柿木蓮のプロフィールや出身中学!ポジションは?魅力や評価も解説!

日本ハムの柿木蓮投手は、大阪桐蔭高校2年生の時、夏の全国高校野球3回戦の仙台育英戦の最終回に彼は投げていました。

1点差の僅差で勝っていたが、僅かなミスを突かれ逆転負けを目の前で味わうことになりました。

その悔しさをバネにして、頼もしい仲間に恵まれて翌年念願の全国制覇を成し遂げた投手です。

スポンサーリンク

柿木蓮のプロフィール!出身中学は?

プロフィール

柿木蓮選手のプロフィールですが、佐賀県出身。

2000年生まれ。

大坂桐蔭時代背番号は2年生の時は11。

3年生の時は1。

同じチームメイトには中日の根尾選手。

ロッテの藤原選手がいました。

かつては対戦相手であった金足農業の吉田投手は現在、同じチームに所属しています。

小学生の頃から野球をしており、中学3年生の時にはMAX143キロのストレートを投げていました。

出身中学は、多久市立中央中学校です。

高校時代ではケガにも悩まされ、根尾に投手を譲って2軍生活も経験しています。

西谷監督は本来の柿木の姿で甲子園で投げてもらう為、あえてそうしたと語られています。

スポンサーリンク

柿木蓮のプレースタイル

相手の膝元にズバッと投げ込む渾身のストレートが魅力です。

顔にはあまり表情は出ないが強気のピッチングで相手をねじ伏せるタイプです。

多少打ち込まれても全く動じないです。

点を取られれば自分で取り返すほどの強い心を持っています。

強気で押し込むタイプであるが、決して一人相撲はしないです。

チームプレー(連携)も意識しており、大阪桐蔭時代はキャプテンの根尾選手を盛り上げ、チームを優勝する為には自分やチームメイトが何をすべきが積極的に提案や意見などを求める姿もあったといいます。

バッティングでも高い打率を誇っており、ここぞの場面では見事に打点を挙げています。

個人的にはバッティングができるセントラルでの活躍が見たかったのですが、投手に専念できるパシフィックで投手としての土台を築きあげることを考えれば投手を育てることが上手な日本ハムに所属できたことは柿木蓮選手にとっては間違いなくプラスになった事でしょう。

柿木蓮選手の魅力をいち早く気付いた日本ハムのスカウトの方は先見の目があると確信しています。

柿木蓮のポジションは?

学生時代から投手として活躍されています。

プロになった今でも投手として登録されています。

当然ながら肩が強いので、大阪桐蔭時代は根尾選手が投手の時は外野を守っていた時があります。

どこのポジションでもいけそうであるが、やはり投手としての印象が強いです。

内野手でのプレーは見たことはありません。

肩が強く強打者のイメージがあるので、大谷選手の様に二刀流になれる素質は十分にあります。

投げてヨシ。打ってヨシ、走ってヨシ。かなりバランスが整った選手といえます。

柿木蓮の魅力や評価も解説!

何よりも強い精神力でピンチでも顔色一つ変えないです。

球速以上に伸びやキレのある球を帽子を飛ばしながらキャッチャーミットに投げ込む姿は男の私が見ても非常にカッコいいです。

ストレートを投げ込むイメージが強いがキレのある変化球(特にスライダー)も投げることができるピッチャーです。

スタミナも抜群で安定したピッチングができる為、間違いなく先発投手としてローテーション入りできる可能性が高いです。

プロ野球では特にセットポジションからの投球には細かいルールがあります。

これが対応できなくて投手から野手に転向した選手もいますが、柿木蓮選手は負けん気が強く、練習熱心な努力家でもあるので、プロ野球に対応できた更に強くなったところを見せてくれると確信しています。

1軍のマウンドで相手打者から次々に三振を奪い、雄たけび上げる姿が簡単にイメージできます。

ポーカーフェイスでありながら、内に秘めたる思いはかなり熱いです。

現在は2軍でプレーされており、吉田選手がプロ初勝利を挙げるなどで注目が吉田選手にいっている為、現時点での柿木蓮選手の身に付けているアイテムなどは中々確認するのが難しいです。

ですが、日本ハムでの背番号は37。

彼のグッズも少なからず販売はされています。

まとめ

現時点ではまだ1軍登録されていないが、吉田に続き間違いなく将来的には日本ハムの投手の柱になる存在です。

大坂桐蔭西谷監督も絶大な信頼をおいていた選手だけに彼が札幌ドームのマウンドに立てる日はそう遠くないでしょう。

スポンサーリンク