スノボのヘルメットはダサい!?必要性や海外の現状を紹介

スノボ

今回は、ヘルメットの説明をしたいと思います。

ヘルメットといっても、ヘルメット全般ではなくスノーボードのヘルメットです!

ウインタースポーツの代名詞であるスノーボードは、その華麗で楽しそうなイメージとは裏腹に、意外と危険の多いスポーツです。

 

そんな危険から頭部を守ってくれるのがヘルメットですが、髪が潰れたりデザインがイマイチだったりとあまり積極的につけたいとは思わないですよね。

今回はそんなスノボ用のヘルメットの必要性や、日本のヘルメットと海外のヘルメットの違いなどを紹介していきます。

これから始まる冬に、スノーボードにチャレンジしたいと考えている方は必見です!

スポンサーリンク

スノボのヘルメットはダサい!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuya Fukudaさん(@tetsu_013)がシェアした投稿

始めに、スノボのヘルメットはダサいのかについて解説していきます。

結論から言うと、スノボのヘルメットをダサいと考えているのは日本人だけです。

スノボ用ヘルメットのフォルムを見ると、日本人はダサいと感じてしまいがちですが、海外ではそのような感覚は一切ありません。

 

そもそも、スノボ用ヘルメットはおしゃれアイテムではなく安全を守るためのアイテムです。

海外ではリスクヘッジをしないで見た目ばかり気にしているような人間の方がよっぽどダサいと思われます。

スノボ用のヘルメットはつけていてもダサくないので、必ず身につけましょう。

スポンサーリンク

スノボのヘルメットの必要性

ここからはスノボのヘルメットの必要性について解説していきます。

スノーボードというのは自分のミスによる転倒だけでなく、他者との接触、固い氷部分への激突など、様々な面で危険の多いスポーツですので、危険をケアするためのアイテムの着用は必須です。

全国スキー安全対策協議会の報告によると、2017年のスキーやスノボの事故による死者や行方不明者はわずか1月で全国のスキー場で15人に上ったとのことです。

これほど事故の多いスポーツですので、言わずもがなですが、人間の急所である頭部を守るためのヘルメットは必須と言えます。

 

全国スキー安全対策協議会が発表した2017年の「スキー場傷害報告書」によると、ゲレンデでの負傷した時のヘルメットの着用率はスノボが16.4%、スキーが36.1%になりました。

この結果からヘルメットをつけていないことで、スポーツ中に怪我をしてしまう確率が高くなることがわかります。

頭部を損傷すると脳に影響が出る確率が高く、体の他の部位を損傷する場合よりも後遺症が出る確率が高く、最悪の場合死に至るケースも少なくありません。

つまり、スノーボードにおけるヘルメットの必要性は非常に高いことがわかります。

スノボのヘルメットの海外の現状を紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

isiさん(@isi_nao)がシェアした投稿

ここからはスノボのヘルメットの海外の現状を日本と比較しながら紹介します。

まずは、ヘルメットの着用の義務付けについてです。

カナダでは、ヘルメットの着用を義務付けているスキー場自体は277ヶ所あるうち、2ヶ所しかありませんが、カナダ・スキー協議会の調査によると、スキーやスノボをしている際にヘルメットを着用していた人数は全体の87%に上ったという調査結果があります。

これはカナダのほとんどのスキー学校が18歳以下の子供にヘルメットの着用を義務付けていたことが要因となっています。

一方日本は、前述の通りヘルメット着用率が非常に低く、その結果怪我をしている人が少なくありません。

 

続いて、ヘルメットの普及率です。

海外では、スノーボードのプロの試合などが冬になるとよく放送されていることもあり、日本よりもスノーボード自体が広く普及しています。

プロの試合などを見る機会が多いため、プロの選手がヘルメットを着用していると、それだけ影響を受けてヘルメットをつける人が増えます。

需要が増えると供給が増え、それだけヘルメット自体の価格が下がり良い品物が増えます。

そのため海外ではスノーボード用のヘルメットは、とてもポピュラーなものとなっています。

一方日本では、近年では人気が上がってきていますが、まだまだ海外ほどスノボの人気はありません。

プロの試合を見る機会も非常に少ないです。

そのため、スノボのヘルメットを扱っている会社も海外ほど多くなく、価格も高いものとなっています。

 

これが海外と日本のヘルメットの現状の差を生んでいます。

日本でも、スノーボードのプロの試合などが頻繁に放映されるようになれば、この現状は変わっていくかもしれませんね。

最後に

今回はスノーボードのヘルメットについての解説記事となりました。

日本人はダサいと思いがちなスノボ用ヘルメットですが、海外のスノーボーダーたちは当然のように使用しています。

見た目を気にしてヘルメットをつけないで滑っていると、いざ事故やトラブルに巻き込まれた時に、頭部に非常に大きな怪我をしてしまう可能性がとても高くなります。

そもそも、ヘルメットをそのゲレンデにいる人みんながつけていれば、自分がヘルメットをつけているからダサいという感覚もなくなります。

自分の身の安全を確保するために、スノボ用ヘルメットは必ず身につけましょう!

これからスノーボードを始めようと思っている方は、必ずヘルメットを購入してください。

スポンサーリンク