明月院のあじさい2019の見頃や開花状況!混雑状況や駐車場もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

鎌倉であいさいの名所と言えば、名の挙がる「明月院」。

別名 あじさい寺とも呼ばれるだけあって、園内に数多く咲いているあじさいは、手入れが行き届いており、観に行く人の心を掴んで離さないほどの、スケールに魅了されます。

スポンサード リンク

明月院のあじさい2019の開花状況や見頃は?

明月院のあじさいの開花時期と見頃な時期は、例年通りであれば6月中旬頃から、7月の上旬にかけてがあじさいの開花時期となり、一番ピークの見頃は、6月下旬頃となっています。

2019年も大体この時期であることが予想されます。

ただし、その年の天候によっても、開花時期と見頃の時期はずれ込む場合がありますが、早くに開花が見られる時期に雨が少なく、気温が高い日が続いてしまうと、あじさいは早くに散って、枯れていってしまいます。

そのため、梅雨に入って、雨天が多い年には、あじさいも本来の美しさを取り戻し、生き生きとした姿を満面に咲き誇り、輝きを増して行きます。

このように雨量や気温などの天候により、毎年あじさいの花の様子が変わる様も、また翌年も観に行ってみたいと感じさせてくれる、魅力の一つだと言えるのです。

スポンサード リンク

明月院のあじさいの混雑状況は?

基本的にオンシーズンには、平日でも大変賑わって混雑しています。

あじさいは雨が降っていても美しい花なので、天候に関わらず、人が多く混雑状況は変わりません。

ただし、多くの人がランチタイムをはさむ、お昼前後の時間帯を狙っていけば、運が良ければ、人出が割りと少ない日に当たる場合もあり、混雑を避けることも出来るかもしれません。

土日しか休みがなく、土日祝日に向かいたいと言う方には、かなり混雑が見込まれますので、車以外でのアクセスで向かわれることをお勧めします。

明月院の駐車場や屋台について

車で向かう場合には、駐車場探しは、かなり苦労することでしょう。

あじさいのベストシーズンには、道路も渋滞しやすくなるため、車でのアクセスはかなり困難な状況になります。

大きなお寺や、近隣のコインパーキング等に運が良ければ、空いてるタイミングで駐車できますが、あまり駐車場の数やスペースが多くないため、混雑時には駐車場探しだけで時間が取られてしまうほどなのです。

なので、鎌倉から一駅ずらすか、少し歩く立地の駐車場に停める事をお勧めします。

また基本的に、明月院の辺りには屋台は出ていません。

お茶を楽しんだり、休憩をしたい方には、明月院より鎌倉駅方面に歩いていくと、何軒か和風の茶屋が立ち並んでいるので、そちらかもお勧めです。

また、スイーツや本格的な紅茶を楽しめるお店もあるので、そちらもお勧めです。

レトロな洋館風の建物で、ちょっとリッチな気分でティータイムを過ごすことが出来るスペースです。

また、お祭りのシーズンには、鶴岡八幡宮の境内には、露天が立ち並ぶ事もあります。

ここはかなり広いスペースになっているため、多いときは30以上もの露天が立ち並ぶ様です。

場所はどこ?

アクセスは、北鎌倉駅から徒歩10~15分ほどの場所です。

鎌倉駅からも徒歩20分強で迎えますが、ゆっくりと周辺のお寺や神社巡りをしたい方には北鎌倉駅から鎌倉駅方面へ進むルートの方が、途中から緩やかな下り坂になるのでお勧めのアクセスです。

スポンサード リンク

明月院のあじさいの魅力について

古くからある明月院の最大の魅力は、その佇まいと風情だと思います。

一歩境内に足を踏み入れると、両サイドに上品な淡い水色のあじさいが、満面に咲き誇って出迎えてくれます。

園内を進んでいくと、和造りの庭園を散策しながら、そこかしこに咲いている美しいあじさいを眺めながら歩くことができます。

どこかでじっくりと、座って観るような場所ではないので、全く場所取りなどの心配は無用です。

逆に場所取りなどしたら、係りの方に叱られてしまうことでしょう。

ゆったりとした気持ちで、ただただ、ひとシーズンしか見られない、あじさいを堪能する時間を穏やかに過ごして頂きたい場所となっています。

ただし、ツアー客などが重なる日に当たると、ものすごく混雑して人の後ろを歩きながら、回らなければならない時もあるので、あなたの運次第と言ったところでしょうか。

まとめ

明月院のあじさいは、一度観に行くと、また翌年も観に行きたくなるほど、本当に美しく魅了するあじさいをゆっくりと堪能する事が出来ます。

個人的には、明月院へと進む道に高く壁のようにそびえて咲く、濃い青紫色のあじさいが咲くスペースがとても気に入っています。

みなさん、歩いて眺めながら通りすぎて行くのですが、私は毎年このスポットで写真を撮らずにはいられなくなる程、見事な咲き振りです。

スポンサード リンク