ひと

フレンキー・デ・ヨングのプレースタイルやポジション!背番号は?

スポンサーリンク




オランダの超新星フレンキー・デ・ヨングをご存知でしょうか。

きれいな顔たちにブロンドヘアーをなびかせる姿は異国の王子様のようです。

今回は魅惑のゲームメイカーについて調べていきましょう。

スポンサーリンク



フレンキー・デ・ヨングのプレースタイル

フレンキー・デ・ヨングは、MFをしており攻めも守りもそつなくこなす器用な選手です。

若さもあり身体的スピードが速いのはもちろん、頭の回転スピードもかなりのものです。

そんな中での彼の1番の武器はディフェンスの裏に落とす浮き球のスルーパスではないでしょうか。

単発での危険度はなおのこと一度見せられた相手DFは残りのゲーム中はずっとそのパスを警戒しないといけなくなり、仕事量が増えるわけです。

攻撃においてはもう一つ、高いアジリティからのドリブル突破も脅威です。

彼のように2列目3列目の選手がドリブルでマーカーをはがすことは相手の守備を混乱させることにつながります。

特に組織的な守備が整備されている現代サッカーでは、一つのひずみが守備崩壊につながることもあるので大きな武器と言えるでしょう。

また体系に見合わない小回りの利くボールキープと素早いネガティブトランジションからの激しい守備はシャビとラキティッチを彷彿とさせるものがあり、来季のバルセロナにどんな化学反応を起こしてくれるのかとても楽しみです。

スポンサーリンク



フレンキー・デ・ヨングのポジション

ポジション

先ほども少し出てきましたが、フレンキー・デ・ヨングのポジションはMFです。

一口にMFと言ってもポジションは様々です。

フレンキー・デ・ヨングはボランチやインサイドハーフなどの真ん中のポジションでチームのかじ取りをするのが得意です。

また直近のアヤックスではリベロのポジションも任されるなど万能プレイヤーとしても活躍中です。

移籍先のバルセロナではアンカーにブスケツがいるため、当面はラキティッチと一緒に左のインサイドハーフを争うことになるというのが大半の意見ですね。

フレンキー・デ・ヨングのプロフィールや背番号

プロフィール
  • 名前:フレンキー・デ・ヨング
  • 生年月日と年齢:1997年5月12日生まれの22歳(2019年6月時点)
  • 身長体重:181cm、体重は70kg
  • 出身地:オランダ(南ホラント州アルケル)
  • 現所属:FCバルセロナ
  • 歴代所属チーム:ヴィレムⅡ⇒アヤックス⇒ヴィレムⅡ⇒FCバルセロナ
  • 背番号:未決定(アヤックスでは21番)

オランダの超新星ゲームメイカー、フレンキー・デ・ヨングは2019年に22歳を迎えたばかりの若手選手です。

身長181㎝に体重70キロは特に目立った印象はなく欧州のサッカー選手としてはむしろ細身なくらいです。

そんな彼はどの様な経歴で現在のようなスター選手になったのでしょう。

フレンキー・デ・ヨングは幼いころからその才能の片鱗を見せていました。

6歳の頃にオランダの名門クラブからオファーが届くほどです。
(このオファーは母親が時期尚早と拒否)

その後、順調に成長を続け2005年にオランダのヴィレムIIの下部組織に加入し、2013年に16歳の若さでプロ契約を結ぶことになりました。

当初はリザーブチームでプレーしていたフレンキー・デ・ヨングでしたが2014-15シーズンのウィンターブレイク中にトップチームのトレーニングキャンプにも参加し、2015年5月10日、オランダ1部リーグのADOデン・ハーグ戦にて、遂にでトップチームデビューを果たでトップチームデビューを果たす事になります。

その後、プロとしての価値を示したフレンキー・デ・ヨングにはオランダの2大巨頭アヤックスとPSVが関心を示し、彼自身がヴィレムⅡとの契約延長を拒否したことで移籍に向けて動き出すことになりました。

どちらのチームに移籍するか注目が集まりましたが周知のとおり、フレンキー・デ・ヨングは2015年夏の移籍市場の間に4年契約を結びアヤックスに移籍しました。

もともとアヤックスとヴィレムIIには強いパイプがあり、お互いに選手をレンタルして自チームを強化したり若手の育成をしたりしていたことが大きく影響したようです。

加入当初は前所属のヴィレムⅡやアヤックスのリザーブチームでプレーをしていましたが、2017-18シーズンにトップチームに昇格し、獅子奮迅の活躍を見せるに至りました。

そして更なる飛躍の年になったのが2018-19シーズン、彼を期待の若手選手からスター選手へと押し上げる出来事が起こります。

チャンピオンズリーグベスト4進出&19-20シーズンのFCバルセロナ移籍

特にチャンピオンズリーグでは予選を戦い抜き本選出場を決め、圧巻の組織力で旋風を巻き起こしました。

決勝トーナメントでも勢いは止まらず、ベスト16では当時大会3連覇中の絶対王者レアルマドリードを、ベスト8ではクリスティアーノ・ロナウド擁するユヴェントスを撃破し古豪復活の狼煙を上げました。

準決勝こそポチェッティー率いるトッテナムホットスパーに敗れましたが、オランダで行われた同ゲームは若きアヤックスとフレンキー・デ・ヨングの強さとしなやかさを証明するには十分すぎるほどインパクトのあるものでした。

来季はFCバルセロナに活躍の場を移すフレンキー・デ・ヨングですが、スペインではどんな活躍を見せてくれるのか、今後も目を離せませんね。

最後に

さてフレンキー・デ・ヨングについて調べてみましたが、いかがだったでしょうか。

もともとアヤックスとバルセロナには深いつながりがあり、フレンキー・デ・ヨングの今後もとても楽しみなものになりますね。

また、昨今は苦杯を舐めているオランダ代表にも彼の成長は明るいニュースでしょう。

数年のうちにオレンジの集団が欧州や世界を驚かせる日も遠くはなさそうですね。

オランダの若獅子に今後も注目です。

スポンサーリンク



Follow me!

PAGE TOP