金星人マイナス(-)2018年の運勢について!男性と女性の性格は?相性もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

一途でポジティブで、人にうらやましがられることも多い金星人マイナスのあなた。

心に秘めていることもあるため、謎めいていると思われることもあるでしょう。

金星人マイナスのあなたは、2018年をどんなふうに過ごすのでしょうか。

スポンサード リンク

2018年の運勢について!

まず、総合的に見て2018年は、一筋縄ではいかないというか、思いどおりにはいかない運気です。

あなたの意図とは違うところで運命がいたずらをし、思わぬ結果にたどりついたりします。

が、それは決して悪いことばかりではありません。

目的地がたまたま休園だったり休館日だったりしても、

隣のおもしろそうな場所に立ち寄ることで新しい発見があったりするでしょう。

大切なのは、出来事を前向きにとらえること。

電車に乗り遅れたら思いきって予定変更するなど、臨機応変に対処すると明るく乗り切れそうです。

仕事においては、ストレスが少なくなり、働くこと自体を有意義に感じられそうです。

人に恵まれて、和気あいあいと過ごせる時間が増えるでしょう。

よいアイデアも新しい目標も、安定した人間関係から生まれます。

ギスギスした環境に疲れていた人も、ふとしたときに救いの手が差し伸べられて、

働きやすいところへ転職・異動できそうです。

職場だけのつきあいに終わらせず、休日や終業後もいっしょに楽しめる友人ができるかもしれません。

よい人に出会えるのはあなた自身の人望でもあるので、自分自身も人の役に立てるように努力しましょう。

堅実な生活を続けていればお金の心配もしなくてよさそうです。

先取り貯金や積立など、貯金することを前提にして手持ちのお金を上手に管理しましょう。

金星人マイナスの方はお金の使い方がきちんとしているので、金欠で人に迷惑をかけることも少ないです。

投資を考えている人は、まずは交際費を増やしてよりよい人間関係を築くことから始めてはいかがでしょうか。

知り合いが増えると知識も増えて、結果的に行動範囲も広がり、よい情報が入ってきやすくなります。

恋愛では、アタックは控えめにしたほうがよさそうです。

相手から自然に興味を持ってもらえるよう、自分を磨く期間にあててください。

パートナーがいる方は、その大切さを実感する出来事がありそうなとき。

感謝の気持ちは恥ずかしがらずに伝えるようにして、よりよい関係を築いていくようにしましょう。

出会いを求めている人は、舞い込んだチャンスを確実にものにできるよう気を配りましょう。

せっかくの紹介を仕事などで受けられないことがあると、あとあとまで気にしてしまいそうです。

一期一会ということを思い出し、出会えた人の長所を探すようにしてみましょう。

縁のある人とは、今年中に恋愛が成就しそうな予感です。

スポンサード リンク

2018年の男性と女性の性格は?

金星人マイナスの方は、男女ともに行動的で、奔放な性格であることが多いです。

人の決めた道を行くよりも、自分の信じることを貫いて生きる可能性が高いでしょう。

安定より刺激の多い日々を求めるので、芸術家やアーティストに向いています。

才能豊かですが、ときに「変わっている」ととらえられることもあるでしょう。

モテる人が多いので、恋の相手には不自由せず、恋愛経験も豊富だったりします。

金星人マイナスの女性は、家庭に入って専業主婦になるより、結婚後もキャリアを大切にする人が多いでしょう。

興味を持ったことに深く打ち込める性格なので、結果を残すことができ、出世していく人も多いようです。

男性の場合は、家庭的なタイプより、ラブアフェアをだいじにする人のほうが多いかもしれません。

男性も女性も、見た目も含め華やかな性格の人が多い金星人マイナスなので、

縁の下の力持ちよりは主役でいたほうが本領発揮できます。

何もしなくても目立ってしまったり、重要なポストに抜擢されることがありますが、

そこで臆することなく引き受けられるのが金星人マイナスの強いところです。

全体のバランスを考える冷静さを身につけると、より好感度が上がるかもしれませんね。

2018年の相性もチェック!

他の星との相性はどうでしょうか。

金星人マイナスの方は、土星人の異性に惹かれる傾向があるようです。

価値観の一致や意思の疎通がしやすいことなど、運命を感じて長くともにいることになるでしょう。

同性の場合は不思議と反発を覚え、親友になるのは難しいようです。

ビジネスの場では助け合うこともありそうですが、プライベートではつきあいにくいと感じるでしょう。

同じ金星人とは関係を築いていく機会も少なく、「合わない」と思うことが多そうです。

天王星人や水星人とも恋愛に発展することはありそうですが、裏切られたり些細なことでいやけがさすことはあって、完全に円満とはいいがたいです。

木星人とは水と油のようになりがちで、共感も生まれにくいでしょう。

どちらが悪いわけでもなく、お互いの考え方や性格の不一致である場合が多いです。

火星人とは一時的な友情や恋が生まれそうですが、ずっとというわけにはいかないかもしれません。

まとめ

金星人マイナスの方は、幼い部分も不思議と魅力になってしまう華やかな人が多く、周囲の注目を集めます。

2018年も自分らしさを大切に明るく過ごすようにしましょう。

スポンサード リンク