浅間(あさま)山荘の今現在!場所と地図は?アクセス方法もリサーチ!

浅間(あさま)山荘をご存知でしょうか?

昭和に起こったある出来事の舞台になった場所が浅間山荘です。

浅間山荘は、一度は聞いたことがあるかも知れませんね!

場所は、長野県の軽井沢にあります。

軽井沢といえば、別荘地として有名です。

そんな避暑地してイメージが強い別荘地で昔、

日本を揺るがす大変な事が起こっていたなんて!

あなたもびっくりしたのではないでしょうか?

そして、浅間山荘って今尚、現存しているかも気になりますね。

もしかしたら鉄球で壊された後、そのまま残りの部分も、壊れて更地になっているのでは?

と思っていませんか?

今回は、そんな浅間山荘が現在どうなっているか。

そしてついでにカップヌードルとの関係性についてもリサーチしたいと思います。

スポンサード リンク

浅間(あさま)山荘の今現在!

もともと浅間山荘は、河合楽器の保養所でした。

浅間山荘は、現在は使われておらず、浅間山荘に関する案内などの看板などもありません。

現地に行った人の話では、浅間山荘の周りも木が生い茂っていて、

テレビに出ていた頃のイメージとは大分ギャップがあるそうです。

浅間山荘があるレイクニュータウンは、

ゴーストタウン化していて普段は人がいなく、夏場だけ人で賑わう程度だそうです。

現在はレマン湖という湖と庭園だけが整備されているだけで、昔賑わっていたブティック街も廃墟となっています。

バブル期の栄光を物語っているんだとか!

現在の浅間山荘は、中国系の企業が買収され、現存のまま残っています。

その為、実際には使われていないものの管理はしっかりされているようです。

完全に老朽化した跡形も無い!

というイメージでは無さそうですね(笑)

ただ、普段は人が生活している訳では無いので、寂しい雰囲気であることは違い無いかと思われます。

浅間山荘は現在、他人の所有地なので、間違えても人の敷地内に入るのは止めましょう(笑)

少し遠くから見るのが一番良いと思います。

スポンサード リンク

場所と地図は?

浅間山荘は、観光スポット化されていて、結構、人気なんです。

あなたも行きたいと思った一人かも知れませんね。

実際、場所や地図があるかも気になったのではないでしょうか?

浅間山荘の場所は、南軽井沢のレイクニュータウンの中にあります。

その為にはまずは、レイクニュータウン管理事務所に辿り着かなければなりません。

管理事務所に到着までは難なく行けます。

しかし、その後が大変です。

レイクニュータウンといってもかなり広範囲にありますので、

その中の一つの別荘を探すのはかなり至難の業です。

実は地図で調べる人も多いかと思いますが、地図にはその名称は残っていません。

その為、住所で調べて行かなければなりません。

住所は、長野県軽井沢町大字発地字牛道514-181番地

です。

車で行くにしてもあらかじめ、ナビに住所を登録していくしかないかもしれません!

地図などを見ても迷う可能性があり、たどり着けるまでに相当の労力がかかりそうです。

浅間山荘は崖に建っていて、まさに難攻不落の要塞にふさわしいです!

アクセス方法もリサーチ!

目指すのは、レイクニュータウンという別荘が集まっている所です。

レイクニュータウンがある南軽井沢は、最寄駅の軽井沢からは6キロの距離にあります。

軽井沢の中心部から車で10分くらいのところです。

高速を使う場合は碓氷軽井沢ICから軽井沢方面に約10キロの距離にあります。

先程、記載したレマン湖という人口の湖の近くに管理事務所やレイクニュータウンのゲートがあります。

そして、管理事務所から浅間山荘までが非常に大変です。

電車は当たり前ですが、バスなどは通っていませんし、

交通手段とすれば、自動車しかないです。

浅間山荘は、道もかなり入り組んでいるので、注意が必要です。

暗くなる前に戻ってこれるように出発の時間を計算した方が良いです。

さらに言えば、冬は気温がかなり寒くなり道路も凍結してしまうので、おすすめできません。

雪道を走る事にもなりますし、スリップしては危険ですから!

この地域は、携帯電話の電波も届かないところも多く、助けを呼ぶことも出来ません。

相当の僻地ということになりますね。

冬に行く場合は完全に遭難してしまう恐れがあるので、注意しましょう。

カップヌードルとの関係

最後に、カップヌードルと浅間山荘との間の関係について記載したいと思います。

今でこそカップヌードルは、国民的人気の食品で、世界からも愛された商品です。

筆者も小腹が空いた時など良く夜食に食べたものです。

ちなみにカップヌードルは日清食品の商標登録をしているので、他の食品会社が使う事が出来ません。

その為、他の食品会社はカップラーメンという名前で、色々な商品を作っています。

ですからカップヌードルとカップラーメンは明確に違いを理解をしたほうが良いかも知れません!

話はずれましたが、浅間山荘のあの出来事が起こった当時は、ほとんど売れなかったカップヌードルでした。

今の時代を考えるとなかなかイメージが出来ませんね。

実は、当時は、まだカップヌードルが食文化に根付いていなかった為です。

浅間山荘で起こったあの出来事は、時期は2月で-15度前後の寒さでした。

隊員たちに配った弁当なども凍ってしまった程です。

当時、世間を騒がせたテレビの番組の視聴率は90パーセント近くいきました。

そこで配られたのがカップヌードルだそうです。

極寒の地でお湯を入れるだけ美味しく食べれるカップヌードル!

隊員たちにも心も体もホットになった事は間違いありません。

隊員たちが、カップヌードルを美味しそうに食べる姿テレビで話題になりました。

それが宣伝効果となったようです。

そしてカップヌードルがバカ売れしたんだそうです。

こういうきっかけでカップヌードルが売れるとはビックリですね。

世の中何が起こるか解りません!

いかがでしたか?

今回は、浅間山荘の今現在とアクセス方法!

ついでにカップヌードルとの関係について説明しました。

浅間山荘がまだ現存しているなんて驚きましたね!

テレビでも見たとおり建物が倒壊するんじゃないか?

と思われるくらい鉄球で破壊された45年以上前の建物がまだ現存していると思いませんでした!

現在は、中国系の企業に買収されたということですから、いったい何に使うのかも気になりますね!

こちらも疑問に残るところです。

もし、浅間山荘に行きたい場合は、覚悟して行ったほうがいいです。

冬場に行くのはかなり危険な行為ですから、自己責任でお願いします。

スポンサード リンク

関連記事