青春18切符を使ったお得な乗り方とは?最安値の他の移動手段も紹介

青春18切符を使ったお得な乗り方
スポンサーリンク

青春18切符は、JR線の普通車・快速列車が1日乗り放題になる切符です。

この青春18切符を使ったお得な乗り方や、他の移動手段も紹介していきます。

青春18切符を使った特急は止めた方が良い!

青春18切符は普通車と快速列車にしか乗車出来ず、特例路線範囲を除いた特急、新幹線には特急券を買っても青春18切符では乗車することが出来ません

こっそり特急に乗り、改札で何食わぬ顔をして通り抜けようとしても、自動改札機は通れず、有人改札しか通れないのです。

 

そして、青春18切符の使用期間は春季、夏季、冬季となっており、その期間中のチェックは厳しくなると予想され、発覚してしまう可能性も高くなるでしょう。

発覚した場合、乗った駅からの乗車券と特急券の金額を請求されます。

あまりに酷い場合は警察を呼ばれる事態になりかねません。

 

ですので、青春18切符での特急利用は「いけるかも」などと思わず、乗れる範囲での乗車としてください。

青春18切符で特急はばれます。こちらの記事も参考にして下さい。

18切符で特急はばれない!?自由席や追加料金のケースも検証!

2019.06.29

ちなみに、特例路線範囲とは、以下の通りとなります。

この4区間であれば、青春18切符での特急利用が可能です。

  • 石勝線の新夕張~新得間のみ乗る場合
  • 奥羽線の新青森~青森間のみ乗る場合
  • 早岐~佐世保間
  • 宮崎~宮崎空港間

ただし、石勝線と奥羽線に関しては、上記エリア外から特急で乗り越した場合、青春18切符は無効となり、乗車駅からの乗車券も合わせて購入する必要があります。

参照URL:JR東海公式ホームページより

青春18切符北海道新幹線オプション券

北海道新幹線

青春18切符北海道新幹線オプション券を別途購入することで、

  • 北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間
  • 道南いさりび鉄道線の木古内~五稜郭間

を片道1回ずつ利用出来ます。

値段は2,300円(おとな・こども同額)

参照URL:JR東海公式ホームページより

となります。

このように青春18切符が必ずしも特急は禁止されているわけではありませんので、例外をしっかりと把握しましょう。

スポンサーリンク

青春18切符を使ったお得な乗り方とは?

青春18切符を使ってお得で快適な乗り方をすることが出来ます。

グリーン車の活用方法

グリーン車

一つは普通列車のグリーン券です。

青春18切符を使った旅って、普通列車の椅子を座り続けているとだんだんと負担になってきませんか?

そこで、おすすめしたいのが、グリーン車です。

青春18切符に加え「普通列車グリーン券」を買えば、グリーン車の乗車が可能です。

料金は以下の通りで、乗車前に購入する事が条件の「事前料金」です。

乗車後に購入する場合は「車内料金」となり、プラス250円となります。

乗車距離 平日料金 ホリデー料金
50キロまで 770円 570円
51キロ以上 980円 780円

ホリデー料金とは土日祝等の料金の事で、料金が値上がりしますので注意が必要です。

参考URL:普通列車グリーン車

少しの料金で快適に過ごせるので、検討してみても良いかも知れません。

 

しかし、青春18切符を併用した「普通列車グリーン券」は自由席のみの為、指定席を購入する事が出来ません。

つまり、奮発して購入したら、稀に自由席が満席で乗れない事がありガッカリする事もあります。

もし乗車後に万が一、満席で座れない場合、グリーン車両に留まらない条件付きで払い戻しが可能となりますので、そこはご安心を!

また、「普通列車グリーン券」は自由席は首都圏の近郊の列車がほとんどのため、地方で乗る事は滅多にありません。

このように、首都圏を長距離乗る場合に普通列車グリーン車の自由席だと、くつろいで旅行が出来るのが特徴ですが、いくつか気を付けなければならない点もあります。

ムーンライトながらでのお得な乗り方

ムーンライトながら

もう一つは「ムーンライトながら」の活用です。

「ムーンライトながら」は東京から大垣(岐阜県)間の夜行快速列車です。

大垣の途中、名古屋まで乗り換えなしで移動出来ます。

さらに大垣から大阪は2時間ほどの乗車時間となり、さら青春18切符を使ってに乗り継げば、普通列車のみで、夜までに九州まで到達することも可能です。

ただ、長時間座っているのも大変ですから、途中の広島などに泊まるというのも良いです。

私は長時間乗るのが苦痛だったので、大阪⇒広島⇒福岡という順で泊まりました。

ムーンライトながらは、快速列車ですが、全車指定で指定券の購入も必要となりますので、忘れず購入してください。

 

更に知っておきたい、ルールがあります。

東京から大垣、大垣から東京の始発は深夜22時~23時ぐらいとなります。

青春切符のルールは以下の通りです。

「乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効」

参照URL:JR東海公式ホームページより

その為、0時を過ぎる前に乗った1日分、0時を過ぎた最初の停車駅で1日分と、合計2日分のスタンプが青春18切符に押されることとなります。

さらにお得に乗るには、0時を過ぎてから青春18切符を使うことです。

青春18切符は5回分で11,850円となっており、1回分は2,370円となります。

東京から大垣行の場合、0時を過ぎてから停車する駅は小田原駅となります。

東京から小田原駅までは1,490円となっていますので、小田原まで普通乗車券で乗車し、小田原から青春18切符で「ムーンライトながら」に乗ると青春18切符の1回分が得するということになります。

