ひと

松本茂の家族が気になる!妻や子供は?英語力と教材も検証!

松本茂(まつもと しげる)教授をご存知でしょうか?

NHK Eテレの「おとなの基礎英語」などにも出演しているちょっぴりシャイだけど、笑顔が魅力的な名講師ですね!

もしかしたら一度は見たことがある人も多いのかも知れません!

ちなみに「しごとの基礎英語」に出演している大西泰斗先生の記事はこちら

[kanren postid=”4089″]

松本茂教授の英語の教え方はわかりやすくて、評判が良いですね。

筆者もこの番組を見たことがありますが、実に実践的な英語をよく知っている人だなと印象を受けます。

今回は、松本茂教授のプロフィールや家族、松本茂流英語力の身に付け方などをご紹介したいと思います。

最後までお読み頂ければと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

松本茂教授のプロフィールについて記載します。

出身地は、東京都台東区です。

台東区と言ったら上野や浅草などがありますが、下町な雰囲気がしますね!

生年月日については、1955年生まれとしたWikipediaには、記載されていませんでしたが、

「おとなの基礎英語」の収録の休憩時間に誕生日を祝ってくれたそうです。

ブログの中で8月13日が誕生日と記載されていたので、間違いないですね!

1955年8月13日の生まれで、62歳ですね。(2017年現在)

星座は獅子(しし)座です。

[kanren postid="6211"]

小さいころの松本茂教授はとてもおとなしくて、人前に出ることも苦手だったそうです。

今の松本茂教授を考えれば結構意外ですね!

しかし、幼稚園の先生に可能性を見出してもらい、幼稚園時代、園児代表で卒園児へ送辞を読んだそうです。

そして、国立の小学校に進んだらしいです。

松本茂教授が初めて英語にならったのは意外かもしれませんが、中学一年生の時だったようですよ!

特別小学生のうちから勉強していたわけでは無さそうですね!

中学との時も国立で授業は当時としては珍しくオールイングリッシュだったようですよ。

先生の言っている事も英語なので、大変そうですね。

しかし逆に自然に英語に触れる機会もあるので悪くないかも知れませんね!

中学・高校で陸上部のキャプテンを務めているなどリーダーシップな所もあったそうです。

大学受験では、一浪したそうですよ。

しかし、予備校には行かずに、英語学校の夜間部に週1~2回、1年間通い、大学生などと一緒に学んだそうですよ。

もしかしたら受験英語としては遠回りだったのかもしれませんが、

逆にこの時期に実践的な英語を勉強できた事は良い経験となったのでは無いでしょうか?

また、詰め込み学習で無かった点も良かったのではないでしょうか?

そして、大学3年のときにある転機が訪れます。

全日本のディベート大会で優勝し、日本代表としてアメリカへ2ヵ月間行けることになったのです。

現在は大学教授という肩書きを持ち、NHKの「おとなの基礎英語」の番組の英語講師を担当しています。

また、株式会社そうだねのエグゼクティブ・ディレクターも担当しているなど幅広く活躍しています。

株式会社そうだねは、2017年3月 会社設立し、東京都豊島区東池袋にあり、セミナーを開催したり、講師の派遣をしているそうです。

誕生日ケーキも釣りをしている姿があって、松本茂教授は釣りが趣味みたいです。

休みの日は、川や海に釣りに行くのでしょうか?

こういう楽しみもあっていいですよね?

スポンサーリンク

学歴?

さて、松本茂教授の学歴が気になります。

小中に関しては、明確に記載されていませんでした、国立の小学校と記載されいたので、筑波大学附属小学校と筑波大学附属中学校であると思われます。

1974年3月 に、現在は筑波大学附属高等学校となっている東京教育大学附属高等学校を卒業しています。

高校卒業後は一浪したそうです。

1979年3月 に 青山学院大学経営学部経営学科卒業しています。

1981年9月に マサチューセッツ大学(アマースト校)の大学院の修士課程を修了しています。

2002年3月 に、 九州大学大学院比較文化研究科 国際社会文化専攻し、博士課程を単位取得満期退学しています。

妻や子供について

松本茂教授の妻は、松本 祥子(まつもと なかこ)さんだそうです

東京都調布市出身です。

1970年生まれだそうです。

という事は、今年(2017年)で47歳です。

学習院大学大学院日本語日本文学科博士前期課程修了しています。

学習院女子中等科入学後、短期留学、ディベートなど英語を軸に世界が変わったそうです。

2003年8月31日に結婚しているそうですよ!

血液型はB型だそうです。

東京都豊島区在住です。

会社も豊島区なので自宅兼事務所の可能性も高いですね!

息子さんは、2006年生まれと記載していましたので、今年で11歳と考えられますね。

名前については解りませんでした。

松本 祥子さんは、2013年に主婦兼非常勤講師となったそうです。

個人事務所である株式会社そうだねの 社長をしているそうですよ。

松本茂教授の管理やサポートをしながら、異文化コミュニケーションを通して日本語と英語学習の場も提供開始しているそうです。

夫婦そろって英語のコミュケーションが得意なわけで家でも英語でディベートをしていそうですね。

茂教授との結婚した理由は、結婚したらなんか面白そうだと思ったからだそうです。

決まりきった未来じゃなくて、すごく流動的というか、変化がある感じがしたんだそうです。

確かに松本茂教授の英語に対する行動力などを見ると魅力的に感じますね!

趣味は、インドの寺院巡りと野菜料理の食べ歩きだそうです。

松本 祥子さんも結構アクティブな性格であると思われますね!

英語力を身に着けるには?

英語力を身に着けるには教科書だけでは駄目だそうです。

実践の場で英語を使うのがおすすめだそうです。

松本茂教授が名付けた「PICサイクル」を回すことが肝心なのだそうです。

PとはPracticeで、個人学習の事だそうです。

個人の学習をたくさん行う事が必要で、スキマ時間を有効活用するの良いそうです。

IはInteractionで集団学習の事だそうです。

1人で練習したことをもとに、誰かと英語を使う練習をするのだそうです。

最後のCはCommunicationで、実践だそうです。

通常の教室での授業ではなく、実践の場面で英語を使うことです。

海外の高校生とメールを通じてやり取りをしたり、英語で行われるディベートの大会に出場したりする事だそうです。

以上の事を身に着け、使える英語を身に着けるのだそうです。

教材も検証!

松本茂教授いわく英語に慣れるには英英辞典を引くことが大事だそうです。

英語のまま理解したり、英語で考えたりする事が出来る様になる方法としては、分からない単語や熟語が出てきた場合は、英英辞典で調べ、ほかの英語表現に置き換えて覚えるようにするのが大事だそうです。

極力英語を身近にするという事でしょうか?

結構難しいですね!

松本茂教授と言えば、やはりディベートです。

1996年刊行された書物ですが、

「頭を鍛えるディベート入門」

ディベートに関しては、どんなものを知るにはこの本ですね。

バイブル的な書物と言って良いでしょう!

そして何といってもNHKの「おとなの基礎英語」ですね。

そこで評判のより教材をご紹介します。

「会話がつづく! 英語トピックスピーキング」という教材があります。

こちらはおすすめです。

極力難しい文法等はさけているので実践的な教材といえるでしょう!

どちらかと言えば英会話の為の本だそうです。

例文は、日常会話で使えそうなものも多いそうです。

最後に

今回は松本茂教授の話をしました。

英語のディベートに関しては、松本茂教授はかなり有名ですね。

もし英語を上達したいなら「おとなの基礎英語」を継続する事ですね。

今後の活躍を期待したいですね。

スポンサーリンク