おでかけ

宮ヶ瀬ダムの無料の駐車場は?混雑状況もチェック!

スポンサーリンク




ちょっと前の話になりますが、家族で宮ヶ瀬ダムに行ってきました。

ふと友人から宮ヶ瀬ダムに行ってきた良かった感想を聞き、

『ダムに?どうしてそんなところに?ダムを見て何が楽しいの?』と思ってしまったのですが、とにかくどんな所か行ってみました。

宮ヶ瀬ダムに行ってみると、こんな所だったのか!

意外にたくさん人がいる!

ツーリング仲間そしてファミリーが多いという印象でした。

今回はそんな宮ヶ瀬ダムに行き、無料の駐車場や混雑状況などやアクセス方法などを中心に紹介しましょう!

スポンサーリンク



宮ヶ瀬ダムに無料の駐車場はある?

駐車場の料金について!

まずは宮ヶ瀬ダムの近くの駐車場について記載します。

といっても非常に広大な敷地ですので、宮ヶ瀬ダムに行くなら、あいかわ公園南駐車場をご紹介します。

住所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5355

 

駐車場の料金は、500円です。

有料期間は土・日・祝日及びGW・夏休みとなります。

無料の料金はある?

さて、それでは、あいかわ公園駐車場は、無料になるかチェックしてみました。

まず、あいかわ公園の南と北の駐車場は平日は無料(ゴールデン・ウィーク、夏休み期間を除く)です。

土日祝の場合は有料ですが、「つつじまつり」「みやがせフェスタ夏」の開催日は無料になります。

しかし、当日は激混みしますので注意して下さい。

あいかわ公園の駐車料金についてまとめましたので参考にして下さい。

駐車料金 通常 ゴールデンウィーク・夏闇期間 つつじまつり・みやがせフェスタ夏
平日 無料 500円
土日祝 500円 500円 無料

また、あいかわ公園の駐車場についてはこちらもチェックして下さいね!

あいかわ公園の駐車場の混雑は?ふわふわドームとアスレチックもチェック! あいかわ公園と言ったら宮ケ瀬ダムにも近く車で行くとすぐ服部牧場もあります。 アクセス方法としては車で行くのが、便利です。...

それでは次にあいかわ公園のアクセス方法と駐車場の料金、宮ヶ瀬ダムへの行き方を記載しましょう!

早く行くべき?宮ヶ瀬ダムの駐車場の混雑する時間帯を確認!

基本、ダムエリアの敷地が広いので、宮ヶ瀬ダムはものすごい人混みという訳ではないのですが、

どちらかというとあいかわ公園に多く人が集まります。

駐車場は時間帯によっては非常に混み合います。

満車の際は、別の遠くの駐車場に誘導される可能性も!

なるべく早目に駐車するようにしましょう!

駐車場の混雑する時間帯は10時~15時の間になります。

宮ヶ瀬ダムにあるエレベーターもインクラインも混雑を感じませんでした。

もちろん並ぶという事もありませんでした。

(こちらは別記事として、現在作成中ですのでもう少々お待ちください。)

車で行くのがおすすめ?宮ヶ瀬ダムのアクセス方法を比較!

車でのアクセス方法

あいかわ公園駐車場まで

  • 中央道相模湖I.Cから:約45分
  • 東名高速厚木I.Cから:約50分
  • 東名高速厚木I.Cから:約50分
  • 圏央道相模原I.Cから:約20分

電車・バスでのアクセス方法

今回は車で行ったのですが、他の交通機関のアクセス方法もご紹介します。

あいかわ公園や宮ヶ瀬ダムに行くなら

小田急本厚木駅から神奈川中央交通バス「センター経由半原」行き60分「愛川大橋」下車となります。

「愛川大橋」からあいかわ公園 南駐車場まで徒歩13分(750m)で交通機関での行き方はかなり大変です。

駐車場から宮ヶ瀬ダムまでの行き方

あいかわ公園南駐車場から宮ヶ瀬ダムへは歩いていく事も出来ます。

まず「あいかわ公園南駐車場」から橋を渡ると噴水がある中央広場が見えてきます。

その前が、パークセンターです。

パークセンターではお弁当やらお土産なども売っていて、あいかわ公園の中心的な役割を果たしています。

パークセンターから坂を下りて行き、坂を下りきったら石小屋ダムがありますので、右に行き、橋を渡れば宮ヶ瀬ダムが見えてきます。

(左に行くと宮ヶ瀬ダムに辿り着けませんのでご注意を!)

