相模湖イルミネーションの場所や混雑状況は?駐車場やクーポンもチェック!

この時期になると空気も澄んできて、

肌寒い夜空にキラキラと美しく輝きを放つイルミネーションイベントを開催する施設が増えてきます。

ここ数年で冬にイルミネーションを開催する商業施設や娯楽施設や都心のビル等が急増しましたよね。

その中でも急成長を遂げているさがみ湖イルミリオンを取り上げてみたいと思います。

スポンサード リンク

相模湖イルミネーションの場所

ここ数年でイルミネーションの規模を拡大し来客数も何倍にも増えた「さがみ湖イルミリオン」は、

どこに行けば楽しむ事が出来るでしょうか。

さがみ湖というだけあり、

相模湖のほとりに位置する「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」内にてこのイルミネーションを楽しむ事が出来ます。

ここはかつて相模湖ピクニックランドという名前の娯楽施設だった所です。

その当時は目玉の施設もそれほどなく来客数はそれほど多くなかったように思います。

今はこの関東でも屈指の規模を誇るイルミリオンという名のイルミネーションが名物となり、

イルミネーションランキングでも全国16位、神奈川県では1位という輝かしいランクが付いています。

規模は関東では最大級で、煌びやかなおとぎの国の様なイルミネーションを彩る為に、

何と600万球という膨大な数の電球を使用しています。

場所は神奈川県相模原市の相模湖のほとりに位置しています。

住所は、神奈川県相模原市緑区若柳1634です。

都心からは車で約1時間程度で到着する事が出来ます。

車でのアクセス方法

詳細は、公式ホームページに譲りたいと思いますが、車で行く際には、

ほとんどのかたが、カーナビを使うと思います。

出来れば、「電話番号」で入力して検索する事がおすすめです。

※実は、相模原市はいくつかの町村が合併して市を形成した経緯がありますので、住所の変更もあるそうです。
電場番号なら正しい位置を示すことが出来ます。

東京埼玉方面から高速を利用すると、中央自動車道の相模湖東出口から約8分となります。

横浜方面からですと、圏央道相模原ICから約15分となります。

電車・バスでのアクセス

横浜線や京王相模原線の橋本駅からは、

バスを乗り継がなければならないので不便です。

JR中央本線の相模湖駅からならバス1本で行けますが、

バスの待ち時間を考えると相模湖駅から車で7分位なのでタクシーで行った方が無難かも知れません。

という事で、首都圏、都心からは車だと高速使えばアクセスは割と良い方だと思いますし、

交通機関を利用するならばJR中央本線の相模湖駅からタクシーが無難でしょう。

日帰りでも十分楽しめる距離なので1度はゴージャスで夢の世界の様な美しいイルミネーションの世界を
体感しに足を運んでみてはいかがでしょうか!

スポンサード リンク

2018年の相模湖イルミネーションの混雑状況は?

ここ数年で「さがみ湖イルミリオン」は、

膨大な数の電球を使ったとてもカラフルなキラキラのイルミネーションが話題となり、

客足が伸び続けています。

このイルミリオンはかなりの長丁場の日程で開催されています。

期間は11月から4月上旬までです。

その時期によってテーマが少しずつ変わっていく為に、

この期間中にいつ行っても何度行っても飽きる事がありません。

見どころがたくさんあり、

クリスマスやバレンタイン時期はそれぞれのモチーフのスペシャルなイルミネーションも登場します。

長丁場とはいえ、都心から近い事もあり、大体、いつ行っても割と混んでいます。

他のレジャー施設同様に勿論、週末は混雑します。

構内は広い為、混んでいるとは言ってもぎゅうぎゅう詰めという訳ではありません。

ただし、自家用車で行かれる方は注意が必要です。

車の渋滞にハマる可能性がありますので、

その辺りの対策と心構えをお忘れなくお願いします。

夜なら空いてるでしょ・・というあなた!

