おでかけ

BeatasソフトキャリーケースBSC-20のレビューとおすすめポイント

ちょっとした出張や旅行で、あまり大きいスーツケースを持っていきたくない!

だけどしっかりとした作りを探しているそこのあなた。

軽量で、飛行機内に持ち運べるスーツケースで、2輪横型で小回りも効きます。

また安全性も考慮したTSAロック付きです。

その名はBeatasソフトキャリーケースBSC-20。

今回はBeatasソフトキャリーケースBSC-20の実際に利用している人のレビューやデメリットとメリット、特徴をまとめてみました。

ソフトケースのスーツケースですが、実際の強度はどんな感じかを確認したり、容量は少ないですが、長期の旅行・出張にも対応するにはどうすれば良いかご紹介していきます。

BeatasソフトキャリーケースBSC-20のスペック・性能

BeatasソフトキャリーケースBSC-20のスペックや性能を解説します。

型番 BSC-20
外寸 縦40×横40×奥行25cm
本体のサイズ 縦34.5×横40×奥行17.5cm
向き 横型
タイプ ソフトタイプ
容量 24リットル
鍵のタイプ TSAロック
重量 3.15kg
タイヤの数 2輪
タイヤの大きさ 73ミリ
ポケットの数 前面に二つ(小物が入るものと大きめのものが入る)
背面に一つ
インナーにも多数のポケットがあります。
カラータイプ ブラック、ネイビー、ブラウン
ハンドル 3段階まで調整可能

BeatasソフトキャリーケースBSC-20は横型で、ソフトタイプです。

容量は24リットル

比較的容量は少ないが、どれ位の量が入るか気になると思います。

日帰りの旅行や出張用と割り切って使えば問題ないサイズです。

しかし、1週間でも下着類やYシャツなど必要最低限のものを入れれば、不可能ではないサイズです。

詳しくは、後述します。

また、鍵タイプのTSAロック付きとなります。

注意点としてメイン部分のみのロックで、ポケットに鍵はついていないです。

BeatasソフトキャリーケースBSC-20のTSAロック

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局 (TSA)から認められた鍵のこと。

TSAロックがあれば、スーツケースを預ける際に鍵を掛けることができ、一般人には、スーツケースを開けられる心配がなくなります。

海外旅行のスーツケースに鍵を掛ける?TSAロックとは?TSAロックは本当に必要?

タイヤは2輪タイプです。

73ミリの大型のものを使用しているため、段差を楽に乗り越えられます

Beatas・TSAロックソフトキャリーケース横型・2輪

ハンドルは3段階まで調整可能です。

ハンドルを伸ばせば、移動する際も楽です。

BeatasソフトキャリーケースBSC-20のハンドルを伸ばしたところ

新幹線であれば乗り降りの際に持ち上げる必要がありません。

大きさは飛行機の機内持ち込み可能な大きさであるため、到着後に荷物を待つことなくスムーズに動くことができます。

[ビータス] スーツケース ソフト 機内持ち込み可 BSC-20 保証付 25L 40 cm 3.15kg ブラック

BeatasソフトキャリーケースBSC-20の実際の使用感

BeatasソフトキャリーケースBSC-20
SATOSHI
SATOSHI

実際に使用した人に使った感想をお伺いしました。

まずは自己紹介をお願いします。

ゆうき
ゆうき

出張族です。

一週間のうち平日は4泊5日で出張する生活を10年ほど続けています。

移動手段も車、新幹線、飛行機と多様です。

ですのでスーツケースは消耗品です。

以前は30リットル〜40リットルの物を使用していましたが、最近は小型の物で済むようになってきました。

SATOSHI
SATOSHI

今までの使用したスーツケースと比べてどうでしたか?

ゆうき
ゆうき

これまで安価なものから高価なものまで多くのスーツケースを使い潰してきました。

長く持っても1年半くらいが限度のようです。

高価なものであれば修理が効きますが、物により修理の期間が違います。

長いものでは1ヶ月以上待たされるケースもありました。

結局その期間中は別のスーツケースが必要になるので、今では安価なものを使い潰しています。

SATOSHI
SATOSHI

使用感はどうでしたか?

ゆうき
ゆうき

使用感は非常に良いです。

24リットルで一週間持つのか疑問に思うかもしれませんが、慣れてくると十分です。

圧縮袋は使わずに、下着類(肌着、パンツ、靴下)、Yシャツをバックアップも含めて6日分。

寝巻き用のスウェットズボンとTシャツを1セットを入れています。

SATOSHI
SATOSHI

スーツケースにアウターやパンツ・ジャケット・靴は入れますか?

ゆうき
ゆうき

冬であればアウターは常に着ているので、スーツケースの中には入れません。

パンツとジャケットと靴も同様です。

タオル類はビジネスホテルにあるので持って行きません。

夜、私服で外出するときのために、シャツやズボンなどでも薄手のものであれば入る余裕はありますが、私は持って行きません。

SATOSHI
SATOSHI

小物類はどうしていますか?

ゆうき
ゆうき

ビジネスホテルで使用する洗面用具類。シャンプーや洗顔などは、100均の小さなボトルに移しています。

このスーツケースの中は小物を入れることができるように細かく間仕切りしてあります。

ペンや筆記用具、PCなどの専用スペースがあるのでどこにしまったかわからなくなることはないです。

SATOSHI
SATOSHI

飛行機にも持ち込んだ際の使用感はどうですか?

