宮ケ瀬ダムの混雑と無料の駐車場は?エレベーターとインクラインも比較!

ちょっと前の話になりますが、家族で宮ケ瀬ダムに行ってきました。

ふと友人から宮ケ瀬ダムに行ってきた良かった感想を聞き、

『ダムに?どうしてそんなところに?ダムを見て何が楽しいの?』と思ってしまったのですが、とにかく行ってみました。

行ってみると、こんな所だったのか!意外にたくさん人がいる!ツーリング仲間そしてファミリーが多いという印象でした。

今回はそんな宮ケ瀬ダムに行ってきた感想を書いてみたいと思います。

スポンサード リンク

混雑する時間帯は?

基本、ダムエリアの敷地が広いので、ものすごい人混みという訳ではないのですが、

どちらかというとあいかわ公園に多く人が集まります。

駐車場は時間帯によっては非常に混み合います。

満車の際は、別の遠くの駐車場に誘導される可能性も!

なるべく早目に駐車するようにしましょう!

駐車場の混雑する時間帯は10時~15時の間になります。

後述するエレベーターもインクラインも混雑を感じませんでした。

もちろん並ぶという事もありませんでした。

無料の駐車場はある?アクセス方法も!

無料の料金はある?

まずは宮ケ瀬ダムの近くの駐車場について記載します。

といっても非常に広大な敷地ですので、宮ヶ瀬ダムに行くなら、あいかわ公園南駐車場をご紹介します。

 

住所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5355

駐車場の料金は、500円です。

有料期間は土・日・祝日及びGW・夏休みとなります。

さて、それでは、あいかわ公園駐車場は、無料になるかチェックしてみました。

まず、あいかわ公園の南と北の駐車場は平日は無料(ゴールデン・ウィーク、夏休み期間を除く)です。

土日祝の場合は有料ですが、「つつじまつり」「みやがせフェスタ夏」の開催日は無料になります。

しかし、当日は激混みしますので注意して下さい。

あいかわ公園の駐車料金についてまとめましたので参考にして下さい。

駐車料金通常ゴールデンウィーク・夏闇期間つつじまつり・みやがせフェスタ夏
平日無料500円-
土日祝500円500円無料

また、あいかわ公園の駐車場についてはこちらもチェックして下さいね!

あいかわ公園の駐車場の混雑は?ふわふわドームとアスレチックもチェック!

2018.10.11

それでは次にあいかわ公園のアクセス方法と駐車場の料金、ダムへの行き方を記載しましょう!

車でのアクセス方法

あいかわ公園駐車場まで

  • 中央道相模湖I.Cから:約45分
  • 東名高速厚木I.Cから:約50分
  • 東名高速厚木I.Cから:約50分
  • 圏央道相模原I.Cから:約20分

電車・バスでのアクセス方法

今回は車で行ったのですが、他の交通機関のアクセス方法もご紹介します。

あいかわ公園や宮ヶ瀬ダムに行くなら

小田急本厚木駅から神奈川中央交通バス「センター経由半原」行き60分「愛川大橋」下車となります。

「愛川大橋」からあいかわ公園 南駐車場まで徒歩13分(750m)で交通機関での行き方はかなり大変です。

宮ヶ瀬ダムへの行き方

あいかわ公園南駐車場から宮ヶ瀬ダムへは歩いていく事も出来ます。

まず「あいかわ公園南駐車場」から橋を渡ると噴水がある中央広場が見えてきます。

その前が、パークセンターです。

パークセンターではお弁当やらお土産なども売っていて、あいかわ公園の中心的な役割を果たしています。

パークセンターから坂を下りて行き、坂を下りきったら石小屋ダムがありますので、右に行き、橋を渡ればダムが見えてきます。

(左に行くと辿り着けませんのでご注意を!)

もし歩くのが苦痛であれば、パークセンターからロードトレインの愛ちゃん号が出ていますので、そちらを乗る事もおすすめです。

あいかわ公園と宮ヶ瀬ダムのエリアマップがありますので、こちらも参考にして下さい。

パークセンターの近くには、ふわふわドーム」という施設があります。

近くまで行けば、子供たちがピョンピョン跳ねているのですぐに解るでしょう。

「ふわふわドーム」は実際に乗った事がないので、その感覚が解りませんが、やはりジャンプした際の縦揺れが子供にとってはたまらないのでは、無いでしょうか?

