MOBOTのレビュー!使用感は?デメリットやメリットも紹介

MOBOTのレビュー

格闘技というハードなスポーツを行っています。

とにかく有酸素から無酸素、様々なトレーニングを行ううえでトレーニング後の身体のケアが翌日の披露回復に繋がります。

スポーツに水分補給は欠かせませんが、トレーニング後のケアもできてしまう、こんな多機能なボトルということで目を引きました。

それに加え私は、ファッションに特にこだわりが強く、どんな状況でも自分の気にいった好きなものをそばに置いておきたい、機能もそうですが、デザインの面で特にこだわり今回の商品を選ぶに至りました

MOBOTのスペック・性能は?

ステンレス製のボトルにEVA樹脂に凹凸を付けた一見かなり個性的な容姿のボトルですが、水筒としての本来の役割プラス表面の凹凸でトレーニング後の疲労した身体の部位に合わせ転がすだけで簡単に筋膜リリースができる機能が備わっています。

「トリガーポイント」という別の商品がありますが、水筒ながらにこの機能を備えているため家やジムでも手軽に身体のケアが可能

また、サイズもレギュラーで1200ml、700ml、530mlの3種類です。

カラーもベーシックなブラックからヴィヴィッドで目を引く配色の明細柄など、自分のより好みや使い方にあったものを選択することができます。

MOBOTの使用感

ストロー部分が通常の状態では格納されていますが、中央のタブを手前に倒すことにより、隠れていたストロー部分が顔をだします

非常にスムーズに給水ができますし、給水後は飲み口をまた格納できるというコンパクトさがとても便利です。

残りの水分が少なくても音が出ない構造になっており静かに飲みきれるというのが更に特徴となります。

私は700mlを使用していますが、ジムバッグに入れてもちょうど良い大きさです。

底が丸くなっており、食器洗浄ようのブラシも底まで入るため常に衛生面に気をつけていられますが、ストロー部分だけは中まで楽には洗えませんので、適宜塩素に浸して消毒することが、特に夏場は必要だとおもいました。

さて、肝心の筋膜リリースの機能ですが設備の良くないジム(例えばストレッチポールや、マシン不足)では自身で水筒として持参し、トレーニング後は手足や背中、腰まわりのケアをボトルでゴリゴリと疲労した筋肉に効かせていく感じです。

MOBOTのデメリットとメリット

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mobot Russiaさん(@mobot_russia)がシェアした投稿

デメリットは、はっきり言ってサイズが700mlでも小さかったことです。

また飲み口が付いているのでコロコロと床に置きふくらはぎや腰などのストレッチをしていても、重心が飲み口側に偏ってしまい、定位位置に戻らず別の方向に向かってしまうので、ボトルの転がりを常に意識してストレッチを行う必要がありました。

また、タンダードなサイズのストレッチポールがあれば、例えば量腿裏のストレッチ、量ふくらはぎのストレッチが同時に行えるところサイズが小さいため片方ずつ、狭い範囲での使用に限られたため、練習後のストレッチに時間がかかり、少し効率が良くないと思います。

やはりそもそもはボトルであり、アイデアは素晴らしいのですが、あくまでも簡易的なものであり本格的なエクササイズ後のクールダウンや身体ケアに使用するには物足りないと感じました。

ただ、こちらの商品を使用していると圧倒的に目立ちます。

最新のギアを所持しているという優越感もありますし、会話にも発展する場合も多くメリットを周りの人に進めることで話題が広がります。

MOBOTの最大の特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mobot Russiaさん(@mobot_russia)がシェアした投稿

とにかく目立つビジュアル!

そしてなんと行っても筋膜リリースが手軽に気軽に行える所です。

難しい技術も必要ありませんし、その日疲れたなと思った身体の部位をボトルに載せてコロコロと動かすだけでちょうど痛気持ちいい部分を刺激してくれますので、翌日の筋肉疲労の軽減に特に役立ちます。

運動後ではなくてもオフィスに持参する水筒としても優れていると思います。

デスクワーク等で凝り固まった背筋、や首周り腰回りにコロコロと使用するだけでリフレッシュできますし、特に女性に多いストレートネックや反り腰、巻き肩の防止にも役立ち姿勢の改善も可能です。

もちろん休憩時に飲める好きなドリンクを入れればモチベーションもアップもすることでしょう。

(但し、乳製品や炭酸飲料はNGです)

MOBOTを購入した理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

4Timeさん(@4timeaustralia)がシェアした投稿

一言でビジュアルです。

また、自身が購入したものはアパレルブランドとのコラボ商品でレアなものでしたので週何回もジムに通っているところ。

(revarsal」というアパレルブランドとのコラボ商品なので、「MOBOT」のロゴ裏に「reversal」のロゴが入ったダブルネームの商品になります。)

こだわりの一品を持ち歩く楽しさが一番です。

同時期にスポーツで関節を壊してしまい、整形外科にて理学療法を現在も受け続けているのですが、やはり身体を酷使したあとは然るべきストレッチや筋肉をしっかりほぐすことが今後とも大切だという医学のプロからの言葉からです。

日常生活で癖になっている姿勢、スポーツで酷使する筋肉、本来使えているはずなのに使いづらい癖が付いてしまっているインナーマッスルをほぐしたり、過酷なトレーニングで疲弊し、固着してしまった筋肉をほぐす、この大切さを知り、とにかくどこでも簡単にストレッチ、筋膜をほぐすことが手軽にできる、このアプローチはとても魅力的です。

MOBOTはこんな人におすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MOBOT japanさん(@mobot_japan)がシェアした投稿

姿勢に悩んでいる人、とにかくお仕事が忙しい人、整体に通いたいけれど毎回は金銭的にも辛いと思う方、スポーツは好きだけれど披露の回復がいまいちだと思う人。

美容にかんして興味のあるひと、とにかく疲れた今を生き抜きたい、楽しく過ごしたいという、全ての人にオススメします。

ビジュアルで選ぶだけでももちろんOKですし、毎日のジム通い、通勤時や休憩時がよりハッピーに楽しく過ごせるアイテムとして持っているだけで気持ちがワクワクします。

まとめ

とにかくおしゃれななもの、機能にもこだわりのほしい人、アクティブな生活を楽しむ人に是非一つは持っていて欲しいアイテム。

アクティブに動いたら、身体のケアを忘れずに、次の日も楽しく過ごせますように。

そんな多様性を持った商品です。