ラストアイドル43の結果まとめを紹介!感想は?敗者や挑戦者もチェック!

さてラストアイドル43回放送分について今回どうなったのかまとめてみたい!

と思います。

最後までお楽しみください!

スポンサード リンク

ラストアイドル42回放送分復習!

まずは前回放送の42回目をチェックしたいと思います。

木崎千聖さん と 佐佐木一心 さんの対決でした。

曲は、

  • 木崎千聖さん:モーニング娘。の「恋愛レボリューション21」
  • 佐佐木一心さん:LaLuceの「バンドワゴン」

勝者は佐佐木一心さんでした。

視聴者の中でも何故?

という声がありましたが、

しかし、当初からネタバレされただけに、ほとんど炎上は無かった様です。

ジャッジは、吉田豪さんでした。

佐佐木一心さんについては、こちら

佐佐木一心(ラストアイドル)のwiki風プロフィール!彼氏や中学もチェック!

2018.06.16

それにしても残念なのが、木崎千聖さん

どこかで救済措置として他のユニットで救われたいですね!

スポンサード リンク

ラストアイドル43回放送分の結果まとめ

今回対決するのが、

山本琉愛さんと挑戦者の宮田有萌さんです。

山本琉愛さんは、泣き虫のイメージが定着してしまいましたね。

過去にアイドル活動はありませんので、歌もダンスまだまだなのですが、

未完成です。

山本琉愛さんについてはこちらです。

山本琉愛(ラストアイドル)がかわいい!彼氏と中学は?wikiプロフィールもチェック!

2018.06.30

二人の曲は、以下の通りとなります。

  • 山本琉愛さんの曲:松浦亜弥 の「Yeah! めっちゃホリディ」
  • 宮田有萌さんの曲:Aqours の「青空Jumping Heart」

となります。

JUDGEはブラザートムさんです。

他の3人の審査員は(竹中夏海さん、宇野常寛さん、マーティ・フリードマンさん)です。

ブラザートムさんと言えば、バブルガム・ブラザーズ ですね。

「WON’T BE LONG」はミリオンを達成するほど大ヒットしましたね!

プロフィールは以下の通りです。

  • 生年月日:1956年2月23日
  • 年齢:(62歳)
  • 身長:188cm。
  • 血液型:A型。

になります。

感想は?

今回も山本琉愛さんの圧勝でした!

挑戦者の宮田有萌さんは顔も美人で綺麗過ぎて、アイドルというよりかは、モデルにふさわしい!

というのが感想です。

それにしても山本琉愛さんは今回も歌いながら泣いてしまいました。

歌が鼻声で聞きづらかったですね(笑)

山本琉愛さん泣きながら鼻をすすってしまいブラザートムさんに怒られてしまいましたが、

それでも山本琉愛さんが選ばれたという事は、

やはり山本琉愛さんに感じるものがあったのでしょうね!

敗者や挑戦者もチェック!

敗者は、挑戦者の宮田有萌さんでした。

挑戦者は、挑戦者・宮田有萌さんです。

プロフィールは以下の通りです。

  • 名前:宮田 有萌(みやた ゆめ)
  • 生年月日:2002年10月13日生まれ
  • 年齢:15(執筆時)
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 血液型:不明
  • 身長:不明

クールな外見で、スタイル抜群!

かなりの強敵でしたね!

現在は広島県の高校に通っているそうです。

部活にも入らず勉学に励んでいるそうです。

見た感じもなんか頭が良さそうですよね!

星座は、天秤座です。

天秤座の2018年の運勢占い!恋愛運は?結婚とラッキーカラーもチェック!

2017.12.26

1歳からモデルをやっていて、モデル歴14年ということもありこれはかなり強力な挑戦者ですね!

カタログにも多数掲載されました。

結果は以下の通り・・・

  • ブラザートム(ジャッジ):山本 琉愛
  • 竹中夏海さん:山本 琉愛
  • 宇野常寛さん:山本 琉愛
  • マーティ・フリードマンさん:山本 琉愛

山本 琉愛さんのパーフェクト勝利でした。

暫定メンバーまとめ!

現時点では暫定メンバーをまとめます!

立ち位置①篠原 望

立ち位置②水野 舞菜

立ち位置③田中 佑奈

立ち位置④篠田 萌

立ち位置⑤佐佐木 一心

立ち位置⑥山本 琉愛

立ち位置⑦町田 穂花

立ち位置⑧延命 杏咲実

立ち位置⑨上水口 姫香

立ち位置⑩畑 美紗起

立ち位置⑪下間 花梨

立ち位置⑫栗田 麻央

となります。

立ち位置⑥の山本 琉愛さんが暫定メンバーの座を守り抜きました!!

最後に

山本 琉愛さんは、今回3連勝です。

しかも過去2回も全て審査員全員の票を獲得するなどパーフェクト勝利!

今回もまたパーフェクト勝利です!

山本 琉愛さん本当に強すぎますね!

次、山本 琉愛さんにチャレンジする勇気のある人はもういないかも知れません!

それでは最後までお読みいただき有難うございました!

スポンサード リンク

 

 

関連記事