もし宮ヶ瀬ダムまで歩くのが苦痛であれば、パークセンターからロードトレインの愛ちゃん号が出ていますので、そちらを乗る事もおすすめです。

パークセンターの近くには、ふわふわドーム」という施設があります。

近くまで行けば、子供たちがピョンピョン跳ねているのですぐに解るでしょう。

「ふわふわドーム」は実際に乗った事がないので、その感覚が解りませんが、やはりジャンプした際の縦揺れが子供にとってはたまらないのでは、無いでしょうか?

大人が止めさせるまでずっとジャンプし続ける程夢中になってしまいます。

また、小学生限定と小学生以下に分けられていてるところも安全面を考慮しています。

特に小学生限定の「ふわふわドーム」ふたつの山がありますので、かなり楽しめます。

そして「ふわふわドーム」と同じくらい人気なのが冒険の森です。

また冒険の森には沢山の遊び場があり、全て無料です。

お子様には非常に人気があり、一日いても飽きません。

そんな魅力あふれるあいかわ公園に関する記事はこちらをチェックして下さい。

あいかわ公園の駐車場の混雑は?ふわふわドームとアスレチックもチェック! あいかわ公園と言ったら宮ケ瀬ダムにも近く車で行くとすぐ服部牧場もあります。 アクセス方法としては車で行くのが、便利です。...

宮ヶ瀬ダムに行ってきた感想

宮ヶ瀬ダムから駐車場まで戻る頃にはもう夕方で、景色がキレイな上に夕日まで堪能することが出来ました。

山の中なので突然の雨もあると思うのですが、屋根付きの休憩スペースもありますし、レストランやアイスクリームが売っている建物もありますので、その点は安心ですね!

ただ宮ヶ瀬ダムへ歩いていくならば、途中に屋根などは無いので、折り畳み傘を持参するのも良いでしょう!

次に来る時は夏に行きたいです。

水着持参でプールに入ったり、アスレチックで遊んだり、レストランで気になったカレーライスを食べてみようと思います。

【まとめ】宮ヶ瀬ダムの駐車場の料金や混雑にいて

今回は宮ヶ瀬ダムの駐車場について記載しました。

宮ヶ瀬ダムの駐車場の料金は、平日は無料で、土日祝日は有料(「つつじまつり」「みやがせフェスタ夏」の開催日のイベントを除いて)となります。

宮ヶ瀬ダムは広大なので、それほど混む印象は無いのですが、駐車場は混雑するものと考えた方が良いです。

それは駐車料金が1日500円と手頃なのと入場料がかからない事です。

その割に、あいかわ公園を含めれば宮ヶ瀬ダムは遊ぶところが沢山あるためコストパフォーマンスは良く、人気があります。

駐車場の混雑については、時間によっては混雑しますので、早目に行く事をお勧めします。

宮ヶ瀬ダムの最寄りの駐車場はあいかわ公園の駐車場となります。

ロードトレインの愛ちゃん号を乗れば、子供も喜びますし、宮ヶ瀬ダムへは、時間短縮になりますので是非利用してみましょう!

宮ヶ瀬ダムの前に着いたら、いよいよ展望台などへは、エレベーターとインクラインで行くことになります。

どちらか迷ったらこちらをチェックして下さいね。

宮ケ瀬ダムのエレベーターとインクラインを比較!どちらがおすすめ? 宮ケ瀬ダムへは、エレベーターとインクラインを使う方法があります。 正直、どちらにするか迷いますね。 この記事ではどち...
スポンサーリンク