ペーパードライバーを自力で克服した5つの方法とは?期間も解説!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

皆さんは、運転免許証を持っていますでしょうか。

では、その中で車を持っていて日ごろ自動車を運転されている方はどれぐらい多いでしょうか。

現在、日本では若者の車離れが取りざたされており、都心の利便性が向上したことにもよりどんどん車に乗らないペーパードライバーが増えてきています。

そんなペーパードライバーを何とかして、卒業する方法について今回紹介します。

スポンサード リンク

ペーパードライバーを卒業するには!?特徴も解説

ペーパードライバーとは運転免許をもっているが、自動車を運転しない、運転する機会が無い人の事を指します。

ペーパードライバーになりえる人の特徴としては、

  • ①車を持っていない
  • ②車を運転するのに不安がある

という2つのパターンに分かれるようです。

では、どうすれば卒業できるのでしょうか。

ペーパードライバーを卒業するには、車に乗る機会を増やさないといけません。

そういう方にオススメな方法もあるので細かく紹介していきます。

スポンサード リンク

【必見】 ペーパードライバーを自力で克服した5つの方法とは?

では、ペーパードライバーを克服する方法を5つ紹介したいと思います。

①ペーパードライバーを自力で克服~慣れること~

まず1つめは、運転が上手な人に教えてもらい慣れることです。

誰かに助手席に乗ってもらって逐一教えてもらいながら車を運転すると、必然的に運転に慣れてきます。

何かあった時に助けてもらえるという気に慣れるのは凄く大きいです。

②ペーパードライバーを自力で克服~交通量の少ない所で練習~

つづいて、車通が少ない所で練習することです。

非常にシンプルであたりまえなのですが、都会で暮らしていると自動車研修でも車通が多い所で研修を受けて、危険な思いをし拒否反応が出がちです。

田舎にいって、ひたすら車に乗って、車を運転するのは難しくないと身体に教え込むのが重要です。

③ペーパードライバーを自力で克服~車を購入する~

3つ目は車を買ってしまうという方法です。

若干強引ではありますが、車を購入することにより否が応でも車に乗る機会は増えます。

しかもお金がかかると人は必死になりがちです。

中古車でも良いので車を買って「乗らないといけない」という気にさせることが大事です。

④ペーパードライバーを自力で克服~動画付きマニュアルを購入~

4つ目はDVDのマニュアルを見る方法です。

車のノウハウが詰まったDVDをみればイメージがつきやすいです。

上手い人の運転を見てイメージトレーニングをして、実際に運転し見ると案外上手くいくという例もあるので、手軽に試してみてください。

他にはyoutubeでも様々な人がアップしています。

ほとんどが無料で見れるので、こちらも結構おすすめです。

⑤ペーパードライバーを自力で克服~シュミレータ―で練習~

5つ目はシュミレータ―で練習するという方法です。

ご存知の方少ないかもしれませんが、最近は動画サービスなどで運転のシュミレータ―動画があります。

VRゴーグルを装着することで自宅でもできるような動画になっています。

模擬的なハンドルなどをつくってみて、実際に運転している感覚をつかむのはこの方法はかなり効果的です。

VRゴーグルも安いものが販売されているので是非トライしてみてください。

年齢によって違う?ペーパードライバーを克服した期間も解説!

実際に、克服する期間について。

ケースバイケースで人によって期間が変わるのですが、長いと1年近く掛ってしまうと言うケースがあるようです。

技術的に上手くなって自信が付けば話ははやいのですが、恐怖心がどこか残っていて、それが影響してずっと車に乗れないというケースもあるようです。

ちなみに、筆者である私もペーパードライバーだった時期があり、ずっと車に乗っていなかったのですが、仕事の関係で車に乗る機会が増えて1~2カ月ほどで克服しました。

短期間であれば1週間でも練習をして克服できたと言う人もいるようです。

気持ちのもちようで大きく変わるので、まずは自分は運転できると思うことが大事なようです。

ちなみに、歳をとるほど克服するのに時間がかかり、20代では2カ月ほどで克服できますが、60代を超えると1年以上かかってしまうこともあるとか、車は接触事故などを経験し運転が上手くなっていくものですので小さい事故は気にせず大きな気持ちになることが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ペーパードライバーの方にとっては非常に興味のある内容になっているはずです。

車を運転することは非常におもしろく、自分の活動の幅も広がるのでメリットは有ってもデメリットはないはずです。

ストレス発散にもなり趣味としては非常によいものですので、皆さんも嫌悪感をなくして車の事を好きになってみてください。

スポンサード リンク