おでかけ

チェスキークルムロフの観光はつまらない?お土産や買い物も解説

[vkExUnit_ad area=before]

チェスキークルムロフは、チェコの南ボヘミア州に位置していて、街全体が世界遺産に認定されている街です。

街全体が小さいのでつまらないのではないかと思いましたが、意外にも面白い観光名所がたくさんありました。

ぜひ、この記事を読んだ人は1度来てください。

スポンサーリンク




チェスキークルムロフの観光はつまらない!?

チェスキークルムロフは、街全体が小さいのでつまらないのではという声がありますが、それはおそらく冬に行ったからではと思われます。

チェスキークルムロフは、冬に行くと街は閑散としていて、ほとんどのお店が閉まっています。

そのため、冬のチェスキークルムロフは観光客が少ないので、シーズンオフと言われています。

ですが、冬に行っても楽しめるスポットはあります。

冬のチェスキークルムロフのオススメは、夜のライトアップです。

冬の時期は、チェスキークルムロフを代表する観光スポットであるチェスキークルムロフ城や塔は閉園していますが、雪化粧したチェスキークルムロフ城を外から見ることができます。

冬の夜は寒いので見に行くときには、しっかり防寒して出掛けましょう。

さらに、もう1つ冬にオススメしたいのはスヴォルノスティ広場です。

広場にあるペスト記念塔は、塔の上に立っているマリア像の周囲を4人の聖人が囲んでいる姿、雪が降った冬の日になると神秘的な光景です。

また、冬になるとほとんどのお店が閉まっていますが、一部営業しているレストランがあるので温かい食事や地ビールを楽しむのもオススメです。

スポンサーリンク



チェスキークルムロフの観光は面白い!その理由とは!?

チェスキークルムロフの魅力は、何といってもかわいらしい街並みです。

絵本の世界に入り込んだと思わせる世界観は、世界遺産にも認定されています。

小さな町の中を歩いてみると、黄色、オレンジ、水色などかわいらしいカラフルな建物が並んでいます。

ぜひ、見渡す限りかわいらしい光景を写真に収めましょう。

チェスキークルムロフに行ったら、ぜひ楽しんでほしい観光スポットをいくつか紹介します。

①チェスキークルムロフ城

チェスキークルムロフのシンボル的存在のお城で、塔の中を見学することもできます。

塔から市街地を見下ろすと、オレンジ色の屋根の建物が広がっています。

さらに、チェコののどかな風景も味わうことができます。

②聖ヴィート教会

スヴォルノスティ広場の近くにある教会で、自由に中に入ることができるので、立ち寄ってみてください。

③ラトラーン通り

ラトラーン通りは、チェスキークルムロフ城の”城下町”にあたるエリアです。

通りは、おとぎ話のような世界観で、中世ヨーロッパ当時の雰囲気が残っています。

通りの途中にある橋の上からは、チェスキークルムロフ城の塔を眺めることができ、緩やかな坂のようになっている石畳の周辺には、レストランやカフェなどがあります。

チェスキークルムロフのお土産について解説

チェスキークルムロフ城やスヴォルノスティ広場など、チェスキークルムロフでの観光を一通り終えて、落ち着いたらお土産を買いましょう。

チェスキークルムロフのお土産屋さんは、全体的に街と同じくお店の中もかわいらしい雰囲気になっているお店が多く見られます。

チェスキークルムロフには一体どんなお土産が売られているのでしょうか?いくつか紹介します。

①ジンジャークッキー

ジンジャークッキーとは、生姜を使ったクッキーで、昔は風邪を予防するために食べられていました。

②マグネット

チェスキークルムロフで売られているマグネットは、他の国とは少し違っていて、ユニークなデザインのものが多いです。

③トゥルデルニーク

トゥルデルニークとは、チェスキークルムロフがあるチェコの名物お菓子で、パン生地を筒状になっている棒に巻いて焼き上げたものです。

現地にあるカフェでは、アイスなどをトッピングしたものが食べることができるので、休憩にもオススメです。

チェスキークルムロフの買い物について解説

チェスキークルムロフがあるチェコは、物価が安くて、雑貨をはじめとしたさまざまな商品がお得な価格で売られています。

街中には、おしゃれな雑貨店が目立ちます。

中でも、木で作られたおもちゃは有名で、お土産として買って行く人が多いそうです。
レトロなお店の中に入ると、子供だけではなく、大人も思わずハマってしまうものがたくさんあります。

木で作られた人形は、一体一体髪型や着ている服が違うので、見ている人を飽きさせません。

人形のほかに、家のインテリアにピッタリな置物を売っているお店もあります。
食器やマグカップ、キーホルダーなどカラフルな商品がたくさんあり、見ているだけで心が癒されます。

中には、食器にチェスキークルムロフの街並みが描かれたものも売られています。

さらに、雑貨だけではなく洋服を扱うお店もあります。

日本では販売されていないのにも関わらず、日本語を使用した「Super dry極度乾燥」というファッションブランドもあります。

まとめ

チェスキークルムロフは、世界遺産に認定されている街ですが、冬になるとほとんどのお店が閉まっているので、閑散としています。

観光客も少ないですが、冬でも楽しめるスポットはあります。

また、建物やお土産などかわいらしいものばかりなので、観光に訪れる人々を飽きさせません。

スポンサーリンク



Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
住宅ローンを払えず自己破産する前に!買い替えを検討してみては?
[vkExUnit_ad area=before]

毎月重くのしかかる住宅ローン・・・。お金が貯まらなく自己破産する夢を見ることもあった私が無料で解決できた対策法を紹介!

夢にまで見た憧れのマイホーム!住宅ローンで苦しめられていた私が、ある方法を使って無料で解決できた方法とは?

毎月、通帳を見てがっかりしていた私がある方法を使って住宅ローンが楽に!無料でできた方法を紹介!

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]