卒20歳位で1988年に入社していると

1988から20を引くと1968年生まれという計算になります。

また2015年のTBSの「マツコの知らない世界」には47歳と発表されていまいた。

そうすると今は49歳位という事でしょうか?(2017年現在)

アラフィフには見えない美貌ですね!

毎日、自然に触れ合っていると美しく若く保っているのでしょうね!

結婚や夫は

さて、深町貴子さんは既に結婚していますが、いつ結婚しているかは定かではありません。

夫は、深町康志(ふかまち やすし)さんです。

群馬県高崎市出身です。

生年月日については公開をしていなく年齢は、解りません。

写真等を見る限りでは50代位かと思います。

学校は、日本大学生産工学部建築工学科を卒業しています。

深町康志さんは、フィールドデザイナーの仕事をしています。

また1級造園施工管理技士であり、照明コンサルタントの肩書もお持ちです。

深町康志さんは以前照明関係の仕事もされていたようです。

深町貴子さんも照明プランナーの仕事をしていたので、同じ職場か取引先で出会ったのかもしれませんね!

1996年に有限会社タカ・グリーン・フィールズ設立していて代表をしています。

ドワーフトマト

深町貴子さんの動画配信サービスである「Horti」というのがあるのですが、

その一発目に紹介していたのがドワーフトマトでした。

ということでドワーフトマトについて説明します。

ところで家庭菜園で人気なのはトマトですよね?

トマトは実は飼料が良かったり、温度が良かったり、太陽がちゃんと当たっていると、どこまでも成長するんだとか?

そこで朝顔のようにあんどんを仕立ててあげるとあら不思議!

くきを螺旋状にそわせていくと、背の高くなったトマトもコンパクトに育てる事が出来るそうですよ。

さて、話を戻しましてドワーフトマトについて説明したいと思います。

ドワーフトマトとは矮性(わいせい)トマトの意味で、小っちゃいトマトらしいです。

ドワーフって妖精や小人の意味で、小さいことを示す代名詞的な用法らしいですから

まさに小人のような小さいトマトを想像してみましょう。

しかし、小っちゃいけどトマトは沢山なるらしいですよ!

ドワーフトマトは、トマトのなる量が普通のトマトよりも密になるんだとか!

通常のトマトは葉っぱ3枚に対して花がなるのに対して、

ドワーフトマトは、葉っぱ1枚に対して花がなるので実になるトマトの量も多いんだとか

背が低くても沢山の数がなるらしいですよ!

このドワーフトマトであれば、先程のあんどん仕立てが不要ですし、コンパクトに沢山なるとの事です。

なんといっても持ち運びも可能で、どこへでも持って行けるし、部屋の中でも育てられるらしいです。

まさに家庭菜園にも最適だそうです。

ミニトマトを育てるのが好きという人にはおすすめですね!

最後に

いかがでしたか?

最後までお楽しみ頂けましたでしょうか?

今回は深町貴子さんについてご紹介しました。

やはり自分の好きな仕事を一生の仕事にするのって幸せですね。

高齢化が進展する中でますます園芸の存在意義は大きいと思います。

もし家庭園芸を楽しみたいと思う人は、深町貴子さんのお店に行き実際にアドバイスを受けてみるのもありかと思います。

今後も深町貴子さんの活躍から目が離せませんね!

スポンサード リンク

関連記事