秋吉台の花火大会2019! 駐車場と屋台は?穴場や混雑状況もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

山口県美祢市には、カルスト台地秋吉台がありますね。

その秋吉台で毎年7月下旬ころに行われる、花火大会があるんです!

花火大会について日程や駐車場や穴場の観覧スポットについて詳細をお伝えします。

広大なカルスト台地の夜空に上がる花火は圧巻ですよ!

毎年最後には、2尺玉の大きな花火が上がり、多くの人を魅了します!

是非、あなたもこの大自然の花火を味わってみませんか?

ぜひこちらの記事を参考にして、秋吉台の花火大火を楽しんでください。

スポンサード リンク

秋吉台の花火大会2019

正式名称は、秋吉台観光まつり 花火大会

花火大会の日程ですが、

例年の時期を考えると7月の最終土曜日なので、

2019年は、7月27日(土)になる事が予想されます。

時間も20:00~21:00と予想されます。

小雨の場合は、決行されます。

場所はどこ?

場所は、山口県美祢市秋芳町秋吉台で行われます。

周辺には秋芳洞があり、花火大会当日の夕方頃には秋芳洞を通常よりかなりお得に入場することができます。

秋吉台周辺の駐車場や、バス停からは花火大会会場までのシャトルバスがでています

また、秋芳洞を通っていくこともできます。

秋吉台の花火大会の駐車場や屋台について

駐車場について

駐車場は、秋吉台付近にあります。

秋吉台付近に行くと、誘導をしている方がいらっしゃるのでそちらに従えば安心です。

ただ当日についてですが、付近は混みあうことが予想されます。

少し離れたサファリランドという動物園や、大正洞や景清洞という洞窟など様々なところにも駐車場があり、そこからシャトルバスがでています。

屋台について

屋台は、毎年数多くの店舗が出店しています。

秋吉台の広場のようなところに数多く出店されており、そちらで十分食事ができると思います。

かき氷やフライドポテト焼き鳥などのよくある屋台はもちろん、秋吉台のある美祢市の名産品を使ったご当地感のある屋台も出店されています。

秋吉台に観光に来られた方でも楽しめる屋台がたくさんあります。

また、お手洗いですが秋吉台の広場に元々あるものもありますし、花火大会当日に用意されているお手洗いもあります。

お手洗いの数は少なくはありませんが、来場者数によっては混雑する可能性もあると思うので事前に位置を確認しておくことをオススメします。

スポンサード リンク

秋吉台の花火大会の穴場をチェック!

秋吉台には展望台があり、その周辺は他より少し高くなっているので、展望台は花火大会本部があるため入ることはできませんが、展望台周辺であれば少し高い位置から花火を見ることができるので、穴場スポットだと思います。

秋吉台の展望台の名称とは、秋吉台カルスト展望台の事です。

秋吉台の花火大会の混雑状況は?

花火大会会場付近まで車等で近づくことができないので、上記でご紹介した通りシャトルバスや秋芳洞を歩いて会場まで向かいます。

そうなるとシャトルバスや秋芳洞は、花火大会前後は混雑します。

 

特に花火大会が終わった後は、シャトルバスを待つ客でかなり混雑します。

シャトルバスも多く本数があるわけではないようなので、1時間近く待つ可能性も多くあります。

スムーズに帰りたい人は、花火を終盤は諦めてシャトルバスに向かう方もいます。

秋吉台の花火大会の見所や感想は?

見所は、なんといっても毎年最後にあがる2尺玉です。

2018年は3尺玉にレベルアップをする予定でした。

しかし、2018年は台風12号の影響により中止してしまいました。

2019年こそは開催を期待したいです。

秋吉台周辺は建物がほとんどなく、明かりもありません。

普段から星空を見に来る観光客も大変多いです。

 

また、昼間でも秋吉台の広大なカルスト台地を観光に来るお客は国内だけでなく、海外からも多くみられるほどです。

そんな広大なカルスト台地で真っ暗な空間に上がる花火は大変な見所だと言えます。

2尺玉や3尺玉など大きな花火があがると夜空から花火が降ってくるような感想を持ちます。

また、他の見所と言えば昼間から会場に来ても楽しいと感想を持てることでしょう。

秋吉台の地下には秋芳洞という洞窟もありますし、昼間の秋吉台の広大なカルスト台地を観光することができます。

観光もして、夜は素敵な花火大会まで楽しめることでしょう。

この秋吉台花火大会は、私の中で夏の欠かせない風物詩という感想です。

秋吉台の花火大会の場所取りについて

秋吉台は、土地が広いので見る場所を限定しないのであれば、場所取りはそんなにこだわらなくてもよいと思います。

中には昼間から訪れてブルーシートなどで場所取りをしている方もいらっしゃいます。

せっかくなら良い場所で見たい方は、早めに訪れることをオススメします。

 

しかし、場所取りをしなくても立ったまま適当な場所で花火を鑑賞する方も多くいらっしゃいます。

秋吉台は自然豊かな場所です。

木もいくつか植えられているので、木で花火が見えなくなるような場所取りは避けましょう。

駐車場についてですが、、割と秋吉台付近の駐車場が込み合ことがあるので、少し離れた場所に駐車してシャトルバスを利用すると早く移動できることがあります。

まとめ

秋吉台の広大なカルスト台地の夜空に広がる大きな花火は圧巻です。

早い時間から会場についても十分に楽しめる観光地ですので、観光に来たつもりで秋吉台に行くのも良いと思います。

最後に上げられる大きな花火は忘れられないものとなるでしょう。

スポンサード リンク