吉田勝彦の中華料理とプロフィール!結婚は?出身高校や経歴もチェック!

皆さんは、和洋中どれがお好きですか?

人それぞれですが、中華好きな人は、いつも中華街などに行く位好きな人もいますよね。

ただ悩みなのが油が多くお腹まわりが気になってしまうところ。

今回紹介するのが、中華料理のシェフである吉田勝彦シェフのヘルシー料理。

代々木上原にある中華料理の店ジーテンのオーナーシェフでもあります。

ジーテンの中華料理は健康的で評判です。

週末でも遠方から訪ねてくる程の人気店。

お洒落な店内はとても中華料理屋とは思えない程で、

ダイエット中の女性にも安心しておすすめできる中華料理のお店です。

吉田勝彦シェフはメディアへにも出演される機会が多くご存知の方もいらっしゃるはず。

「きょうの料理」で吉田勝彦シェフがご出演されるとの事で、どのようなかたなのか気になりますね。

さっそくリサーチしてみたいと思います。

スポンサード リンク

プロフィール

吉田勝彦シェフのプロフィールを記載したいと思います。

1964年岩手県生まれの2018年で54歳になります。

ご実家は農家だったそうで、おいしい野菜とお米を食べて育ったそうです。

岩手ですから新鮮な野菜とお米を幼少期より食べたところが今の吉田勝彦シェフの原点とも言えます!

スポンサード リンク

結婚は?

吉田勝彦シェフが結婚しているでしょうか?

結婚についての情報は公開されていませんでした。

もし家族がいればヘルシーな中華料理を食べれるので、幸せだと思います。

出身高校や経歴は?

出身高校は解りませんでしたが、

高校を卒業後は和食職人を志して調理師学校へ行きます。

しかし、中華料理のまかないを食べて夏バテが治った事から中華料理に魅了され

薬膳の勉強を開始し、中華料理の道を目指す事になります。

学校を卒業後、埼玉新座市の「四川飯店」へ入社します。

23歳で代官山にある吉田勝彦シェフの先輩・河田吉功氏の「Linka」へ入社します。

そこで修業をしたのち、25歳で河田氏の後を引き継いで料理長になります。

その後6年間務めることになり、その後香港に渡り家庭料理を勉強します。

代々木上原「正宇治」で料理長を3年務め、元気の出る中国家庭料理店として話題になります。

1999年に代々木上原でjeeten(ジーテン)をオープンし現在に至ります。

jeeten(ジーテン)とは

さて吉田勝彦シェフが運営されているお店がjeeten(ジーテン)です。

「ジーテン」とは吉田勝彦シェフの北京語読みだそうです。

都心でもありながら住宅街であり様々な人が行きかうこの街が気に入り、この店をオープンしたんだとか。

店内もどことなくカフェっぽい雰囲気で、カウンターもあります。

このカウンターのスタイルも来店するお客様と対話を重視しているからなんだとか。

化学調味料を一切使っていなく身体にも優しい味で、なんとなく女性受けしそうな店です。

「ジーテン」の料理は中華料理のイメージを覆るほどの美味しさです。

一度味わってみませんか?

国内食材にもこだわっているから安心して食べれますね。

契約農家が提供する旬な野菜を厳選している所も魅力の一つ。

シイタケや季節野菜、キクラゲは故郷の岩手から取り寄せているとの事。

とくにキクラゲは肉厚で美味しく食べた感触も良いですね。

お店は 東京都渋谷区西原にあり、小田原線 代々木上原駅 を下りたらすぐの所にあるという好立地もウリ。

予算は5,000円前後、なので会食やデートなどにも使えそう。

マンゴープリン、杏仁豆腐などのデザートも絶品です。

人気店で、席に限りがあるため予約した方がベターかもしれませんね。

まとめ

夏バテで、食べた翌日に体調が良くなったという経験をもとに、中華に目覚めた吉田勝彦シェフ。

旬の食材のおいしさを最大限に引き出す事が吉田勝彦シェフのモットーです。

吉田勝彦シェフには「簡単な中華」、「蒸すっておいしい」などの出版物もあり、料理教室の講師としての依頼も多くまさに人気の中華料理シェフです。

中華って個人的な感想としては、油っぽいというイメージがして、

沢山食べると胃にもたれそうなイメージですが、「ジーテン」はそういった心配がなさそう。

是非「ジーテン」にいってヘルシーな中華を味わってみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

関連記事