保育園の入園式の1歳児の子供の服装について!男の子の場合は?女の子も解説!

さて保育園の入園式になると服装で悩むのはママさんだけではありません。

当然お子様の服装にも悩むかと思います。

今回はとりわけ1歳児の入学式の服装についてフォーカスしたいと思います。

スポンサード リンク

1歳児の保育園の入学式にはどんな服装をさせればいいのかお悩みのあなたへ

1歳になる息子や娘のやっと入る保育園の決まって、一安心、と思った直後にやってくる悩みがあります。

それが保育園の入学式には一体どのような服装をさせればいいのだろうか、というものです。

もちろん、息子や娘がこれから入る保育園に制服があれば当然その制服を着れば良いのですが、

ほとんどの場合は制服がないので自分達で入学式に着ていく服を選ばなければいけないようになっています。

ですので、多くの人が1歳児の息子や娘にどういう服装をさせれば良いのか悩む、ということなのですね。

そこで今回はそんな悩みを解消してもらうべく、1歳児の保育園の入学式における服装はどんなものを着せたほうが良いのか、男の子と女の子のそれぞれに分けてご紹介したいと思います。

子供の記念となる日をより良いものへとするためにも、現在どんな服装をさせればよいのかお悩みの方はぜひ一度目を通してみてくださいね。

スポンサード リンク

1歳児の保育園の入学式の服装、男の子編

それではまずはじめに1歳児の男の子が保育園の入学式に参加する際の服装について解説していきましょう。

1歳児の男の子が保育園の入学式に参加する時の服装では大きく3つのポイントがあります。

1つ目のポイントは、ある程度はきちんとしている服装にする、ということです。

中には1歳児の男の子だから別にちゃんとした服装をさせる必要がない、と考えている方もいらっしゃいますが、それはあまりおすすめできません。

なぜなら1歳児の男の子の保育園というのは、その子にとっての人生で初めての入学式であることがほとんどのため殆どの方が写真に残しても問題ような服装をさせる傾向にあるからです。

その中でラフすぎる格好させてしまうと当然目立ってしまいます。

そういったことを避けるためにも1歳児の男の子の保育園の入学式だからといってラフな服装やだらしない服装をさせることは避け、ある程度はきちんと服装にさせておくと良いと言えるのですね。

2つ目のポイントは、動きやすさも兼ね備えた服装にする、ということになります。

1歳児の男の子は動きが活発な子が多く、中には歩き回れるようになっている子もいます

そういった元気のある1歳児の男にきっちりとした服装をさせるのは問題ありませんが、ただその服装に動きやすさがないと問題になることがあります。

なぜならあまりにも動きにくいような服装をさせてしまうと、その違和感に対してストレスを感じてしまって、泣き止まなくなったり、不機嫌な顔になってしまうことがあるからです。

入学式の主役はあくまでも子供ですので、1才児の男の子がいるのであれば、その男が快適にそして楽しく入学式に参加出来るような服装を選んであげたほうが良いのですね。

そして残る3つ目のポイントはあまりに高価なもので壊れやすい服装にしない、ということになります。

なぜ高価で壊れやすい服装にしないことがポイントになるのかというと、答えはシンプルで1歳児の男の子はその高い服装を引っ張ってしまったして破いたりしてしまう可能性があるからです。

もちろん、服を破るというのはほとんど起きませんが、引っ張って生地が伸びてしまったりすることは多いに起こりえます。

そうなるとせっかく買った高価な服が無駄になってしまうことになりますので、それを避けるためにも高価すぎる服装はさせないようにしておくと良いでしょう。

1歳児の保育園の入学式の服装、女の子編

それでは次に女の子が保育園の入学式に参加する際の服装について解説していきます。

1歳児の女の子が保育園の入学式に参加する際の服装のポイントは、男の子と同様に3つあります。

1つ目のポイントは、男の子と同じようにある程度はしっかりとした服装にさせるということです。

理由は男の子と同じで、多くの親が子供の記念するべき日を写真として残せるようにきちんとした服装をさせる傾向にあり、それと違ったラフな格好をさせてしまうと悪目立ちしてしまうから、というものになります。

この点については男の子であろうと女の子あろうと同じなので、服装選びの際にはしっかりと意識しておくと良いでしょう。

2つ目のポイントは、可愛くさせるためという理由で小物などがたくさん付いている服装はあまり選ばないようにする、というものです。

大事な1歳児の娘の記念日に可愛くさせたいということで、親の中にはキラキラとして小物がたくさんついているような服装を着せる方もいます。

確かにそういった服装を着せることで女の子はより可愛く見えることもあります。

しかし、そういった服装には大きなデメリットもあるのです。

例えば、キラキラとして小物が肌にぶつかることで、それが気になってしまい入学式に集中できなくなったり、小物を引っ張ったりして壊してしまったりなどです。

このように小物などが多くついている服装を着せると子供にとっても、親にとってもデメリットがありますので、出来ればあまり選ばないようにすると良いでしょう。

ちなみにどうしても可愛さを強調させたい!という時には、布製などの柔らかい素材で作られている小物がついているようなものを入学式の服装として選ぶことをおすすめします。

そして3つ目のポイントは、男の子のポイントと同じになりますが、なるべく動きやすい服装を選ぶようにする、というものになります。

1歳児は女の子であっても、男の子と同様に活発に歩き回ったりする子が多くいます。

そのため動きにくいカッチリとしすぎた服装を着させてしまうと不快感が生まれてしまうことになるので、自分の大事な娘のためにも動きやすさ、というものも意識しながら服装を選ぶようにすると良いと言えるのです。

ポイントを抑えた服装を選び、1歳児の子供の大事な保育園の入学式を良い日に!

さて、今回はここまで1歳児の保育園の入学式に合う服装を選ぶ際のポイントを男の子と女の子のそれぞれに分けてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

既にお話した通り、1歳児のお子さんの入学式というのはほとんど場合、人生で初めての入学式になります。

そんな大事な1日を良い思い出として残せるように、ぜひ今回ご紹介したようなポイントを抑えている、親にとっても子供にとってもメリットのある服装を選んでもらいたいと思います!

スポンサード リンク