四谷大塚の入塾テストの難易度と合格率は?対策や過去問の入手方法も解説!

四谷大塚といったら、老舗の中学受験の塾です。

東京都中野に本社があり、1954年に設立されました。

2006年に東進ハイスクールや東進衛星予備校を運営するナガセの傘下となったことで、ますます注目を集めています。

四谷大塚の入塾テストの難易度や対策。

そして過去問が出ているかも気になりますね。

早速リサーチしたいと思います。

スポンサード リンク

四谷大塚の評判は?

四谷大塚の特徴は、優れたテキストとテストにあります。

テストは、「合不合判定テスト」や「全国統一小学生テスト」なども有名です。

「合不合判定テスト」は、特に他の塾からも受験が来る事が有名で、合否判定の指標として信頼性があります。

テキストは、「予習シリーズ」が有名です。

四谷大塚は昔から実績があり、ノウハウが蓄積されています。

その為、超難関校への進学実績も高く、塾に通われるお子様はもちろん保護者のかたからも評判が高いです。

スポンサード リンク

入塾テストの難易度は?

さて、四谷大塚に入塾するためには入塾テストを受けなければなりません。

大抵、大手の塾であればこの入塾テストをやっていて、点数によっては落ちてしまう子もいるそうです。

その理由は、やはり塾のレベルを一定に保ちたいという事からなのでしょう。

一発で合格する子もいれば、何回目かのテストでようやく入塾できる子、あきらめて他の塾に行ってしまう子などもいます。

入塾テストの難易度を知る前に基本知識のおさらいです。

通常、中学受験をする子供は4年生から勉強をし始めます。

そして、この場合、小学3年生の2月位から開始します。

もちろん授業の進度は学校で習うものよりも早いです。

そして中学受験をするための塾なのですから、それについて行ける学力があるか調べるテストです。

その為、テストの難易度も高いです。

時間内に終わらない子もいるそうなので、その点は試験のスピードに慣れていく必要があります。

合格率は?

入塾テストの目的は、入塾とクラス分けの二つの意味があります。

また、特待生を選ぶ目的もあるそうです。

そして入塾するための合格率は、大体50パーセント。

つまり二人に一人にしか合格出来ないという事になります。

こう考えると塾に入る為にこの難関をクリアしなければならないのです。

しかし、四谷大塚の入塾テストは、日本一難しいという噂があります。

だから、不合格してもあまり落ち込まない方が賢明です。

そして四谷大塚の入塾テストには、救済措置があり、再チャレンジする事が出来ます。

無料体験授業が1週間ありその後にテストがあるようです。

どうしても四谷大塚に通いたい場合は無料体験授業を受けてみてはいかがでしょうか?

対策は?

四谷大塚の入塾テストをクリアするには、しっかりとした対策が必要です。

なんとか1回。出来れば2回で入塾テストをクリアしたいですね。

うちの子は出来ると思って何も対策をしないでテストを受けるのは、おすすめは出来ません。

学校の授業とは訳が違いますから。

四谷対策の入塾テストの対策はあるかリサーチしてみました。

まずテストを受ける時期として一番無難なのは、新4年生の時期に受けるのが一般的です。

新4年生は、試験科目は、主に国語と算数です。

時間は各35分。

テストの内容は国語・算数で200点中入塾基準が100点位だそうです。

しかも落としてはいけない問題があるそうなので、

まずは基本問題を忠実に勉強をして誰もが解ける問題をマスターしていく事です。

そして、問題に慣れることも必要で、時間を計る事です。

35分ならその時間内で解けるかが大事です。

理想は30以内に終われせ、5分でケアレスミスが無いかチェックの時間に使いましょう。

特に試験に慣れていないお子様の場合は時間切れという事がよく起こるようです。

そして、実際に点数を付けてあげて、ケアレスミスが無いか?どこか苦手か見つけてあげましょう。

また入試テスト対策の勉強は3年生の最初から開始して先取り学習をして、3年生までの勉強科目を全て勉強しておきましょう。

標準的な問題で基礎固めが終わったら、テストを日々、解いてスピードに慣れる事。

それでも時間に余力がある子は予習シリーズなど四谷大塚の問題集などを挑戦してみても良いでしょう。

さて、実際に入塾テストに合格すると点数によってクラス分けが行われます。

しかし、下位クラスの子はなかなか上位クラスにいけない子が多いというのも現実にあるそうです。

もし、超難関校を目指すのであれば、出来れば上位クラスからスタートしたいところです。

上位クラスは競争も高いし授業のレベルも高いです。

必然と超難関校志望の子があつまりますので、いい刺激を受けます。

上位クラスを受かる為には、早い段階から勉強する習慣や試験に慣れていく事が必要です。

ここで一例を記載します。

・算数検定や漢字検定などのテストを受ける。

・Z会などの通信教育を受ける。

・公文式に通う。

など色々な試験や勉強法がありますので、小3とは言わず、小学校1年生くらいから勉強やテストをする機会を沢山与えてあげた方が良いかと思います。

過去問の入手方法も解説!

さて、四谷大塚の入塾テストに受かる方法として手っ取り早いのが過去問を入手する事です。

それは可能でしょうか?

考えれば解る事ですが、四谷大塚の入塾テストは試験が終わったら問題を回収してしまうので、入塾テストの過去問は存在しません。

しかし、それに近い対策は出来ます。

それは、全国統一小学生テストです。

このテストで上位50%に入ると入塾資格が与えられます。

問題に関しては、ヤフオクなどで出品されていますので、入手して勉強するのも良いです。

噂では、四谷大塚の入塾テストが実際の全国統一小学生テストの問題だったという事もあるので、

実際にこの過去問をやるのが近道と言えるでしょう。

テストで点数が良ければ入塾資格が与えられますし、実際の入塾テストの対策となるからです。

まとめ

いかがでしたか?

四谷大塚の入塾テスト。

歴史が評判が高い四谷大塚だけに、入塾テストの難易度が高く、

入塾が難しいかが解ってもらえたかと思います。

四谷大塚の入塾テストの内容については一般に公開されいない為、対策は難しいです。

しかしそれに近い対策はあります。

それは、全国統一小学生テストの過去問の勉強です。

新4年生のテストで出される科目は算数と国語です。

算数と国語は暗記科目ではない為、日々の積み重ねが大事となります。

早い段階から勉強して、テストを受ける習慣を身に付けましょう。

スポンサード リンク

関連記事