アインストーンで公立中高一貫校対策!いつから?使い方もチェック!

受験

アインストーンという公立中高一貫校対策向けの参考書を今回紹介したいと思います。

公立中高一貫校には、ひらめきと引き出しの多さが必要で、それ以外対策が取れないものなので、このテキストは、実践的な問題がたくさん入っており、色々な傾向の問題に数多く触れられるところがおすすめです。

また、子供達にも見やすい取り組みやすい大きな文字と空間が良いと思います。

それから、国語・算数という教科別だけでなく、公立中高一貫の実際の入試に合わせた文系・理系という分け方も出ていて、その子の段階に合わせて勉強できます。

スポンサード リンク

アインストーンはいつから始めた方が良い?

受験

アインストーンは公立中高一貫校を目指し始めた小学3年生から4年生くらいの子どもたちと、その保護者に勉強してほしいのですが、すでに受験目前の高学年には、やさしすぎますし、実際の入試の問題形式のものをもっとやっておかないと出来ないので、これを扱っている暇はないと思います。

ですが、これから受験しようと思っている子が自分にはそもそも公立私立のうち、公立が合っているのか試すにも良いものだと思います。

ただ、これは国語・算数・理科・社会の4教科のほぼ小学5年生くらいまでの知識がある子が解かないと解けないものです。

 

アインストーンはいつから始めた方が良い?の答えですが、

早ければ小学3年生から4年生くらい

遅くても小学5年生くらいといったところでしょうか?

もちろん個人差はあります。

知識は後からいつでもついてきますので、早い段階からアインストーンを始めるのも良いかと思います。

スポンサード リンク

アインストーンはどんな子供におすすめ?使い方は?

勉強

公立中高一貫校を受験するのに経済面を理由にするようであれば、普通の公立校に行かせたほうが良いです。

このテキストを見て、保護者が自分の子供はこの問題にあっている、今後学校でこういう問題の出され方をしてもついていけそう、また、この問題から求められる力を付けていってほしい、と願うようであればぜひ挑戦させてあげてほしいと思います。

このテキストは子供達にとっては初めて見る問題ばかりなので、出来なくても責めずに、一緒に知識の引き出しを増やす感覚で見守ってあげてほしいですね。

使い方や子供によっては、クイズのように楽しく解いてくれる子もいると思います。

ただ、準備や使い方を間違えて、このテキストをやらせて挫折感だけ味わわせるだけだと、受験はうまく行きませんので注意が必要です。

アインストーンを使ってみて楽しい!と思わせるのが、保護者の役割ではないでしょうか?

アインストーンを使った効果的な勉強方法について!

勉強法

さてアインストーンは塾でも利用しているのですが、独学での勉強方法ってなかなかわからないのが現実です。

情報も少ないです!

そこで、今回はアインストーンを使った効果的な勉強方法についてご紹介します。

①受験させると決意した日から小学4・5年生の国語・算数・理科・社会の知識を全てつける。

これは必須で、どの学校を受けるにしても、小学5年生までの4科目の知識が総合的に出題されます。

知識・暗記ものを全て叩き込むということなので、例えば、理科の星座がいつどの方角に見えるか、社会のどの農作物がどの国で生産量が多いか、といった知識を毎日1単元ずつ学習させます。

これは学校で習っているかどうかは関係なく、受験生は当たり前のように予習をします。

②アインストーンをまずは1周する。

4教科の暗記は毎日続けたまま、早速アインストーンの国語・算数・理科・社会を進めます。

ここでまた知らない知識にぶつかるので、それは4教科のノートにどんどん加えていきます。

知らないものを悩んでも仕方がないので、わからなかったらすぐに答え合わせを親がして、答えを自分でノートや教科書から探させます。

③実践問題に挑戦

アインストーンの4教科を終えたら、アインストーン文系理系に挑戦してみます。

文系は国語と社会の知識の融合、理系は算数と理科の知識の融合なので、取り組むときはそれぞれのノートを用意しておきます。

記述問題も多いので、このとき通塾しているようであれば、合わせて作文の授業も取っておくべきです。

記述なので模範解答は子供では判断がつかないでしょう。

なるべく採点は、大人がやって、何が違うか一緒に確認するのがベターです。

その時間がなければ、採点させた後に何が違ったかノートに書かせて提出させるのもよいです。

スポンサード リンク

まとめ

中学受験は選ばなければどこかには受かるのですが、それでは遊ぶ時間を削って受験させる意味がないと思います。

ましてやむやみやたらに高レベルの学校を受けさせて、意味もわからず不合格の経験をさせるのも12歳の子供には酷なものですね。

それをあえてやらせるなら、本当に学校に合っているのか、公立・私立どちらが合っているのか、その為には独学ではかなり厳しいので、誰(例えば塾の先生など)のどの塾の力を借りるのか、どのテキストをやり切らせるのか、それを保護者が研究した上でやらせるべきでしょう。

もし塾に通わせるならば、面倒見の良い浜学園がおすすめです。

浜学園の評価や感想について!面倒見は?勉強法もチェック!

2019.04.10