小堀紀代美の夫や子供が気になる!年齢は?プロフィールもチェック!

オシャレで美味しい料理・オシャレなインテリアのカフェの「LIKE LIKE KITCHEN」でも名前が広まった小堀紀代美(こぼりきよみ)さんです。

小堀紀代美さんは、料理教室を開いているのですが、教室の予約が取れない程の人気の料理教室です!

インスタなど観ても、どれもオシャレな盛り付けと、美味しそうな料理ばかりですよね。

これは、予約が取れにくい訳ですね。

そんな大人気の小堀紀代美さんの過去から現在までを調べてみました!

女性の料理研究家のまとめ記事がありますので、チェックしてみてくださいね!

【2018年度版】人気女性料理研究家一覧まとめ!

2018.06.17

夫や子供は?

家の中の棚は、旦那様がDIYした箇所もあります。

夫婦揃ってインテリア好きです。

どんなに忙しくても、朝・昼兼用の食事は、一緒に食べる様にしています。

こういう決め事って、忙しい夫婦には、絶対に必要だと思います!素晴らしいです!

小堀紀代美さんのお子さんの情報を調べようとしたら、名前や年齢などは出て来ませんでした。

wikiはもちろん無く公式で詳しく記載がある訳ではないので、確かな情報は無いですね。

もしかしたらお子様はいらっしゃらないと思われます!

スポンサード リンク

年齢は?

年齢については全く非公開の小堀紀代美さん。

女性なので、年齢は公開したくないと思います。

そっとしておきましょう!

スポンサード リンク

プロフィール!

ここで小堀紀代美さんのプロフィール!

しかし何故か、生年月日などのプロフィールが、どこにも載ってないです!

何故でしょうか??

分かっている小堀紀代美さんの情報だけ書きますと、渋谷区富ヶ谷に「LIKE LIKE KITCHEN」という名前のカフェをオープンしました!

ご飯もとっても美味しく、インテリアもオシャレ!とお客様に大変人気のカフェでしたが、2012年に閉めました。

何で、あんなに流行っていたのに閉めたの?

と疑問に思う人達は、多かったのではないでしょうか?

閉めた答えは、料理教室を開く為でした。

場所も名前もそのままで、料理教室を開く事にした小堀紀代美さんは、スパイスやハーブを使った料理が得意なんです!

この料理を誰かに教えたい!という想いが強くなり、行動に移しました。思い切りが凄いですよね。

小堀紀代美さんは、本も出しています。

  • 「はじめてでも絶対に失敗しないいちばん作りたいお菓子の本」
  • 「フルーツのサラダ&スイーツ」
  • 「スプーンで作るおやつ」
  • 「2品でパスタ定食」
  • 「今日を特別な日にするレシピ」
  • 「もてなし&持ちよりレシピ」
  • 「ライクライクキッチンのスプーンがあれば作れるパンとおやつ」

を出版していて、とても人気があります。

実家について

小堀紀代美さんの実家は、大きな洋菓子店を営んでいるそうです。

小さい時から親の背中を見て育ってきたのが、今の職業を見て分かりますね。

親御さんのDNAをバッチリ受け継いでいますね。

小堀家の家族旅行は、ケーキ屋さんをいくつも周り、食べ歩きを毎回していたというから、美味しいケーキを沢山食べて来られたんでしょうね。

相当研究されている家族だと思いますので、実家の洋菓子店も流行っている事でしょう。

小堀紀代美さんは、今でも旅行に行くと、ケーキ屋さん巡りをしているそうです。

小さい時からのルーティーンって、大人になってからもやってしまいますよね?!

料理教室もチェック!

小堀紀代美さんの料理教室は、自宅と一緒になっています。

都心の築40年以上の低層マンションに暮らしています。

床と壁を張り替えて、キッチンも少し直してリフォームしました。

引っ越しを何回もしている小堀紀代美さんは、今の住まいが、とてもお気に入りの様です!

持っていたウ”ィンテージの家具に合う様に、部屋を作ったので、余計に居心地が良いのでしょう。

料理教室の仕事場のタイトルが面白く、昔の学校・美術室です。

料理教室の画像もネット上に掲載されていますので、観てもらえれば分かりますが、タイトルに合った部屋の作りというのが、分かります。

お皿なども、料理教室を開いているだけあって、凄い数ですね。海外旅行で集めた北欧のお皿が、沢山あります。

オシャレですね。

人気のカフェであった「LIKE LIKE KITCHEN」を閉めたのには、通っていたお客さんはじめ、

小堀紀代美さんのファンの方は、誰もがビックリしたでしょう。

小堀紀代美さんの行動力には、毎回ビックリされっぱなしですが、何でも出来ちゃう所が、凄いですよね。

現在は、料理家として雑誌などにも出て活躍をしています。

今後は、どんなビックリが待っているのでしょうか?

楽しみですね。

スポンサード リンク