 

大垣から東京の場合、0時を過ぎて止まる駅は豊橋駅となります。

大垣から豊橋駅まで乗車券を購入して、同じように0時過ぎに「ムーンライトながら」に乗れば1日分の使用だけとなります。

青春18切符は5回分でしか購入できないため、上記方法だと余ってしまうという場合は東京から大垣、大垣から東京まで「ムーンライトながら」にのり、青春18切符を2日分使うほうが結果的にお得になります。

青春18切符以外の最安値の移動手段も紹介

最安値の移動手段

青春18切符以外の安い移動手段を紹介します。

今回は東京~福岡間で比較してみましょう。

青春18切符(東京~博多間)の場合

2日分利用(4,740円)で時間は約2日間近くとなります。

先程のムーンライトながらを利用すると

東京から小田原駅までは普通乗車券1,490円、指定席520円、青春18切符2,370円=4,380円

高速バス(東京~博多間)の場合

7,500円~20,000円で時間は約14~15時間となります。

仮にオリオンバスですと、8月の最安値は、10,000円でした。

東京を20:20に出発して、博多に12:10頃着予定です。

LCC(東京~博多間)の場合

4,790円~36,990円で時間は約2時間となります。

LCCの場合は荷物制限があり、飛行場からの移動手段も考慮する必要があるので、必ずしも飛行機が一番安いというわけではありません。

目的地と時間などを考慮して選択されることをお勧めします。

ちなみにジェットスター・ジャパンだと、8月の最安値は5,590円、9月の最安値は4,790円でした。

 

青春18切符以外の最安値の移動手段を比較します。

乗り物 値段 時間 途中下車 快適さ
青春18切符 4,380円 約2日間 可能 途中下車も出来るため気分転換できる
高速バス 7,500円~20,000円 約14~15時間 決められたバス停のみ可能 サービスエリアでしか休憩出来ず、窮屈
LCC 4,790円~36,990円 約2時間 不可 時間も早く快適

最安値を探せば、青春18切符利用です。

しかし、LCCは、目的地までの時間が圧倒的に早いので、LCCの最安値で行けば、、LCCの方が良いのでは無いでしょうか?

 

フェリー(新潟~札幌)

実は、住んでいる地域によっては、先ほど紹介した青春18切符よりもフェリーがお得です。

例えば、新潟~小樽までは、期間によっては最安値は6,680円で、時間は12:00発 → 翌日04:30着

となります。

新日本海フェリー公式ホームページより

小樽港の最寄り駅、小樽築港駅~札幌駅は、640円で、40分程で到着できますので、札幌を一日楽しむこともできます。

もし、新潟~札幌へ青春18切符で行くと、函館あたりで一泊しなければならずホテル代がかかりますし、更に奥津軽いまべつ~木古内が指定席2,710円、木古内~五稜郭が私鉄(道南いさりび鉄道)なので960円かかる為、思った以上にお金がかかりますので、注意が必要です。

簡単に金額を説明しておくと

  • 青春18切符二日分 4,740円相当
  • 格安のビジネスホテル代 約7,000円
  • 奥津軽いまべつ~木古内の指定席:2,710円
  • 木古内~五稜郭が私鉄(道南いさりび鉄道)なので960円
  • 合計 約15,000円

フェリーだと約7,000円くらいなので、倍近くかかる計算になります。

フェリー(東京~札幌)

ちなみに東京から札幌での青春18切符のみですと、時間もかかり、おすすめは出来ません。

仮に東京から新潟・秋田経由で行くと青森で一泊しなければならず、

  • 青春18切符二日分:4,740円相当
  • 格安のビジネスホテル代:約7,000円
  • 奥津軽いまべつ~木古内の指定席::2,710円
  • 木古内~五稜郭が私鉄(道南いさりび鉄道):960円
  • 合計:約15,000円

おすすめとしては、フェリーと私鉄を併用した行き方です。

シルバーフェリー
  • 東京~盛岡:青春18切符 2,370円相当
  • 盛岡~八戸:私鉄(いわて銀河鉄道、青い森鉄道)3,040円
  • 八戸~苫小牧:シルバーフェリー 5,000円 (乗船時間は22:00~ 翌日06:00)
  • 苫小牧~札幌:JR 1,450円(18切符を利用しない)

で、約1万5千円位(フェリー乗り場までの交通費を考慮しない)となります。

参考URL:シルバーフェリーより

最後に

青春18切符は名前のイメージとは違い、年齢問わず購入することが可能です。

回数が5回分なので、1回の利用を5人同時まで可能となり、同じ場所からの利用であれば、5人までは1人1日2,370円で在来線乗り放題となります。

1日乗り放題となりますので、目的の駅の途中駅で降りてお土産を見繕うなど、のんびり楽しい旅が出来ます。

 

利用できる期間は限定されていて、春季、夏季、冬季となりますが、上手に利用するとお得に乗れます。

重ね重ねとなりますが、青春18切符での特急・新幹線の利用は出来ません。

もし、間違えてしまうと、さらに乗車券の料金を払うこととなりますので、注意してください。

スポンサーリンク