國學院大學の評判や口コミ!入りやすい学部は?著名な卒業生もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

あなたは國學院大學をご存知でしょうか?

聞いたことがある!

という人も多いと思います。

この大学には、珍しい学部や著名人も多く輩出している学校です。

これから進路を決める学生の方々に参考にしていただければと思い、実際のキャンパスライフについて書かせていただきます。

スポンサード リンク

國學院大學の評判や口コミ!入りやすい学部は?

國學院大學には、まず珍しい学部があることをご存知でしょうか。

それは神道文化学部です。

神職を目指す学生が入学する学部で、主に神社や寺院などが就職、進路先にになることがおおいようです。

この学部は、大体國學院大學で検索をするとでてくるワードで、口コミや評判で検索するとひっかかってきます。

また、志のある学生にたいしては、公務員試験対策なども充実しており、就活生の味方にもなってくれる学校です。

この学校には、法学部、文学部、神道文化学部、経済学部、人間開発学部などがありますが、入りやすい学部としては文学部が挙げられると思います。

入試の倍率としては、平均的に3倍~5倍程度です。

また、神道文化学部は口コミでもよく出てきますのが、偏差値が学内でもっとも低い学部でもあるため、こちらも入りやすい学部と言えます。

さらに、神道文化学部の夜間コースは、夜間の通学になるため人気も落ちてもっとも入りやすい学部として評判です。

この大学のメインキャンパスは渋谷キャンパスになりますが、東急田園都市線のたまプラーザキャンパスもセカンドキャンパスとしてあります。

アクセス面ではどちらも良好で、渋谷キャンパスは言わずもがなですが、たまプラーザキャンパスも、東急田園都市線や小田急線の中央林間や南武線の溝の口から乗り換えができるため、あらゆる路線から通学が可能です。

また、どちらのキャンパスも駅から徒歩圏内ですので、通学しやすいというのも評判のひとつです。

口コミにありますが、この大学の神道文化学部については、専門的な知識を身につける学部ですので、とりあえず入学できるからといった気持ちで入学しても、就職先探しやキャンパスライフの長電挫折してしまう恐れがあります。

大学の偏差値は六大学にはやや劣りますが、もう少し学力をあげて六大学に挑戦することも視野に入れることもできるでしょう。

建物については、少し前に渋谷キャンパスにタワーができましたので、かなりきれいになっています。

また、学食はやすくておいしいと評判です。

マンモス校ではありませんが、食堂はいつも混雑するほど人気な場所です。

就職先については、大手や有名企業に就職する学生もいますが、少数派ではないでしょうか。

学部にもよりますが、教職員や大手ではない一般企業、公務員などが多いようです。

就活に向けて試験対策などの学校のバックアップ体制は整っています。

全体的な校風や在校生たちは、歴史ある場所で勉学やサークルに真面目に取り組んでいます。

ニュースになるような事件や騒動はあまり聞いたことがありませんので、学生にたいしてはもちろん、進路で悩んでいる学生の、親御さんにもおおすめできると思います。

スポンサード リンク

著名な卒業生は?

歌手としの大御所のさだまさしさん。

元読売ジャイアンツの矢野謙次さん、最近俳優の玉木宏さんと結婚された木南晴夏などが卒業生として有名です。

また、安藤毅さんなど、多くのプロバスケットやサッカー、野球選手を輩出していることでも、有名な学校です。

このことからも、スポーツにも力を入れていることがわかりますし、箱根駅伝にも毎年名前を連ねる学校で、あらゆる場面で六大学などに負けない知名度がある学生だとも言えます。

まとめ

國學院大學は、勉学だけでなくスポーツ育成にも力を入れており、名だたる有名人を輩出してきました。

学生総数はそこまで多くはありませんが、活気に満ち溢れた國學院大學でのキャンパスライフは、かけがえのないものになるでしょう。

スポンサード リンク