パッソアパッソ(門前仲町)のメニューを紹介!ランチは?駐車場もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

連日、暑い日が続いていますね!

お茶や水を買ってもすぐになくなってしまいます。

なんとか熱中症にならない様に水分補給には十分に注意したいと思います。

また夏バテしない為にも美味しい食べ物を食べて体力をつけないといけませんね!

今回は東京都江東区深川にあるイタリア料理の名店をご紹介します!

門前仲町駅から徒歩3分と言う好立地にあるイタリア料理のお店「パッソアパッソ」!

下町のイタリアンの代名詞と言える程です!

実は同じ名前の店は他の地域にもありますので注意が必要です。

今回ご紹介するのが、門前仲町の「パッソアパッソ」です。

「パッソアパッソ」と言えば、冬はジビエが有名で、更にワインも充実しています。

あの有名イタリアンシェフ・有馬邦明さんがオーナーのお店です。

有馬邦明さんの記事はこちら

有馬邦明(イタリアンシェフ)のプロフィールと経歴について!!パッソ・ア・パッソも紹介!

2018.07.02

有馬邦明さんは本も出されているので、チェックしてみて下さいね!

お店に行く前に本をチェックしてみましょう!

お店の料理はもちろんオーナーの人柄も評判で、

なかなか予約が取れない程、人気だそうです!

そんなパッソアパッソについて今回リサーチしたいと思います。

スポンサード リンク

メニューを紹介!

まずはパッソアパッソの店内の様子からご紹介しましょう!

席の間隔も離れていて、落ち着いてゆっくり食事が出来ます。

席数は少なめで12席です。

もちろんカウンター席あります。

少人数で来ても宜しいかと思います。

コースの料理は、10800円で、おまかせコースになります。

おまかせなので、迷わなくて良いですね!

季節の素材を7皿前後でコースにしています!

さて、ここで、「パッソアパッソ」のメニューを紹介したいと思います。

キジのもも肉の煮込み

まず、「キジのもも肉の煮込み」があります。

こちらは、シェフが修行したトスカーナの郷土料理となります。

トスカーナは、イタリア共和国中部に位置する州です。

有馬邦明さんの修行の経験が生きるメニューです。

アイナメと春野菜のサラダ

他にもメニューが無いかチェックしてみました。

「アイナメと春野菜のサラダ」です。

こちらは青森直送の鮮魚を使った料理となります。

有馬邦明さんは全国に色々な食材を探しに行く事が多いので、

こういった地方の美味しい食材を楽しめるのも

「パッソアパッソ」の魅力ですね!

リゾット

そしてもう一つご紹介します。

「リゾット」です。

こちらは菜花を使い、春を彩ります。

ジビエ料理

実は、「パッソアパッソ」は、ジビエ料理もあるんですおすすめです!

ジビエ料理は冬のメニューなので、冬になったら足を運びたいところです。

ちなみに冬季限定のおまかせ10,000円のジビエコース。

と食べログで書いてありました。

もっと詳しく知りたい方は直接聞いてみるのも良いかも知れませんね!

ランチは?

ディナーは~15,000円に対して、ランチは~6,000円で楽しめるそうですよ!

ディナーの半分の額でランチを楽しめるので、まずは気軽にランチから試してみてはいかがでしょうか?

そこで実際に行って良ければ、デートや接待などでディナーとして利用してみては如何でしょうか?

ランチのメニューはどんなのかチェックしたいと思います。

ネットなどの情報によると

  • グリンピースの冷製スープ
  • レモンクリームのパスタ
  • 鮎のソテー

などがあるようです。

グリンピースの冷製スープは暑い夏にはおすすめの逸品です。

真夏に涼しけげな料理は、きっと喉を潤すことでしょうか!

もちおんディナーもおすすめなので、いきなりディナーから楽しんでみるのも良いですよ!

駐車場もチェック!

車でお店に行く時は、駐車場が気になる所ですね!

「パッソアパッソ」は、大きな通りの長細い白いビルの1Fにお店があります。

もちろん車を止めるスペースはありません。

また、近くにそれらしき専用駐車場はありませんでした。

通常はコインパーキングを利用するようですね。

交通機関を利用した方が良いかも知れませんね!

アクセス方法は?

次に「パッソアパッソ」のアクセス方法について記載します。

都会にあるので、お店へのアクセスは便利です。

  • 門前仲町駅:徒歩4分
  • 越中島駅:徒歩11分
  • 清澄白河駅:徒歩11分

となります。

いかがでした?

今回は門前仲町にあるパッソアパッソをご紹介しました。

冬になれば、ジビエ料理も楽しめるので、是非足を運んでみては如何でしょうか?

下町のイタリア料理を食べて、夏バテを回復してみては如何でしょうか?

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサード リンク