社会・話題

シチズンのアテッサはダサいの!?購入検討のあなたに魅力を徹底解説

[vkExUnit_ad area=before]

シチズンのアテッサは先進の技術を詰め込んだ時計で、砂漠や海など、あらゆる場所で正確な時を刻みます。

サイズは機能的に使用する上で不便のない大きさで、ゴツすぎず、それでいて小さすぎない感じです。

その表示構成はハイエンドな腕時計としてはごくスタンダードな物となっています。

スタンダードということはありふれているデザインであるとも言え、それを指してダサいという風潮があるのかもしれません。

しかし、日常的に常に身につける物の良さとは最終的には自分自身で決めるものなので、多少のノイズは無視しても構わないものです。

アテッサは使い続けるうちにいずれは自身の一部のような、かけがえのない時計となっていくことでしょう。

スポンサーリンク




シチズンのアテッサはダサいの!?

 

シチズンのアテッサとはスタンダードデザインの時計です。

スタンダードとは普遍的なものであり、そこにダサいという概念は本来無いはずです。

確かに人にはそれぞれの違った趣味趣向という物があり、その違いによってスタンダードをダサいと言う人もいるのでしょう。

しかし、それは基本となるもの、根源といえるデザインや機能性への非難に等しく、その向きで言えば根本的におかしいと言えます。

スタンダードな時計を非難することは、時計という道具そのものをダサいと言っているようなものです。

時計は生活に欠かせない大切な道具であり、人類における永遠のスタンダードであり続ける存在と言えます。

そのスタンダードであるシチズンのアテッサにダサいという概念を考える必要など無いという事です。

購入検討のあなたに魅力を徹底解説


では、ここからはそんなアテッサについて魅力を詳しく説明していきましょう。

アテッサのサイズ感は男性の腕にしっかりフィットするように大きすぎず、小さすぎないものとなっています。

表示面は線のみのモデルと数字入りのモデルがあり、数字入りモデルはアルファベットなどの別の部分も全体的に見やすくなっています。

ビジュアル面と機能面の最大の特徴は右に集中したボタンやリューズ(ヒネリ部分)です。

左右に別れているデザインは操作面ではわかりやすくはあるのですが、物にこすりやすかったり、機能ごとにつまみ方を変えなくてはなりません。

アテッサは右に集中しているので、常につまみ方などを一定的にできます。

時間表示以外には曜日表示や日表示、クロノグラフ(ストップウォッチ機能)、アラーム機能、米国のサマータイム対応、地域表示があります。

充電の残量もアナログデザインを崩すことなく見れるようになっています。

時計内には時間合わせ用のGPSまたは電波機能が搭載されており、それによって世界中のどこに居ても正確な時間を知ることができるようになっています。

また、光さえれば動き続けられるようになっている「エコ・ドライブ」という機能を備えているモデルもあります。

このモデルはシンプルな表示になるかわりに電波機能に対応する機種と、多くの機能がある代わりに電波機能が無い機種に別れます。

ここらへんは太陽光発電の機構と電波による時間調整機能との両立が構造的に難しかったという事なのでしょう。

アテッサのボディは過酷な環境にも耐えられるように、スーパーチタニウムが使用されています。

その対応範囲は広告を見る感じでは宇宙を目指しているようであり、少なくとも地球上ならばほぼどこでも使えるということなのでしょう。

低温環境下でも腕時計は肉体に常に接触していることもあり、その体温によって正常な動きを続けられそうです。

耐久面以外では金属アレルギーの体質の人も使いやすいようになっています。

これはチタンの生体適合性の高さによるもので、その安定的な物性によってアレルギーを最小限に抑えます。

ただし、スーパーチタニウムを使用していてもアレルギーに対応していないモデルもあるために注意が必要です。

対応している機種はサイトにおいて「耐メタルアレルギー」と表記されています。

ビジネスシーンなどに合う腕時計を探している金属アレルギーの方はこちらを選択するようにしましょう。

チタンは加工が難しい金属なのですが、シチズンを含む日本の金属加工を行う企業はチタンの加工に関しては高い技術を持っています。

その優れた技術によってアテッサは、鉄やアルミと同様の美しい仕上がりの腕時計となっています。

なお、チタンはステンレスと比べて40%も軽いという特性があるため、別の金属製腕時計と比べて疲れにくいという特徴もあります。

愛用の有名人が多く、評価されている理由にはこの軽く付けやすいという側面も大きく関係しているのかもしれません。

シチズンの時計は色や各部の細かいパーツのカスタマイズにも対応しているので、デザインに幅を出すこともできるようになっています。

アテッサも外装をガラリとかえて自分好みにできます。

それによって10代〜30代や、そのさらに上の40代や50代にも幅広く使えるデザインにすることが可能です。

まとめ

最初の冒頭での述べた通り、シチズンのアテッサはデザイン的にはスタンダードです。

その用途のほとんどは時間を知ることであり、実際の使用での9.9割がそこでしょう。

アラームやストップウォッチ機能を使う時もおそらく殆どの人がスマホの方の機能を使うと思います。

搭載された機能をほぼ使わないならば小さいバンドの腕時計でも問題はありません。

なら、なぜアテッサが必要なのか。

それはスタンダードゆえの洗練されつくしたカッコよさを求めるがゆえです。

もしもそんな普遍的で洗練された腕時計を求めるのであれば、ぜひアテッサを店で試着してみてください。

そして、それがこれからの自分の一部となることをイメージしてみてください。

そこに自然さを感じるのであれば、きっと自身にとってアテッサが相性のよい腕時計という事なのだと思います。

スポンサーリンク



Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
住宅ローンを払えず自己破産する前に!買い替えを検討してみては?
[vkExUnit_ad area=before]

毎月重くのしかかる住宅ローン・・・。お金が貯まらなく自己破産する夢を見ることもあった私が無料で解決できた対策法を紹介!

夢にまで見た憧れのマイホーム!住宅ローンで苦しめられていた私が、ある方法を使って無料で解決できた方法とは?

毎月、通帳を見てがっかりしていた私がある方法を使って住宅ローンが楽に!無料でできた方法を紹介!

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]