明治学院大学の2018年の学部別偏差値は?経済や文学部の評判も紹介!

さて、明治学院大学ってご存知ですか?

名前からして明治にできた大学?明治大学と関係ある?

と思う人もいるかも知れません。

明治学院大学の歴史は長いです。

創立は、1863年(文久3年)に開設された英学塾が母体です。

大学の設置は、1949年で、昭和24年で文系の私立大学です。

ちなみに明治大学と明治学院大学は名前に明治と付きますが、同じ系列の大学でも無く、全く別の大学です。

明治大学の方が偏差値的には上です。

しかし、明治学院大学は、女子学生も多くお洒落な人が多いというのも特徴で、

偏差値のみで判断するのはちょっと勿体ないかも知れません。

また明治学院大学は、外国人教員が多いのも特徴で、英語を勉強する環境は整っています。

ユナイテッドアローズの創業者がこの明治学院大学ということもあり、

芸能人が多く卒業している事からも、年々この大学がブランド化してきていて、偏差値を上げているようで、

GMARCHにも迫る勢いであるというのが今の明治学院大学です。

逆にGMARCHに入れる人でも明治学院大学に魅力があり入学する人もいる位です。

そんな明治学院大学の偏差値などをリサーチしたいと思います。

他の大学の偏差値はこちら

【関東・関西別】2018年の大学偏差値一覧まとめ

明治学院大学の偏差値

明治学院大学って響きがかっこいいですね!

個人的には好きな大学の一つです。

お洒落なイメージがあり、受験者も多くその人気さが偏差値にも表れています。

2018年各学部の偏差値は、

  • 文学部:57
  • 経済学部: 56
  • 社会学部:57
  • 法学部:55
  • 国際学部:59
  • 心理学部:58

となり、国際学部が一番偏差値が高いです。

英学塾が母体であり、国際性が強い明治学院大学がやはりブランドであり、

偏差値が比較的高目である事がわかりますね。

明治学院大学の偏差値の特徴は、どの学部も偏差値は50後半で、60には届きません。

(学科など細かく見ていけば、60超えもあるようで、そういう意味ではランク的にはGMARCHに一部入っているといっても良いでしょう。)

私立大学の位置づけとしては、中堅大学との位置づけで、GMARCHよりは下、日東駒専よりは上のランクと言えます。

成城大学と成蹊大学、武蔵大学と同程度の偏差値といっても良いでしょう。

ただ学科をより掘り下げていくとそれほど高くは無い学科もありますので、どうしても明治学院大学に行きたい!

と言う人は狙い目の学科を探してみましょう。

どうしても明治学院大学に入りたいならば、過去問から自分が入りやすいそうな学部学科を選択するといった戦略も必要です。

しっかりとした対策をしていないと合格できない大学ですので、

基礎学習と過去問集を徹底的に繰り返して早い段階から対策を練りましょう!

スポンサード リンク

経済や文学部の評判も紹介!

さて明治学院大学と言えば華やかなそして国際性があり、

国際学部が人気がです。

しかし経済や文学部も負けてはいません。

この2つの学部にもついて評判をチェックしてみたいと思います。

経済学部

経済学部もなかなか評判は高いです。

経済学部は、経済学科、経営学科、国際経営学科から成り立ちます。

さすが国際性が高い明治学院大学だけあって、

留学制度も豊富です。

特に、国際系学科は、留学が必須となっているようですので、この点も考えて学科は選びましょう!

文学部

やはり明治学院大学といったら語学系ですね。

英語をはじめ外国語を学び、将来は英語を使った仕事をしたい!

と思っている人ならば文学部でしょう!

文学部には、英文学科、フランス文学科、芸術学科があります。

芸術学科が文学部にあるというのが一つの特徴で、音楽学をはじめ4つのメディアを学ぶことが出きます。

興味がある方は目指してみても面白かも知れません。

また留学制度も整っているため、必然的に語学力が向上すると評判です。

国際学部が注目されやすいですが、他の学部も魅力あふれる学部ばかりです。

偏差値が60以上の人などGMARCHに受かる位のレベルで、明治学院大学を志望している人は、

もう一度自分でどの学部が向いているか考えても良いかも知れませんね。

自分が行きたい大学で入りたい学部が一番大事ですから。

スポンサード リンク

白金と横浜のキャンパス紹介

明治学院大学のキャンパスは、白金キャンパスと横浜キャンパスがあります。

白金はお金持ちも多くお洒落な町で、そんな白金に存在する明治学院大学もまたお洒落な雰囲気が漂っています。

白金キャンパスは、東京都港区白金台というお洒落な所にあります。

白金台駅及び白金高輪駅、高輪台駅から徒歩7分です。

比較的閑静なところにあり、東京のゴチャゴチャしたイメージはあまり、しません。

横浜に関しては、最寄駅は戸塚駅となりますが、徒歩だとかなり歩きます。

運動の為と割り切っても良いのですが、急いでいる場合は交通機関がおすすめです。

(ただし本当に急いでいる場合は、タクシーを利用しましょう。)

バスの場合は、江ノ電バスで7分になります。

徒歩の場合は、35分で山登りをしているような感覚です。

バスなどは混雑する為、余裕を持って行く事をおすすめします。

国際学部は1~4年まで横浜キャンパスに通う事になります。

それ以外の学部は基本的に1~2年が横浜キャンパス、3~4年が白金キャンパスとなります。

学費や奨学金

さて気になる学費です。

入学金は200,000円と一律です。

年間授業料等は、大体105万位~125万の間です。

学費などをなるべく負担を軽くするには奨学金制度があります。

例えば、一部説明しますと、明治学院大学では、「学業優秀賞」として25万円または15万円が給付されます。

他にもいくつかの奨学金がありますので、詳しくはホームページをチェックしてみましょう。

就職先は?

さて気になる明治学院大学の就職先ですが、

都市銀行をはじめ大手が多いのが特徴です。

また社会学部などは公務員も多いです。

国際学部などは英語が生かせる企業に就いています。

心理学部は教員が多いです。

やはり偏差値も高目で真面目な学生も多く、

知名度も高い事から就職先も割と人気企業が多い事も特徴の一つです。

しっかり明治学院大学で4年間勉強すれば、自分のやりたい企業で働ける可能性が高いです。

その為にはしっかりと勉強をしていきましょう。

まとめ

今回は明治学院大学の偏差値を中心に記載しました。

大学の雰囲気を味わうならオープンキャンパスです。

早い時期に行ってみてイメージを膨らませながら勉強をすると、受験勉強もはかどる事でしょう。

せっかく4年間通う大学ですから、後悔しない大学を選びましょう。

スポンサード リンク