大人が止めさせるまでずっとジャンプし続ける程夢中になってしまいます。

また、小学生限定と小学生以下に分けられていてるところも安全面を考慮しています。

特に小学生限定の「ふわふわドーム」ふたつの山がありますので、かなり楽しめます。

そして「ふわふわドーム」と同じくらい人気なのが冒険の森です。

また冒険の森には沢山の遊び場があり、全て無料です。

お子様には非常に人気があり、一日いても飽きません。

そんな魅力あふれるあいかわ公園に関する記事はこちらをチェックして下さい。

あいかわ公園の駐車場の混雑は?ふわふわドームとアスレチックもチェック!

2018.10.11

エレベーターでの行き方!

さてエレベーターにするかケーブルカーにするか悩む人もいるかもしれません。

結論としては両方体験するのが良いと筆者は考えます。

というのはそれぞれに魅力があるからです。

ちなみにエレベーターは無料です。

ダムの所からエレベーターまで長い通路を歩くのですが、なんだかひんやり!

洞窟みたいな空気の冷たさに歩き疲れも吹っ飛び距離も短く感じました。

エレベーターから外の様子は見れません。

現在どこの位置にあるかは、表示してくれますので、時間が長く感じる事は無いでしょう。

正確には計りませんでしたが、1分もしなかったと思います。

またエレベーターには、自転車の持込みもOKです。

サイクリングで来ている人にもこの点はお勧めです。

また、エレベーターは何の変哲もない普通のエレベーターで拍子抜けしましたが、地上まで出て遊歩道になっている広めの天端をブラブラ。

カップルも何組かいたので、まったりデートにはおすすめかも知れません。

途中手すりから下を覗き込むと、あまりの高さにビックリします。

吊り橋同様、高所恐怖症の人は心臓に悪そうですね。

まっすぐ歩くと「水とエネルギー館」に到着!

1Fにある「LAKE SIDE CAFE」という喫茶店が中に入っています。

筆者は既にあいかわ公園でお弁当を食べたので、カレーは食べませんでしたが、

非常に人気があるらしく値段も1,000円とリーゾナブルです。

その名も宮ヶ瀬ダム放流カレーとの事です!

実際にソーセージを抜くと、ダムの放流のようにカレーがご飯から出て来るんだとか!

一日100食限定というのも、希少価値があり、人気の理由かもしれません!

もしダムに行ったときは是非チェックして下さいね!

インクラインの料金について!片道と往復どちらがおすすめ?

さて帰りはインクラインに乗りました。

料金については下記の通りです。

対象片道往復
中学生以上200円300円
小学生100円150円
小学生未満無料無料
障害者・車いす利用者無料無料

片道か往復か悩むかもしれませんが、個人的には片道をエレベーター、片道をインクラインで良いと思います。

いよいよダムを見るために「インクライン」というケーブルカーに乗って35度の傾斜を頂上から麓まで下りていきました。

スキーのジャンプ台の様な傾斜にドキドキしました。

スピードはそれ程速くもありませんでした。

映画館の座席の様に段階になっていて、先頭は小さい子たちが独占して楽しそうにしていました。

途中下から来る「インクライン」とすれ違う事に!

ダムに沿って下りていくので、高さを感じられず、大人にはあまりそこまでの感動は特にありませんでした。

但し、子供には受けが良いようなので、ファミリーで行くのはお勧めです。

まとめ

駐車場まで戻る頃にはもう夕方で、景色がキレイな上に夕日まで堪能することが出来ました。

山の中なので突然の雨もあると思うのですが、屋根付きの休憩スペースもありますし、レストランやアイスクリームが売っている建物もありますので、その点は安心ですね!

ただダムへ歩いていくならば、途中に屋根などは無いので、折り畳み傘を持参するのも良いでしょう!

次に来る時は夏に行きたいです。

水着持参でプールに入ったり、アスレチックで遊んだり、レストランで気になったカレーライスを食べてみようと思います。

スポンサード リンク