ゆうき
ゆうき

飛行機に乗る際は手持ちのバッグもこのスーツケースの中に入れてしまいます。

荷物1個で飛行機に乗ることができるくらいの容量の大きさです。

キャスターが大きいので段差も楽ですし、2輪で硬めのゴム仕様なので静かです。

SATOSHI
SATOSHI

ソフトケースはハードタイプに比べて、鋭利なものに弱く、外からの衝撃を受けやすいという特性がある為、ハードタイプより壊れやすいというイメージがあります。

実際にソフトケースは壊れやすかったですか?

ゆうき
ゆうき

強度の問題から言うのであれば、スーツケースで最初に壊れる箇所は持ち手かタイヤです。

これは今まで使用した全ての商品に当てはまります。

一番メインのボディの部分が壊れることはまずありません。

BeatasソフトキャリーケースBSC-20のデメリットとメリット

デメリット

まず、デメリットについて説明します。

24リットルとサイズが小さいです。

使い慣れしていない人には容量が小さいかもしれません。

24リットルというと1泊しか持たないのではないか?

と疑問に思う人もいるかも知れません。

ですが、先ほど紹介したように、下着類やワイシャルなど必要最低限のものを入れる。

極力無駄なものやホテルで用意されるものは入れないなど工夫すれば、この容量でももっと長期間でも利用出来ます。

 

 

ソフトタイプは雨の日に濡れてしまうというデメリットがあります。

では、実際に雨の日に何か対策があるか伺ってみました。

SATOSHI
SATOSHI

ソフトタイプだと濡れやすいというイメージがありますが、雨の日に何か対策はありますか?

ゆうき
ゆうき

ソフトタイプでも防水スプレーをかけておけば何の問題もありません

かつて傘が役に立たないほどの台風の時に、カッパを着ながら歩きましたが、中身まで雨がしみていることはありませんでした。

北海道の吹雪の時も同じです。

メリット

メリットしては頑丈であり、小回りが利く事。

また、価格が安いことも特徴です。

ネット通販でも、1万円以下で販売しています。

実際にどれ位頑丈であるかお伺いしてみました。

SATOSHI
SATOSHI

どの位頑丈ですか?

またどの位持つかも教えて下さい。

ゆうき
ゆうき

壊れにくい持ち手とタイヤがしっかりしているところです。

これまで平均1年半で壊れていたのですが、これは2年以上持っています

しかも、まだ壊れそうな箇所がありません。

丈夫であるということが最大のメリットです。

デメリットとメリットのまとめ

BeatasソフトキャリーケースBSC-20のデメリットとメリットをまとめましたので、チェックして下さいね。

デメリット メリット
容量が小さい 丈夫である
濡れやすい 小回りが利く
安価である

BeatasソフトキャリーケースBSC-20の最大の特徴

BeatasソフトキャリーケースBSC-20は丈夫で長持ちするという点が最大の特徴です。

ソフトタイプはなにかと壊れやすそうなイメージを持たれがちですが、壊れません

また、小さくて小回りが利くのも特徴と言えそうです。

 

長持ちする構造

BeatasソフトキャリーケースBSC-20は、持ち手とタイヤがしっかりしているのと同時に容量が小さいことも加わり、持ち手とタイヤに負荷の少ない構造になっていると言える事もできるでしょう。

 

小さくて小回りが利く

また小さいので扱いやすい、小回りが利くという点も挙げられます。

新幹線や空港は時期によっては非常に混み合っています。

機内に持ち込む荷物が多いと嫌がられがちですが、そのコンパクトさがあれば何の問題もありません

[ビータス] スーツケース ソフト 機内持ち込み可 BSC-20 保証付 25L 40 cm 3.15kg ブラック

BeatasソフトキャリーケースBSC-20を購入した理由は?

SATOSHI
SATOSHI

BeatasソフトキャリーケースBSC-20を購入した理由はなんですか?

ゆうき
ゆうき

これまで様々なスーツケースを使ってきた中で、壊れやすい箇所はわかっていました。

なのでその壊れやすい箇所が丈夫なスーツケースをなるべく安く手に入れたかったからです。

価格も1万円以下で購入できました。

ネットの情報だけで購入するのは不安でしたが、消耗品なので一度使ってみるか、程度の気持ちで購入しました。

使ってみたらその良さに驚きました。

こんな安い買い物で、ここまで良いものが程に入るとは思いませんでした。

これまで30リットル以上のスーツケースしか使ってこなかったので、容量に不安はありましたが、買ってみたらその容量に収めるしかないので、荷物をコンパクトにまとめる技術も身につきました

いいことしかありませんでした。

BeatasソフトキャリーケースBSC-20はこんな人におすすめ

BeatasソフトキャリーケースBSC-20は出張が多く荷物をコンパクトにまとめたい人向けです。

場合によっては、旅行に使うには向いていないかもしれません。

旅行はお土産を買うので、行きと帰りで荷物の量が変わってしまうため、この容量では対応できなくなるかもしれないからです。

しかし、お土産は宅急便で送ってしまえば、この問題はクリアできます。

出張用だけでなく旅行用としても問題ないと思います。

 

価格も安いのでお財布に優しい。

壊れやすい部分が丈夫に作られているので、長持ちして使えます。

まとめ

BeatasソフトキャリーケースBSC-20は使い勝手も良く、丈夫で安いです。

というのも

2輪構造なのでタイヤを丈夫にすることができます

4輪の場合360°回転するように作らなければいけませんが、2輪だと回転方向を固定できるからです。

また、持ち手も太く、接続部分が回らないようにしっかり作ってあるので丈夫です。

それでいて価格は1万円以下で購入可能です。

「軽量・飛行機内に持ち運べる・2輪横型・しっかりした造り」のスーツケースを探している方にはおすすめのスーツケースと言えます。

この持ち運びやすいスーツケースを使って、出張や旅行を楽しく過ごしてみましょう。

 

Follow me!

PAGE TOP