ヒスイ海岸(富山)での石拾い!無料の駐車場やアクセス方法もチェック!

富山県下新川郡朝日町にある「ヒスイ海岸」に行ってきました。

ヒスイ海岸は砂浜ではなく砂利浜が広がる海水浴場で、その名の通り、ヒスイが打ちあがることで有名です。

水質もキレイで、環境省選定の「快水浴場百選」にも「宮崎・境海岸」として選ばれています。

とっても風光明媚な海水浴場です。

スポンサーリンク

富山のヒスイ海岸の石拾いは楽しく安全!

ヒスイ海岸の楽しみ方は様々ですが、何といっても「ヒスイ探し」ではないでしょうか。

ヒスイ海岸は楽しく安全にヒスイが拾える、とても珍しい海岸です。

海が荒れた後に、多くヒスイが打ちあがるといわれています。

ヒスイ海岸は砂浜ではなく砂利浜が広がる海水浴場ですので、小石がたくさん落ちています。

その中から、「これは!」と思えるキレイな石(ヒスイとは限りません)を探していると、あっという間に時間が過ぎてしまうなあという感想を持ちました。

拾ったあとはやはり、ヒスイが含まれているかどうかが気になります。

帰り道、駅と海水浴場の間にあるお店でヒスイを買ったついでに、お店のご主人に見てもらったところ、ヒスイは含まれていなかったようです。。。

でもキレイな石なので、大切に持って帰りました。

 

余談ですが、砂浜ではないので、貝殻探しにはやや不向きな海岸かなという感想を持ちました。

もちろん、オーソドックスにたくさん泳ぎながら、キレイな水質を楽しむのもおすすめです。

波は太平洋側の海水浴場よりも少し荒めでした。

また、太平洋側に多い遠浅の海ではなく、深くなるまでの距離が比較的短いです。

天気が良ければ、きれいな夕日が海岸線に沈む光景も見られますので、風光明媚なロケーションを堪能できます。

 

よりヒスイ海岸を楽しむための豆知識ですが、砂利浜の海水浴場では、ビーチサンダルはベストの選択ではありません。

ビーチサンダルの場合、足とサンダルの間に小石が入り込み、足つぼを刺激されるような痛みに襲われるときがあります。

それを防ぐために、マジックテープ等でかかとをフィットさせるサンダルも試しましたが、十分ではありませんでした。

安心して遊ぶためには、「水陸両用シューズ」がベストの選択です。

スポンサーリンク

ヒスイ海岸には駅周辺に無料の駐車場がある!

駐車場は、あいの風とやま鉄道「越中宮崎駅」の周辺に無料駐車場があるので、そちらを利用するとよいです。

ハイシーズンでも道路が混雑することは考えにくいですが、駅前の駐車場が満車になる可能性はあります。

 

最近新しくできた観光施設の「ヒスイテラス」にも39台分の駐車場がありますので、そちらもおすすめです。

住所:富山県下新川郡朝日町宮崎3239-6

 

最寄り駅から非常に近い海水浴場ですので、荷物が少ない方は電車を利用するのもよいかもしれません。

 

この「ヒスイテラス」でコインシャワーが8分間200円で利用できます。

こちらの施設では時々イベント等も行われるようです。

また、最寄り駅のあいの風とやま鉄道「越中宮崎駅」と海水浴場の間に、食堂兼売店のようなお店が少しありました。

一般的な海の家や屋台は見受けられませんでした。

ヒスイ海岸のアクセスは電車がおすすめ!場所はヒスイテラスが目印!

場所は、あいの風とやま鉄道「越中宮崎駅」から歩いて1分のところにあります。

車だけではなく、電車でも行ってみましたが、不便な感じはありませんでした。

 

先ほどご紹介した「ヒスイテラス」がオープンしたので、そちらを目印にするとよいかもしれません。

 

7月の平日昼間に行きましたが、10組いるかどうかくらいで、大変空いていました。

遠方から車で行く場合には、朝日インターチェンジから車で10分ほどの距離になります。

下道で行く場合には、国道8号線を通っていくルートになります。

ヒスイ海岸は混雑が予想されるので電車がおすすめ!

ハイシーズンでも海水浴客で道路が混雑することは考えにくいですが、帰省ラッシュ等とぶつかる場合には混雑することも考えられます。

最寄り駅のあいの風とやま鉄道「越中宮崎駅」から非常に近い海水浴場ですので、荷物が少ない方は電車を利用するのもよいかもしれません。

まとめ

ヒスイ海岸は、穴場的な海水浴場として非常におすすめです。

ヒスイ探しは、よその海水浴場ではできないので、夏の思い出づくりや夏休みの自由研究にもいいかもしれません。

また、あまり混雑しないので、人ごみが嫌いな人にもおすすめです。

海水浴関連の記事はこちらもチェックしてください。

スポンサーリンク