飛田和緒の夫や娘について!料理教室やプロフィールも紹介!

さて、3月になり、世間はだいぶ温かくなってきました。

と、同時に花粉の季節ですね~。

会社でも電車の中でもマスクの人が増えてきました!

3月は、三寒四温で温かくなったり寒くなったりするので、体調には気を付けたいですね。

健康を保つには常に体を野菜など栄養の良いものを摂ること。

例えば常備菜などをストックしておいて、日々副菜として食べておくとも健康を保てる秘訣ではないでしょうか?

油ものばかりの食べ物は抑えたい所です!

今回は常備菜などでも有名な料理研究家の飛田和緒(ひだかずを)さんについて記載したいと思います!

それでは早速いってみたいと思います!

女性の料理研究家のまとめ記事がありますので、チェックしてみてくださいね!

【2018年度版】人気女性料理研究家一覧まとめ!

2018.06.17

プロフィール

飛田和緒さんは、現在、夫と娘で葉山に暮らしていているそうです。

沢山の書物を出版するなど人気の料理研究家です。

小さい頃から料理が大好きだったという飛田和緒さん。

一番初めの料理の経験はホットケーキだったそうです。

子供の頃から食への好奇心が旺盛だったそうですよ!

また祖母が熱心な食い道楽だったそうで、祖母に付いて歩いていたそうです。

そこで食べるのは、寿司やうなぎなど大人の好むものもが多かったとか。

そんなところからも飛田和緒さんの舌は鍛えられていったのでしょね!

東京生まれの東京育ちだった飛田和緒さんは、高校3年間を長野で過ごしたそうです。

高校時代は購買部でよく「あんバタ」というサンドイッチを売っていてお気に入りだったそうです。

料理研究家の飛田和緒さんですが、かつてはバレリーナだったそうで、

20歳までバレリーナとして舞台に立たれました

バレリーナ引退後は3年間OL生活をして、ご結婚されます。

大人になってからはその日に作ったレシピをノートにまとめたりしたそうです。

10年間主婦業を経験後は、料理研究家としてご活躍されています。

夫と娘と都内から葉山に移ったそうで、現在は葉山に住んでいるそうです。

海と山に囲まれた気持ちのいい高台にご自宅があるそうです。

葉山は有名人も住んでいらっしゃいますし、人気の町ですからね!

葉山は海が見えるところで、あまり人も多くないですし、

都会のゴミゴミした感じからは解放されますし、優雅な生活を送れそうですよね。

都内へも電車で行くことが出来ますし!

個人的にも葉山は憧れます!

飛田和緒さんと言えば、保存食や常備菜が有名です。

生年月日は、1964年で、2018年で54歳になります。

「常備菜」は第1回料理レシピ本大賞を受賞しているといった凄腕の持ち主です。

飛田和緒さんは、身近な食材で作れる簡単なものばかりです。

スポンサード リンク

夫の職業は?娘の名前や年齢についてリサーチ!

 さて、夫についてご紹介しましょう。

夫の名前は、木下隆之さん。

簡単なプロフィールを記載したいと思います。

1960年5月5日57歳です。(記事執筆時)

東京都出身で、血液型はA型です。

大学は明治学院大学経済学部を卒業されています。

レーシングドライバーをされていて、更に作家、自動車伝道師としても活躍されているようです。

娘の名前は花之子(かのこ)ちゃん。

1月に生まれたということは解っています。

娘さんの好物が干しトマトだそうです。

飛田和緒さんは保育に通うようになり、子供のお弁当作りをはじめたそうです。

2006年のとあるブログで年齢が1歳半と記載がありましたので、

2018年現在は13歳位中学生位でしょうか。

今は、お母様さんの料理を学びながら葉山の中学校に通っているのかも知れませんね!

また飛田和緒さんは1964年生まれなので、お子様を40歳位でお生みになったことになります。

なかなかの高齢出産ですね。

また結婚17年目で妊娠という記述がありましたので、ご結婚は、23歳位という事になります。

スポンサード リンク

料理教室について

葉山で料理教室をやっているそうですが、たまに出張で料理教室があるそうです。

例えば、辻堂にある「湘南T-SITE」の湘南料理塾でも不定期で料理教室を開いています。

葉山が遠くて行けないかたはそういったチャンスを狙ってみるのも面白いかも知れません。

まとめ

現在は葉山で都会から離れた生活を送っている飛田和緒さん。

その土地の素材と素直に向き合いながら、地元産の野菜を楽しんでいて、

家庭料理を作っているそうです。

今後も夫や娘の為、料理を続けて家庭を支えて欲しいと思います。

スポンサード リンク