18歳成人の年金について!成人式は?19歳と20歳も気になる!

さて18歳成人法案がいよいよ可決されますね!

今回は、18歳成人になったらどうなるか調べてみました。

もし国会で成立したら2022年4月から施行されます!

年金や少年法、成人式についても記載したいと考えます!

スポンサード リンク

18歳成人とは何?まとめてみた!

18歳成人は民法改正と関係あります。

ここでは簡単にまとめてみました。

まずは契約行為が、18歳でも親の同意なしでもOKとなります。

これにより高額商品の購入やローンを組むことも出来ます。

女性の婚姻が16歳から18歳になります。

こう考えると、

18歳のまだ判断が不十分の中で、親の同意が不要という事だと、

そもそもそれを良い事にカモられる人もいるのでは無いでしょうか?

高校生で高額商品を購入したり、ローンを組んだりするのって果たしてどうなんでしょうか?

ちなみに選挙権が18歳は既に変更されていますよ。

スポンサード リンク

少年法はどうなる?

少年法は現行20歳未満を対象としていますが、こちらも18歳成人にあわせて

18歳未満にするか現在検討中です。

少年法は現在、20歳未満は何か悪い事をしても実名公表はされませんが、

18歳が成人扱いされて大人として考えられている以上、少年法は現行のままだとすると、

何か悪い事をしても18歳と19歳は実名公表されないという事になります。

この点は、矛盾を感じる人も多いかと思います。

少年法については今後の動きを注目していきたいと思います。

年金も気になる!

次に気になるのが、年金問題です。

18歳から年金が徴収されるのかが焦点となりますね!

現時点では、まだ決まっていませんが、財源確保を考えると可能性は高いかも知れません。

こちらについては、情報が確定次第ご報告いたします。

成人式が気になる!

され次に気になるのが成人式です。

もしあなたが18歳だとしたら現役の高校生です。

と考えると学生服で成人式と言うのも考えられますね!

そう考えると呉服屋がピンチになる事も想定されます。

そして現役の高校生で、センター試験を受けると成人式とかぶってしまいます。

最近は殆どの私立大学でもセンター試験で受験できるようになってきていますから、

受験生にとっては非常に悩ましい所かと思います。

センター試験を受けると結局成人式に行けなくなるのですから。

こういうところはもしかしたら各自地代が成人式をずらしてくれたり、

そもそも一月ではなく12月とかにずらしてくれる配慮を期待したいと思います!

19歳や20歳も成人式に出席!

さて次に気になるのが、ちょうど成人式の対象が18歳に切り替わった時に19歳や20歳だった人です。

前述する通り施行されるのが、2022年4月からです。

その時の成人の本来の対象は18歳が対象となります。

19歳や20歳が成人式をやらないまま、成人扱いになってしまうのは可愛そうなので。

切り替えた年は18歳から20歳まで成人式を行わければなりません。

会場の数を考えると、かなり大変な事が解りますね!

余談ですが、

実は成人は19歳と言うのもひとつの議論として考えられます。

しかし、世界の動きを見ると18歳が普通の様です。

ですから日本も18歳という事になたようです。

 

いよいよ18歳成人が可決されようとしています。

これから日本はどんどん少子化で財源を確保しなければなりませんので、

18歳成人も仕方がないのかも知れませんね!

今後は、18歳成人がどのように変わっていくかも注目したいと思います。

スポンサード リンク