偏差値39の東京の私立と公立の大学は?2018年の最新一覧を紹介!

さて、そろそろ受験シーズンになってきて大学選びに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

今回は偏差値39の東京の私立と公立の大学についてリサーチします。

偏差値から自分の行ける大学を調べてみましょう。

もちろん偏差値が達していなくても、あまり気にする必要ありません。

ただ勉強するまでです。

例えば自分の行きたい大学が他にあり、滑り止めという参考に使っても良いかも知れません。

それでは早速いきましょう。

スポンサード リンク

偏差値39の東京の私立と公立の大学は?

私立大学

さて、まず偏差値39の私立大学について解説したいと思います。

私立大学は現在、ボーダーフリーの大学も沢山あります。

その理由は、少子化が原因としています。

以前はもう少し偏差値が高かった大学が、以前に比べて下がってしまった。

という理由の一つはこれです。

偏差値35~39が通称でランクFと言われていますが、

偏差値39はボーダーフリーとは必ずしも言えないようです。

きちんと勉強しないと落ちてしまう人は少なからずいます。

さて、偏差値39という数字の意味を解りますか?

偏差値39とは上位86%の数字です。

つまり100人の受験生がいたら86位くらいまでに入るという数字です。

偏差値は受験の数値をもとにしたものですので、本番の試験とはまた違ってきます。

あくまで参考としましょう。

詳細の数字は最新の情報が反映していない恐れがありますので、

詳細については各大学のホームページにて確認をお願い致します。

それではさっそくいきましょう。

東京成徳大学応用心理学部

東京成徳大学は、大正15年創設し、平成5年に大学開学しています。

1925年に創設の王子高等女学校が始まりとなっています。

もともとは女子大学ですが、現在は共学です。

大学の場所は、東京都北区にあり、学生数は、1,829人です。

この大学の学部は、人文学部、応用心理学部、子ども学部、経営学部があります。

在学生と、一般の高校生を対象にしている手作り絵本コンクールがあるのですが、

子ども学部が主催をしていてます。

偏差値39とされている学部は、東京成徳大学の応用心理学部です。

応用心理学部には特別支援学校教諭、社会福祉主事、社会福祉士などの学科があります。

応用心理学部の定員は170名です。

入学金は30万円で、年間授業料は108万5千円となります。

応用心理学部では特別支援学校教諭、社会福祉主事、社会福祉士などの資格が取得できまるようです。

もちろん、応用心理学部では、民間就職の実績もあります。

たとえば、鹿島建設、千葉県警察本部、サンリツなどにも就職しています。

東京富士大学経営学部

東京富士大学の場所は、東京都新宿区高田馬場と都心にあります。

東京富士大学は、平成14年に開学していて、学生数は、683人

東京富士大学には、経営学部のみです。この学部が偏差値39です。

定員は220名です。

経営学科やイベントプロデュース学科などがあります。

入学金は、20万円、年間授業料等は、106万5千円となります。

主な就職先は、伊藤園や三越伊勢丹、ヤマト運輸など結構大手が多い事も特徴です。

日本文化大学法学部

日本文化大学の法学部は、東京都八王子市片倉町にあります。

学部が法学部一つしなく学科も法学科ひとつしかありません。

この法学部が偏差値39です。

少人数制のきめ細かい指導が有名で、なんと警察官の合格率日本一という訳ですからかなり驚きですね。

また、自衛隊、市役所からの内定も多い事も特徴です。

公務員を目指しているならば、先行の一つとしてみてはいかがでしょうか?

法学部の入学金は、32万円年間授業料は111万円です。

定員は200名だそうです。

主な民間の就職先は、みずほ銀行、西武鉄道、芝浦プラントなどだそうです。

日本体育大学スポーツ文化学部

日本体育大学は、日本でも多くのスポーツ選手を輩出している大学で有名です。

場所は、東京都世田谷区深沢にあります。

通称は「日体(にったい)」と言われています。

日本体育大学のスポーツ文化学部が偏差値39です。

スポーツ文化学部は新設学部の為まだ詳細ははっきりしていません。

もしかしたらこの偏差値も今後変動する可能性が高いです。

詳細は予備校等の数字を確認しましょう。

立正大学仏教学部

大正13年大学設立された歴史ある大学でです。

東京都品川区大崎にある大学で、学生数は1万人以上で、文系総合大学です。

学部は、文学部、心理学部、法学部、経営学部、経済学部、地球環境科学部、社会福祉学部、仏教学部があります。

学部によっては、偏差値がバラバラですが大体50前後です。

その中で偏差値39が仏教学部です。

仏教学部の中には仏教学科と宗学科の二つがあります。

仏教学部の定員は105名です。

入学金は28万3千円 年間授業料等は96万6千円となります。

仏教学部では、司書・学芸員・社会福祉主事など取得できます。

仏教学部の主な就職先は、日蓮宗各寺院や池上本門寺、日蓮宗宗務院などです。

さすが仏教学部だけあって、寺院の就職先が多い事が解りますね。

公立

次に国公立について解説したいと思います。

東京の国公立に関しては偏差値39の学校はありませんでした。

関東圏の中にもありませんでした。

偏差値40代ですと、

筑波技術大学の保健科学部の44と産業技術学部の43があります。

さらに地方の大学を探せば、偏差値39に近い国公立大学があるかも知れませんね。

ただここで言えるのは、供給過多になっているのは私立大学です。

国公立は未だに人気があります。

しっかり勉強しないといけない事を覚悟しておきましょう。

スポンサード リンク

2018年の東京および関東圏の最新一覧を紹介

さてここでは、東京のみならず2018年の関東圏の偏差値39の大学を紹介したいと思います。

東京からもう少し離れれば、自分の実力に合った大学が見つかるかも知れません。

いつくか紹介したいと思います。

茨城県

茨城キリスト教大学の文学部と生活科学部 茨城県日立市に所在

流通経済大学の流通情報学部 茨城県龍ヶ崎市に所在

埼玉県

西武文理大学のサービス経営学部 埼玉県狭山市に所在

千葉県

江戸川大学のメディアコミュニケ学部 千葉県流山市に所在

聖徳大学の音楽学部 千葉県松戸市岩瀬に所在

千葉経済大学の経済学部 千葉県千葉市稲毛区に所在

了徳寺大学の健康科学部 千葉県浦安市に所在に所在

東京都

東京成徳大学の応用心理学部 東京都北区に所在

東京富士大学の経営学部 東京都新宿区に所在

日本文化大学の法学部 東京都八王子市に所在

日本体育大学のスポーツ文化学部 東京都世田谷区に所在

立正大学の仏教学部 東京都品川区に所在

神奈川県

横浜商科大学の商学部 神奈川県横浜市鶴見区に所在

となります。

東京にこだわらず、家賃の安い郊外といのも狙い目ではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

偏差値39の大学ですと、私立大学では、東京及び関東圏の大学ですと意外に多い事が解りました。

残念ながら、国公立大学はありませんでした。

しかし、偏差値はその時に自分の実力でしかありません。

頑張ればいくらでも上がるものです。

また偏差値は、大学の倍率などによって毎年変わるものです。

より上の大学を目指すなら更なる勉強が必要です。

また、希望している大学ならば、その大学の過去問を徹底しましょう。

傾向と対策をしっかりやっているとそれだけで、ライバルに差をつけることも可能です。

今後の大学受験の参考として頂ければと思います。

スポンサード リンク

関連記事