千昌夫の離婚と再婚について!昔と今は?ほくろ除去の理由もチェック!

千昌夫(せんまさお)さんってご存知でしょうか?

彼の代表曲とも言えるのが「北国の春」

本当に良い曲なので、聞いたことが無い人は一度聴いて欲しい曲です。

歌手の他にも実務家としても知られ、以前は「歌う不動産王」とも言われていました。

バブル崩壊後は、「借金王」とも言われるなど、多くの伝説を残している歌手です。

 

よくものまねのコロッケさんにでっかいホクロで真似されていた千昌夫さん。

いつの間にかトレードマークであったホクロもなくなってしまいました。

一体何が起こったのでしょうか?

今回は千昌夫さんについて詳しくリサーチしたいと思います。

スポンサード リンク

プロフィール

まずは簡単にプロフィール。

千昌夫さんは、1947年4月8日生まれの71歳(執筆時)

星座は、牡羊座です。

牡羊座の2018年の運勢占い!恋愛運は?結婚とラッキーカラーもチェック!

2017.12.30

正直70代に突入していた事も驚きです。

奇跡の一本松」で有名な岩手県陸前高田市出身で、農家の生まれで、5人兄弟の次男だそうです。

千昌夫さんが小3の時、父親が48歳の若さで他界します。

母親は朝早くから夜遅くまで働きに出ていて生活は苦しく

教科書を買ってもらえず、料金滞納の為、しょっちゅう電気を止められていたそうです。

千昌夫さんの本名は、阿部 健太郎(あべ けんたろう)さん。

血液型はO型。身長は、170cmとなります。

スポンサード リンク

 

中学や高校について

どこの中学を卒業しているかは不明です。

中学を卒業後に働くつもりだったのですが、兄の援助で高校に進学します。

高校は、水沢第一高等学校

しかし結局、高校を中退をしてしまい、最終学歴は中卒という事になります。

 

代表作について

千昌夫さんは、1965年に演歌歌手としてデビューを果たします。

代表作には、「星影のワルツ」や「北国の春」そして「望郷酒場」などがあり、一度は耳にした曲ばかりですね。

その中でも誰もが名曲と認めるのは「北国の春」ではないでしょうか?

長期間に渡って徐々に売れていき最終的には、ミリオンセラーともなった息の長い曲としても有名です。

 

離婚と再婚について

千昌夫さんは、今まで2回結婚しています。

最初の奥さんは、ジョーン・シェパードさんというかただったそうです。

1972年に結婚します。

アメリカの人の女性歌手であり、日本でも成功した外国人タレントです。

千昌夫さんとジョーン・シェパードさんは、2人で一緒にCMに出演するなど

おしどり夫婦としても知られていました。

 

しかし、1988年に離婚してしまいす。

離婚原因は元妻との浮気が原因だったそうですよ。

その時に慰謝料も50億円と破格の金額です。

慰謝料でこの額は通常有り得ませんね(笑)

離婚後の現在はハワイで暮らしているようです。

 

そして再婚相手も金髪美人のイギリス人女性アマンダさん。

1992年に再婚しています。

18歳年の差なんだそうです。

よほど金髪美人が好きなんでしょうね!

その後2男2女を授かっています。

4人の名前は以下の通りです。

  • 長女:ナターシャさん
  • 次女:ダニエラさん
  • 長男:アレキサンダー太郎さん
  • 次男:ローレンス健樹さん

だそうです。

千昌夫さんは、波乱万丈な人生ですが、

子宝にも恵まれたところは、良かったのではないでしょうか?

そしてその娘のうちの一人であるダニエラさんが、モデルの仕事をされているようです。

2009年にはデビューして多くのメディアからも注目されていました。

娘のデビューに千昌夫さんもかなり喜んでいたそうですよ!

 

昔と今は?

演歌歌手として20代前半で活躍。

その後は不動産にも力を入れ始めます。

仙台市にある山を4000万円位で買った事が、不動産投資家のはじまりだったそうですよ。

2年後には、10番の価格4億円になったというから驚きです。

その理由は、東北新幹線の計画が理由だったそうですよ。

 

その後は、

世界各地にビルやマンションを持つようになり、

歌う不動産王」とも言われていたそうです。

 

しかし、1991年のバブル崩壊ともに借金が増えていき、

2000年には、個人事務所である「アベインターナショナル」経営破綻します。

個人としても3000億円もの借金を負う事になったそうですよ。

 

不動産の他にもその他にも居酒屋も経営しており「安くて旨い」と評判が高く、

かなりの繁盛であったが借金から店を閉めざるを得なくなったようです。

以前は「借金王」と呼ばれていましたが、今は完済しているのではないでしょうか。

 

2011年には久しぶりの紅白歌合戦に出場しています。

今はあまり、メディアに登場する事がほとんどなくなりましたが、

精力的に地方でコンサート活動しているようですよ!

千昌夫さんと言ったらやはり歌ですから。

歌で勝負する姿を見たいですね。

今後の活躍が楽しみです。

 

ほくろ除去の理由

千昌夫さんといえば、何とってもホクロがトレードマークです。

ものまねで有名なコロッケさんが頻繁に真似ていましたね。

しかし、

実はいつのまにか取れていました。

何が起こったのでしょうか?

実は、開運の意味も込めて、レーザー手術でほくろを除去したそうですよ。

あのホクロは、福ボクロですし、「先見の明を表す」とか「金運ボクロ」とも言われているので、

そのままにした方が良かったのではないでしょうか?

なんだか勿体ない気もしますね。

取らなければ良かったのにと思う人も多い事でしょう。

実は筆者もその一人です。

また、ホクロ除去後もコロッケさんは、ほくろがある千昌夫さんのものまねを演じている事も

その存在も大きい事が解ります。

 

さて、ほくろをとったのはいつの頃かというと2000年だったそうです。

当時、細木数子さんからも「ほくろは取らないほうがよかった」と指摘されてしますのです(笑)

取る前に言って欲しかったですよね(笑)

事実2000年は、会社の倒産とした年ですし・・・。

でもホクロをとってもう18年くらい過ぎているんですね。

世間ではいつのまに?

と思っても千昌夫さんにとっては、かなり過去の出来事ではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、千昌夫さんについて記載しました。

千昌夫さんは歌手活動以外にも不動産に手をだしお金を儲けるようになってしまったのは、

もしかしたら、昔の生活の苦しかった事の反動でお金を稼ぐ事に固執し過ぎたのかも知れませんね。

彼の波乱万丈の人生。

そしてホクロ除去の話など話題には事欠きません。

 

最近はそれほど目立ったメディアへの露出は少ないものの地元で歌手活動をしていることでしょう!

またプライベートでは、子宝にも恵まれています。

今の家族を大事にしていってほしいと思います。

スポンサード リンク

関連記事