体育祭の面白い種目10選!定番から珍しいものもチェック

スポンサーリンク

体育祭の競技、実は教職員や参加する学生さんが考えているものが多いです。

もちろん、定番ものもありますが、出来るだけ盛り上がるようにと色々考えて作られた面白い種目をピックアップしていきたいと思います。

これから体育祭の競技を考えられる方の参考になるかもしれません。

体育祭の面白い種目10選

体育際と言えば、注目されるのは最終種目のリレーですが、お昼休み直前、または直後に行われる学校毎に違う、定番の競技が面白かったりします。

そんな、学校では定番だが他校では珍しいなど、色んな種目をピックアップします。

体育祭の面白い種目10選①スウェーデンリレー

まず1つ目はスウェーデンリレーです。

100m、200m、300m、400mを1人ずつ、合計4名の走者で競うリレーです。

ありきたりのようで、以外と少ない競技の一つです。

体育祭の面白い種目10選②騎馬戦

次に騎馬戦です。

これも当たり前では?

と思うかもしれませんが、あなたの世代が判ってしまいますよ、と感じるぐらい、最近では珍しい種目の一つです。

体育祭の面白い種目10選③借り人競争

3つ目は借り人競争です。

借り物競争も今や珍しい部類に入っていると思いますが、物ではなく、「人」を借ります。

「眼鏡をかけた人」「先生」などなど、 最近では見かけなくなった競技の一つです。

体育祭の面白い種目10選④みのむし競争

4つ目はみのむし競争です。

障害物競争の一部で麻袋に下半身をすっぽり履いてジャンプしながら進むこともたまにありますが、このみのむし競争はスタートの直後から「みのむし状態」になり、数々の障害物を超えていくものです。

ありそうで無さそうな珍しい競技です。

体育祭の面白い種目10選⑤仮装競争

5つ目は仮装競争、ただ仮装して走るだけでなく、芸術点も考慮される競争です。

体育祭は基本的に紅組や白組などの「組」に別れています、仮装競争では徒競走の順位点と仮装の芸術点を含めた合計得点で競う競技となっています。

体育祭の面白い種目10選⑥逆走リレー

6つ目は逆走リレーです。

こちらは名前の通り、みんな後ろ向きになって、トラックを1周ずつ走るリレーです。

走る時のアクシデントもそうですが、リレーなので、バトン渡しの際も見てて楽しい競技となっています。

体育祭の面白い種目10選⑦20人21脚

7つ目は20人21脚です。

某番組で取り上げられてからメジャーになったかもしれませんが、これは走るほうも見ているほうも凄く盛り上がる楽しい競技だと思います。

体育祭の面白い種目10選⑧計算競争

8つ目は計算競争です、こちらは走る距離が50mとなっていますが、スタートからゴールの間に2、3計算問題が置いてあります。

2つの数字だけでなく複数の数字の計算となっているため、それなりに知識が必要となり、走る距離も短いので運動が苦手でもチャンスを見込める競技となっています。

体育祭の面白い種目10選⑨段ボールキャタピラレース

9つ目は段ボールキャタピラレースです。

想像が付くかもしれませんが、段ボールで作ったキャタピラの中に1~2人ほどの人が入り、キャタピラを転がしてゴールを目指す競技となっています。

こちらも障害物競争の1部に組み込まれていることが多いですが、稀にスタートからゴールまでずっとキャタピラで転がる地域もあるみたいです。

体育祭の面白い種目10選⑩名物ダンス

最後となりました。

最後は学校の名物ダンス(踊り、体操)です。

競技とは違うことが多いですが、地域の名物ダンスであったり、盆踊りであったり、色々な出し物があります、チームだけでなく学校全体が一丸となれる競技です。

体育祭の面白い種目・番外編

番外編としまして、棒倒しを紹介します。

2チームに別れ、それぞれが2mぐらいの竹を支え、相手チームの竹を倒しにいくという競技です。

基本的に男子の競技となっており、盛り上がるのですが、昔から怪我人が続出することから安全面を考慮して廃止されている学校が多いです。

以上、番外編を加えた体育祭の面白い種目10選でした。

スポンサーリンク

体育祭の面白い種目で定番の種目と割と定番の種目をチェック!

体育祭、面白いけど定番となっている種目、割と定番となっている種目を考えました。

面白い種目で定番となっている種目

面白いけど、定番となっている種目は、学校の名物ダンスです。

やはり学校毎で毎回(誰かが)考えて演出したり、伝統を守りながら参加者だけでなく、応援に来ている方々も盛り上がる定番中の定番の種目だと言えるでしょう。

面白い種目で割と定番となっている種目

では、割と定番となっている種目は?

色々、時代などを調べていましたが、スウェーデンリレーではないでしょうか。

リレーは体育祭のプログラム中に大体、3種目はあると思われます。

その内容は大体、女子リレー、男子リレー、部活対抗リレー、スウェーデンリレーではないでしょうか、となれば面白い種目で挙げられているスウェーデンリレーが選ばれたことは当然の結果だと思います。

体育祭の面白い種目で珍しい種目と割と珍しい種目をチェック!

体育祭の面白い種目で珍しい種目、割と珍しい種目を色々な体育祭を見て選びました。

体育祭の面白い種目で珍しい種目

それでは、体育祭の面白い種目で珍しいもの、「騎馬戦」とさせて頂きます。

ある世代ぐらいまでの方々からすると定番中の定番かもしれませんが、番外編で紹介しました「棒倒し」と並んで、安全面を考慮した結果、もっとも実施を避けられている競技の一つであります。

昔は定番ですが、今はもう見ることがほぼ出来ない点から珍しい種目として挙げさせていただきました。

体育祭の面白い種目で割と珍しい種目

まずは、割と珍しい種目を紹介します、割と珍しい種目は「借り人競争」です。

ありそうです。

とてもありそうですが、意外とありません。

名前はよく出ますが、実施されている情報の数が少なかったので、割と珍しい種目にランクインです。

まとめ

体育祭の面白い種目、そのほとんどが参加する学生さん、教職員の皆さんが考えているものです。

今回は昔に流行った種目が多かったですが、時代が進むにつれ、競技も少しずつ変化しています。

これからのニーズにあった面白い種目を是非、作り出してください。

スポンサーリンク