エアコンが冷えない!室外機が動いてない原因や対処法!掃除も解説!

エアコンの室外機

この記事では、エアコンを使っても家の中が冷えない原因の多くを占める室外機が動いていない時の対処法やその掃除方法を解説いたします!

これからの夏に欠かせないアイテムであるエアコン、そんなエアコンを使用しても部屋が冷えない場合、大抵室外機が壊れているパターンが多いです。

室外機って外気や雨風に晒されたりして結構壊れることが多いのですが、自分で直す方法って意外と知らないですよね。

この記事を読んで、室外機を直す方法を学んで、快適な夏を過ごしましょう!

室外機が治せる男性は女性からモテるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

エアコンが冷えない時は室外機を確認

エアコンの室外機

どれだけエアコンの設定温度を下げても、部屋の中が冷えないことってありますよね。

そんな時は室外機を確認してみてください

室外機とは、よくベランダなどに設置してある扇風機のような見た目の機械で、その役割は、部屋の中の熱気を屋外に放出することです。

室外機が原因で部屋の空気が冷えない時は、室外機そのものが故障している場合と室外機の周りに色んなものを置いてしまっていてごちゃごちゃしている場合です。

もし、部屋の温度が下がらない時は、室外機とその周りを確認してみましょう。

また、室外機に直射日光が当たってしまっている場合も部屋の温度が下がりにくくなるので、その場合は室外機の位置を動かすか、直射日光が当たらないように何かをかけるなどして対策しましょう。

スポンサーリンク

エアコンの室外機が動いてない原因や対処法!

エアコンの室外機

ここからはエアコンの室外機が動いていない原因と、その対処法について解説していきます。

室外機が動かなくなる原因はいくつかありますので、この記事を読んでしっかりと原因を覚えておき動かなくなった際に対処しましょう。

 

1つ目は室内の気温とエアコンの設定温度が近い場合です。

この時は、エアコンの制御装置が働いて室内温度をその温度に保とうとしている状態ですので、心配はいりません。

もし再度室外機を動かしたい場合は、エアコンの設定温度を下げましょう。

 

2つ目はエアコンの設定モードとリモコンの設定モードが異なる場合です。

こちらは例えば、エアコンは冷房設定になっている状態でリモコンは暖房に設定されている時などです。

これが原因で室外機が動かなくなってしまったら、エアコンの電源を切るかリモコンでもう一度正しい設定に変更しましょう。

 

3つ目は室外機が凍り付いてしまう場合です。

冬になって気温が下がると、室外機が凍ってしまい動かなくなる場合があります。

室外機に溜まった水滴などが凍り付いて動かなくなってしまいます。

これを避けるためには、冬場の間は室外機が凍らないように場所を調節するなどの対策を施してください。

 

4つ目は室外機が熱を持って内部のシステムエラーが起こって動かなくなる場合です。

暑い時期になると、高温による故障からシステムを守るために室外機が機能を制御する場合があります。

室外機周りの風通しが悪いと熱がこもりやすくなるので、室外機の周りにはなるべく物を置かないようにして充分にスペースを空けておきましょう。

 

5つ目はエアコン、または室外機の故障によって動かなくなる場合です。

室外機の制御基板、パワートランジスタというエアコン内部のシステム装置、ファンモーターという室外機のプロペラを動かすモーターのいずれかが故障した場合にも、室外機は動かなくなります。

これらは自力で治すことはほぼ不可能なので、故障した場合はエアコンの修理業者に連絡しましょう。

 

6つ目は、冷媒ガスが漏れているまたは不足している場合です。

冷媒ガスとは、エアコンが室内の温度調整のために使用しているガスです。

その冷媒ガスが足りなくなる、または漏れている場合は室外機が動かなくなるケースがあります。

この場合も修理業者に連絡しましょう。

エアコンの室外機の掃除も解説!

エアコンの室外機

ここからはエアコンの室外機の掃除について解説します。

エアコンの室外機は外に置くことを前提に作られていることから、雨風には強い設計となっていますが、ゴミやホコリがたまると室外機が動かなくなってしまいます。

また、定期的に室外機を掃除するとファンがスムーズに動くようになり電気代を節約することにもつながります。

室外機の掃除を定期的に行い、故障の予防と節約を同時に行いましょう!

室外機の掃除は、初めにブラシなどを使用して細かい部分のホコリやごみを取り除きましょう。

ゴミを取り除いた後は掃除機を使って室外機の中を掃除して仕上げです。

このとき水や洗剤を使用してしまうと室外機が故障する原因となるので、液体は使わないようにしましょう。

最後に

今回は、エアコンの室外機が動いていない時の原因とその対処法、そして掃除方法について解説しました。

実はエアコンを動かすにあたって、大変重要な役割を担っている室外機。

なかなか意識することのないそんな室外機の動きですが、本当は意識して掃除したりするとエアコンの動きが良くなり、電気代も節約することができます。

これからの暑い夏は、例年よりも室外機の動きを気にして例年よりも快適なエアコンライフを送りましょう!

スポンサーリンク