和歌山城の桜の開花時期や見頃は?駐車場や屋台もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

和歌山県民に愛される和歌山城。

桜の季節には和歌山城公園に、お花見に行きたい!

という人も多いのでは無いでしょうか?

和歌山城を中心に、動物園や紀州徳川家のお殿様が風靡をたのしまれた西の丸公園内に復元された、由緒ある茶室紅松庵、があります。

景色も良く、子どから年配の方まで楽しめると思います。

スポンサード リンク

 

和歌山城公園の開花時期や見頃は?

桜の見頃は、3月下旬から4月の上旬です。

さくらは600本ありますので開花しているのもあれば、つぼみのさくらもあると思います。

そのため、この季節であればいつでも場所によっては見頃なところはあると思います。

昨年行ったときは、少し早かったので、まだ開花していないかな、と思ったんですが十分見頃のさくらもたくさんありました。

陽当りやさくらの種類によっても開花の時期は違うので、いつでもたのしめると思います。

3年くらいまえの時は、満開で見頃だろう、と思っていたんですが、もう散り始めていて少しおそかったと思いました。

でも、場所によっては満開のさくらもあり、十分楽しめました。

さくらの満開の時期は短いので、あまり満開にこだわらずにいってみるのが良い気がします。

和歌山城公園の駐車場や屋台について

和歌山城公園には、駐車場が完備されており、58台くらい駐車できます。

桜祭りの当日以外であれば、特に駐車場に困ることはないと思います。

電車やバスでこられたりする方が多いような気がします。

そして、屋台もたくさん出ています。

夜、ゴザを引いて宴会しているかたもたくさんおられます。

持ち込みのお酒や食べ物が無くなっても、たくさんの屋台でいろんなものが売られているので安心です。

こどもたちの喜ぶものもいろいろあり、みんなが楽しめます。

和歌山城公園は基本無料です。

お城の天守閣に入るのには、大人が410円、子供が200円必要です。

天守閣に登ると、ながめが良いのはもちろん、当時のお殿様の暮らしぶりが見られて、すごく勉強にもなるのでおこさまにもおすすめです。

和歌山歴史館、という建物もあり、すごく興味深い様子が見られます。

地元に住んでいても知らないことばかりだな、と感じていろいろ勉強にもなります。

多くの方に来てほしい、と思います。

和歌山城公園の場所はどこ?

場所は、和歌山市1番丁

JR和歌山駅からバスで公園前下車すぐ、何回市駅からバスで公園前下車すぐ、車でお越しの方は、和歌山インターから約20分です。

駐車場は、約58台用意されています。

公衆トイレも完備しています。

スポンサード リンク

和歌山城公園の桜の混雑状況は?

毎年、桜まつりが4月の上旬に開催されています。

その日は、すごい人出で混雑しますが、平日や少し満開の時期をさけるとゆっくりできます。

ここの桜はソメイヨシノを中心に約600本あります。

そのため、すごく広い場所に咲いているので咲き掛けの桜や満開になっているさくらが見られます。

できるだけ桜祭りの日をさけていけば、混雑状況もだいぶん緩和されて家族で行くのにはお勧めです。

無料の動物園もありますので、お子様も退屈せずに過ごせると思います。

和歌山城公園の桜の場所取りについて

和歌山城公園では、場所取りはいろんなところでできます。

もちろん満開のさくらの下は1番人気があります。

入口より少し歩いて上のほうへいくと広いところはたくさんあります。

空くし上の方から桜を眺めながらおはなみをするのがおすすめです。

その場合は、場所取りに苦労することはないと思います。

うえのほうで場所をとると子供たちが少しくらい走り回っても、周りに迷惑掛けることもなく、のーんびり過ごすことができます。

近くには、茶室もあり、とても優雅な気分になれます。

本格的な点出しも楽しめて感動しますよ~!

茶道の心得がなくても、心得のある職員さんが常駐してくれているので、十分楽しめると思います。

まとめ

和歌山城公園の桜は、こどもから年配の方まで、いろんな方が楽しめるところです。

満開の時ばかりでなく、3分咲きくらいから十分たのしめると思います。

他にもいろんなおいしいたべものもあるので、ぜひ来てほしいと思います。

スポンサード リンク