洗足学園音楽大学の評判や口コミ!入りやすい学部は?著名な卒業生をチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

日本にはとても多くの音楽大学が存在しています。

その中で、近年入学者が多く注目を集めているのが洗足学園音楽大学です。

最大の特徴は、専攻の多さでしょう。

バレエや声優・アニソンコースなど、珍しい専攻が多く存在しています。

スポンサード リンク

評判や口コミは?

口コミを検索してみても、とても良好なイメージが持たれているのが分かります。

いくつか見た口コミの中で印象に残っているのが、自主性が大切だというものです。

これは、実際に通っている人に聞いた話ですが、本当に大切なことで、洗足学園音楽大学は学びたい人は深く学べる環境が整っていて評判が良いのですが、自主的に学ぶ姿勢がないと、何も得ることなく卒業となってしまうこともあるそうです。

学生によるコンサートに行った人の評判を聞くと、演奏が良い人とそうでない人の差が大きいという声を聞くことが多いです。

この大学で評判の良い点の一つに、講師の質というのもあります。

ホームページを見ると講師の一覧を見ることができますが、非常に著名な方の名前が並んでいます。

どの専攻でも、その分野で第一人者として全線で活躍されている方が講師として招聘されています。

これは、他の音大では見られない特徴だと思います。

環境を活かせれば、大いに成長できる可能性のある環境だと思います。

口コミでも高く評価されている点で、他には、色々な専攻の学生がおり、その交流があるということがあります。

これも、非常に大きな利点だと思います。

クラシックの学生は、普通はポップス系の人たちと関りを持つことが少ないと思います。

しかし、洗足学園音楽大学では、その両方の専攻の学生が一緒に参加できるイベントが用意されています。

もちろん、同じキャンパス内にいるので自主的に交流を持つのが一番だと思うのですが、それは難しいという方もいるでしょう。

しかし、大学に用意されたイベントを利用して交流することもできるので、人との交流が苦手な人であっても、少し頑張れば他の専攻、しかも、全くジャンルの異なることを学んでいる人と交流を持てるチャンスがあります。これは、とても大きいことだと思います。

専攻の多さというのは本当に特徴的で、他の音大の追随を許さない数が用意されています。

近年設立されたコースに、バレエ、声優・アニソン、ロック&ポップス、ダンスがあります。

また、民族楽器や古楽器を専攻することもできて、スペインのフラメンコギターやインドのシタール、古楽器のリュートやバロックギターなどを学ぶこともできます。

音響系の専攻もあるのが特徴で、録音や映像なども専攻することが可能です。

さらに、学部の上には大学院が用意されているのですが、こちらも様々な専攻に対応しています。

洗足学園音楽大学の特徴の一つに、学生が参加できる演奏会が数多く開催されているというのがあるのですが、大学院もそれは同様で、大学院が主体となった演奏会もたくさん開催されています。

年間を通してこんなにたくさんの演奏会が催されている音大は他に見たことがありません。

大学院は、残念ながら、クラシック系の専攻が主で、ロック&ポップスや声優・アニソン、ジャズの専攻は今のところ用意されていないので、今後用意されることに期待したいところです。

学部と同様、大学院も門戸は広く開かれており、音大出身者でなくとも入学されている方がたくさんいらっしゃいます。

現在は音楽に関する力が不足している人であっても、大学でしっかり学ぶ意志があれば入学が許される可能性は高いです。

音楽を専門的に学びたいけれども、入試のハードルが高すぎて難しいと思っている方は、洗足学園音楽大学を一度検討される価値があるでしょう。

入りやすい学部は?

音楽学部は募集人数が多いことから、毎年どの専攻も合格率が非常に高いです。

音楽大学というと、入学時にとても厳しい試験が課されて、初めから才能にあふれる人のみが入学できるという方針を取っていると思われがちですが、そうでない大学もあります。

洗足学園音楽大学は、やる気のある人であれば、よほど大きな問題を持っていなければ受け入れてもらえます。

著名な卒業生は誰?

「おかあさんといっしょ」で20代目歌のお姉さんをしていた三谷卓美さん、カウンターテナーの歌手の米良美一さん、歌手の平原綾香さんなど、音楽関係で活躍されている卒業生がたくさんいらっしゃいます。

就職先としては、フリーランスで音楽活動をされている方、音楽教室で講師を務めながら自身の音楽活動も継続されている方、自衛隊の音楽隊などに入られる方などがいらっしゃいます。

音楽学部の卒業生は、音楽関連の仕事に就かれることが多いようです。

まとめ

洗足学園音楽大学は、募集人数が多く、現時点で音楽的な力が十分でない人であっても、広く入学が認められている大学です。

選べる専攻はクラシックだけでなくバレエやポップス系、作曲、音響など幅広く、音楽に関連するほとんどのものが専攻可能です。

講師の顔ぶれも第一線で活躍されている方ばかりですばらしく、自主性をもって勉強するやる気があれば、自分の力を大きく伸ばせる場となるでしょう。

スポンサード リンク