夜にイルミネーションだけを観ようと思っている方はいっぱいいらっしゃいます。

特にイルミえーションの時期は、夜の渋滞も考えられますので、その事を踏まえて計画を立てて下さい。

近そうだから午後ゆっくり行けばいいやという考えは決して持たないで下さい。。

渋滞をかわしても、次に駐車場を待つ事になります。

夕方からのイルミネーションを見ようとして、ぎりぎりに出かけたりすると、

渋滞と駐車場待ちのダブルパンチで時間の無駄遣いをしてしまう可能性があります。

クリスマスやバレンタインの時期は特に混雑します。

そして、週末や祝日前後も注意が必要です。

中央高速道路の出口、そしてさがみ湖イルミリオンまでの国道20号線は渋滞する事が多々あります。

現地にやっとたどり着いたとしても、

稀に繁忙期の間などには入場規制がかかってしまい入れない事もあるようです。

可能な方は公共の交通機関を利用した方が確実かもしれません。

相模湖イルミネーションの駐車場は?

さがみ湖イルミリオンの公式ホームページに注意書きが詳しく記載されています。

12月の週末とクリスマス期間である12/21(月)~12/25(金)はかなりの大混雑が予想されているそうです!!

周辺の道路が渋滞してしまいそうな場合は、

たいてい臨時駐車場が開放されます。

しかし、この臨時駐車場が満車になってしまった場合は、

残念ながら入場規制がかかり駐車場が空くまでは待ち状態になります。

これでは、渋滞に巻き込まれた挙句に駐車場待ちで時間がかかり、

肝心のイルミネーションは少ししか見れなかった!

というお粗末な展開になる可能性も出て来てしまいます。

ありきたりの対応策になりますが、

出来る限りは公共の乗り物を利用された方がいいかもしれないですよ。

ちなみに混雑時の臨時駐車場は、最大で5カ所あります。

さがみ湖プレジャーフォレストを取り囲む様に点在して用意されますが、

周りを取り囲んでそれぞれの臨時駐車場がある為に一見してどの駐車場に停めたのかが
解かりづらくなっています。

臨時駐車場にお停めの際は、ご自身でどこの臨時駐車場にとめたのかをしっかりと把握しておく必要があります。

イルミネーションを楽しんだ後に、自分の車をどこに駐車したのかわからなくなり、

迷い歩く羽目になる可能性があります。

くれぐれもご注意下さい。

臨時駐車場の情報は、さがみ湖イルミリオンのホームページに載っています。

臨時駐車場5カ所が同時に開く事は無いようです。

相模湖イルミネーションのクーポンをチェック!

さて、せっかくさがみ湖プレジャーフォレスト行くなら少しでも安く済ませたいのが信条です。

こちらはお得なクーポン情報です。

公式ホームページにクーポンのページがありました。

入園料のみの場合は、大人1名を例にすると

通常料金:大人1名(中学生以上)1,700円→割引で1,600円となります。

一人だけだとたかが100円かもしれませんが、家族で出かける場合は、とても助かります。

ホームページに載っているクーポンは印刷をしなければなりませんが、

スマホ用のQRコードが載っていますので、そちらを利用した方が便利かと思います。

またメルマガ会員になれば、更にお徳との事です。

活用してみるのも良いでしょう!

まとめ

都心から1時間程度の場所に自然と調和した光輝くきらびやかなイルミネーションの名所があるならば、

ぜひ1度は訪れてみたいですよね。

関東最大級というだけあり、期待感も高まります。

2017年から2018年のテーマは光の中で遊べる体験型イルミネーションだそうです♪

「さがみ湖イルミリオン」は、地形を生かしてLED電球で飾り付けられています。

斜面に沿った形で光をまとったデザインのイルミネーションが所狭しと飾り付けられている為、

遠くから見ても立体的に見えて、様々な角度からイルミネーションを楽しむ事が出来ます。

最大の魅力は、ただイルミネーションを見るだけではなく、

イルミネーションの中を色々なライドに乗ってイルミネーションの中に迷い込んだ気分になれるところです。

とても幻想的な気分に浸る事が出来ます。

1~2時間程度では時間は足りないと思いますので、

早めに現地に行かれる事をお勧め致します。

スポンサード リンク