子供が熱で仕事を休む時の電話の時間と伝え方!後日のフォローも解説

子供が熱

働くお母さんにとって頭を悩ませるのが、急な子供の発熱などで、突発的に仕事を休まなければならない時があることですよね。

子供が最優先でしかたのないこととはいえ、自分が休むと職場に迷惑がかかるので、心苦しく連絡するのも気が重い、というのが本音だと思います。

スポンサーリンク

子供が熱で仕事を休む時の電話の時間はいつが良い?

子供が熱で仕事を休む時の電話の時間

子供が発熱した場合、どのタイミングで、何時ころに職場に電話したらよいのか?

と悩むこともあるでしょう。

もちろん前もっていつ熱が出るか、という予測はなかなか不可能なため、最悪の場合出勤の直前になってしまうケースもありえます。

しかたのない場合もありますが、やはり子供の発熱がわかったらできるだけ早めに職場に連絡することが大切だと思います。

 

たとえば前日に高熱が出て、かなり具合が悪そうな場合は翌日に全快することは難しいと思われるので、職場に誰かが残っているのなら、前日に電話連絡をしておくこともできるでしょう。

とにかく、子供の発熱で休みをとらなければならなくなった時は、できるだけ早めに職場に連絡をしましょう。

子供が熱で仕事を休む時の伝え方!

子供が熱で仕事を休む時の伝え方

子供が急に熱を出し仕事を休まなければならなくなったとしても、あからさまに迷惑がられたり、無理して出勤するよう強制したり、ひどい対応をする職場はあまりないでしょう。

子供を持つ人が多い職場ならお互い様だからと快く承諾をしてくれる同僚も多いかと思います。

だからといって、当たり前のように気軽に休むのは、同僚の人たちのことを考えていない身勝手な行動と言えるので、迷惑をかけることを丁寧にお詫びすることが不可欠です。

そして、ただ休みます、ではなく、自分の業務をフォローしてもらう場合などは、可能な限り丁寧に電話などで引き継ぎをしておきます。

 

また、子供の状況についても、何度くらいまで熱が上がっていてどんな症状があるのか、病名はなんなのか、入院の可能性の有無など、今後どうなるかある程度予測できるよう、わかる限りの状況を詳しく伝えておくと良いでしょう。

あらかじめ状況を伝えておくことで、もしかすると翌日以降も休む可能性があるかもしれないということが予測できれば、職場の人の心の準備もでき、フォローしやすい体制となり、お互いに安心です。

わかる限りの状況や今後の予定、心からのお詫びと感謝、自分の代わりに仕事をフォローしてくれる同僚へのできる限りの細かい引き継ぎを、丁寧に伝えることで、仕事を休まなければならない自分の罪悪感と、自分が休むことを承諾してくれる職場の人たちの肉体的精神的負担を最小限にとどめることができるといえます。

子供が熱で仕事を休む時の後日のフォローも解説

職場

子供が熱を出し仕事を休まなければならなくなり、職場に迷惑をかけてしまった場合、まずは休み明けに出勤した際は上司や同僚など、一人一人にできる限りお詫びとお礼の言葉を丁寧に伝えることが必要です。

数日休ませてもらった場合などは、お菓子などささやかでもお詫びとお礼の品物を用意して持っていくと、気持ちがより伝わりやすく良いでしょう。

おかげさまで子供は元気になりました、など子供の回復を伝えると仕事を代わってくれた同僚も喜んでくれることでしょう。

そして、自分が休んでいる間に何かトラブルはなかったかなどを確認し、自分の担当している業務についてしっかり目を通しておきましょう。

 

また、担当している顧客や取引先などに迷惑がかかった場合も、お詫びの挨拶やフォローを忘れずにしましょう。

他の同僚が、同じように子供の熱などで仕事を休む時は、自分がしてもらったことへの感謝の気持ちを思い出し、快くフォローしてあげることが大切です。

まとめ

子供の急な発熱や体調不良で仕事を休むことは、子供のいる働く女性なら経験することで、特に同じ経験のある人ならよく理解してくれるはずです。

かといって、職場の善意に甘え過ぎるのではなく、誠意を持ってお詫びと感謝の気持ちを伝え、できる限りのことをする姿勢を見せることは必要です。

他の人が困っている時は自分が同じようにフォローをすることで恩返しをしましょう。

スポンサーリンク