QRコード決済が日本で普及しない理由とは?中国との普及率も比較!

QRコード決済をあなたはご存知でしょうか?

2020年のオリンピックに向けて導入しているとかというニュースがあります。

その理由としては、外国人観光客・特に中国人をターゲットにQRコード決済の導入を考えているのでが狙いだと思います。

ところで、QRコード決済以外にも世間での決済どんどん進化している様に思えます。

レジが無人のものに変わっていたりして、最初は戸惑いましたが、今では抵抗がなくなりました。

QRコード決済は、中国では、導入していて、かなり定着しているというニュースも見ました。

今回は、日本との中国との普及率なども考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

QRコード決済が日本で普及しない理由とは?

QRコード決済は手間がかかる

QRコード決済って非常に便利なのですが、何故日本では、普及しないのでしょうか?

普及しない理由としては①使いかたが解らない②スマホを開きアプリを起動しなければならない面倒さ

にあるのではないか?と私は考えます。

たまに使っている人をみますが、カードを一枚出すよりかは、スマホを開きアプリを起動して読み取らなければならない面倒さ!

電源が切れていたらどうするの?という疑問が生じます。

クレジットカードに比べてもひと手間かかるといった印象です!

日本ではクレジットカードが普及している背景!

一昔前までクレジットカードも今よりは、全然普及していませんでした。

それが今や買い物はもちろん、光熱費の支払いもクレジットカードでの支払いです。

クレジットカードで支払うことのメリットは何といってもポイントを貰えるということ。

クレジットカードが普及したのはポイントが貰え、現金払いよりお得であること。

ネットショップでは、クレジットカードでの買い物がメジャーである事が理由だと個人的には思います。

クレジットカードって非常に便利です。

現金を持ち歩かなくて良いということ。

海外で買い物をするとクレジットカードの有難さが非常に分かります!

個人的には、クレジットカードが世間的に浸透する前って、なんだか借金をするというイメージがどこかにあり、あまり持ちたいと思いませんでした。

しかし、今やクレジットカードは生活に必要不可欠です。

クレジットカードが普及している社会の中にQRコード決済がどう浸透するかです。

QRコード決済もメリットが一杯!

一方QRコード決済ももちろん、便利でメリットが一杯です。

現金での支払いが普通な中、スマホなどで決済したり、カードでの決済も進んでいる中、QRコードだけをかざすというのも思いつかない発想です。

QRコード決済のデメリットは使いやすさの問題?

しかし、QRコード決済にはメリットがある一方で不安な要素もあります。

まず、使いやすさの問題です。

いちいちスマホを開いてアプリを起動してQRを読み取らなければならないという面倒さです。

クレジットカードの場合は、カードを取り出せばすぐに決済が出来る点です。

また、どうしてもセキュリティの問題を考えると不安は残るのかも知れません。

世間に認知されるまでには、時間もかかりますし、普及するまでは、結構大変ではないでしょうか。

 

他にもQRコードが普及しない理由としては、クレジットカードという便利なものが世間に浸透しているので、クレジットカードより圧倒的に便利であると社会が認めない限り、爆発的に普及していくのは難しいかも知れません。

オリンピックに向けてQRコード決済が普及する!?

ただ、オリンピックの一大開催国になったからには、QRコード決済という新しさも重要な要素ではないでしょうか。

様々な会社などとタイプアップして、分かりやすくアピールをしていくと、QRコード決済も徐々に浸透していくのかも知れません!

特に中国人をはじめ外国人をターゲットにしていけば、QRコード決済の普及の可能性も広がるかも知れませんね!

中国との普及率も比較!

日本の普及率の低さ

日本での普及率はキャッシュレスがわずか20%程度にとどまっています。

その理由としては現金への信頼が強いこともあります。

いまだに小さな商店は現金での支払いしか出来ないところもありますし、現金を持ち歩く安心感もあります。

QRコード決済の普及率は圧倒的に中国が高い!

QRコード決済の普及はどうなのでしょうか?

実は圧倒的に中国の普及率が高いです。

QR決済の普及率を比較すると・・・

日本は6%

中国は98.3%

と中国はかなり高い高い普及率を数字を叩き出しています。

中国が普及した背景とは現金の信頼度が低い社会的背景

中国は現金の信頼度が低いという社会的な背景があり、普及したという背景があります。

日本のように現金が信頼度が高い背景を考えると日本が現金で支払いをしているケースが非常に多いです。

日本で普及率を上げるには手数料の問題!?

QRコード決済は、導入までのハードルも低く専用端末を購入しても4万円程度と非常に安価です。

またタブレットを端末として用いることもできます。

ハード面では壁は低いのですが、問題は手数料等でしょう!

小さい商店はクレジットカードも手数料がかかる事から敬遠するところもあります。

こういった手数料を低くすれば、QRコード決済は便利なので、普及するかもしれません!

ただLINE Payは、期限付きですが、決済手数料も無料・月額固定費も0円になっていて、かなりハードルは低くなっています。

こういった背景からも今がチャンスであるのかも知れません。

例えば外国人がたくさん来る観光地では、QRコード決済が出来るように自治体などの行政が積極的に支援や働きかけていくとうのも良いかもしれません!

観光地の入場料や駐車場代、お土産代がすべてQRコード決済でできれば、売上UPの期待もできるかも知れませんね!

まとめ

QRコード決済は非常に新しい決済方法です。

世間的にはまだまだこれから!ですが、

導入までのハードルは非常に低いです。

オリンピックに向けて是非、導入していってほしいと思いました。

スポンサーリンク